<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

上山城に登城!

羽州の名城 上山城に登城!

心配になった瞬間


山形城登城の後、時間がなくて断念した長谷堂城跡の看板を横目に、
本日の宿がある上山温泉へ。で、ついでに羽州の名城と言われた上山城へ。
温泉街にある模擬天守の上山城。温泉に来る人の激寄り道観光スポット。
目の前の駐車場から見える風景におっと〜びっくりΣ(゚Д゚)!

なえなえの瞬間


温泉に来たついでらしい観光さんがたくさん・・
チェックイン時間とかぶる頃合いでの登城は失敗だったようです(´Д`)
長谷堂城跡に行って妄想した方がよかったなと後悔してみたりw

せっかく来たので郷土資料館になっている模擬天守の中へ。
展示品は上山や蔵王についての資料や出土した土器とか、
上山出身の冗談みたいにでかい力士の実物大人形とか・・・微妙。

見ている風景は江戸期の目線だった瞬間


資料館屋上からの眺め。蔵王連峰の方を向いております。
正面左は葉山、右は三吉山。もっと左に行くと上山温泉駅だそう。
長谷堂城の戦いの頃、上山城攻防も繰り広げられていたのね。

古くは最上と伊達、関ヶ原の頃には最上と上杉攻防の地だった上山城。
月岡・天神森に築かれたことから別名、月岡城とも呼ばれる。
元和8年(1622)最上家改易後、能見松平氏、蒲生氏と城主が変わり、
土岐氏の頃には2万5千石の小藩ながら大手門や三層の天守を持つ本丸、
二ノ丸、三ノ丸、三層櫓、隅櫓、外堀を備えた城郭として整備され、
奥州の名城、奥羽三代名城の一つに数えられるほどだった。
しかし幕府ににらまれ元禄5年(1692)土岐氏は越前国野岡に転封。
城は天守も堀も石垣も庭園も徹底的に破壊されたという。

ちょっぴり妄想してみた瞬間


立派な模擬天守が建っているのは二の丸跡。
土岐氏が建てた幕府ににらまれる奥州の名城と呼ばれた天守は
どんなだったのだろう? 小高い場所にあるから美しく目立っただろうね。

下世話すぎた瞬間


模擬天守だろうと城に桜の風景って非常に美しい。
と言いつつ模擬天守と言われると総工費いくらだったのかな?と
すぐに公共事業を考えてしまうあたしはかなり悲しいw

わずかな遺構分かりづらかった瞬間


散り際・・というか葉桜なりかけの桜の木立から。
桜の木が立っているあたりは微妙に土塁と空堀が残っています。

あまり目立たなかった瞬間


本丸跡には明治になって建てられた月岡神社が。
最期の藩主、藤井松平家の始祖利長公と2代目信一公が祭神。
小さな賽銭箱が置かれたこじんまりしたお社。
本丸跡にあるのに二の丸跡にある模擬天守が目立って影薄め・・。

胃腸の調子があがらなかった瞬間


本日の宿は上山温泉の古窯さん。夕食は山形づくしのようですが、
実はワタクシ、お昼に食べた超レア米沢牛ステーキのせいか胃腸の調子が悪く、
いつもはガブガブ飲めるビールもいまいち入っていかないし、
そもそも昼食からいい時間経ってるのに空腹感もあまりなくて。

極彩色お品書きとおんなじだった瞬間


絵と全く同じおいしそうな山形づくし。内陸だから山の幸が多め。
前菜先付の段階で・・いや絵を見た時点でもはやお腹いっぱい気分だったけど
郷土料理という感じのむきそばと冷や汁とおかひじきがおいしかったわw

たどりつけなかった瞬間


夕食に出たのは山形牛・・また牛、しかも同じステーキかい!!
あもの旅の楽しみのひとつにご当地牛を食べるのってのがあるけど、
どうも昼以降、胃腸の調子いまひとつでせっかくの山形牛も
食い意地全開にして無理やり食べる始末・・なんて罰あたり!!

もう白飯は食べられない・・と思ったら最後に芋煮の強敵出現Σ(゚Д゚)!
めっちゃおいしかったけど芋は食べられんかった・・山形の人すまん。

胃もたれで1日目終了。さっさと寝て翌日の新潟移動に備えます。


それにしても・・


模擬天守で遺構が少なかったりすると見どころ少なくなることもあって、
ワタクシはどうも見方が雑になっちゃうな・・天守やそれっぽい建物のある
城の風景なら何でも城ラブな琴線に触れるってわけじゃないんだわ。

面白いのはやっぱ【見応えのある】城跡かw


2日目は【見応えのある】城跡、村上城に登城します!



*****ランキング参加中〜ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


歴史ブログランキング

2011.07.12 Tuesday 20:22 | - | - | 東北(山形県) | 

山形城に登城!

日本100名城10番 山形城に登城!

中途半端に登城しちゃった瞬間


結構車が多かったため駐車場ポジション取りを間違えてしまい、
人波について歩いたらうっかりトンチンカンな場所から登城Σ(゚Д゚)!
南大手側からいきなり本丸一文字石垣と大手橋を見てしまいましたw

スケールがでかかった瞬間


空堀の立派なこと・・さすが57万石!!
山形城では現在、お城の歴史的価値を見直して、御殿や土塁、堀などを復元し、
将来的には史跡公園として整備しようとしているそう。
山形城は敷地内に大きな運動場があるんだけど、史跡公園になる頃には、
これらも撤去されるというから、オール復元でもそれはそれで楽しみな。
まぁ先は長そうだから足腰丈夫で長生きしとかないといけないねw

渡ったら行き止まりだった瞬間


空堀のスケールに圧倒されたところで大手橋を渡ってみると・・・
枡形の先は行き止まりΣ(゚Д゚)! 一文字石垣には当時、櫓が建っていて、
これを復元するのに裏付けとなる資料や写真や実測図とかを募集中だと、
案内板には書いてあります。

改易になったお城で資料がそろわず工事は難航しているんだって。

明治には二の丸に歩兵連隊が配置され、その時に熊本城や佐倉城と同じく、
本丸の堀や石垣は埋め立てられてしまったのだという。壊すなら写真は残せ。
ほんと・・陸軍が絡むとお城にとってろくなことなしヽ(`Д´)ノ

曇天があまりにいけてなかった瞬間


東大手門広場に建つ最上義光像。長谷堂合戦で陣頭に立つ勇姿がモチーフ。
長谷堂城の戦いは関ヶ原で西軍の敗戦を知った直江兼続を追撃する最上君と、
上杉軍の殿を買って出た傾奇者前田慶次・水原親憲の激戦で有名。
最上君、陣頭に立って追撃したけど兜に鉄砲くらったという。お茶目じゃないかw

うっとりだった瞬間


関ヶ原で徳川方につき57万石の大名となった最上君。57万石は全国第5位。
実高は100万石だったと言われる領地に、義光は三重の堀を巡らせた山形城を築いた。

勇ましいけど策略家でもありダーティなイメージが付きまとう最上君。
政宗ファンには評判悪いけど、ワタクシはきらいじゃないw
しかし騎乗の武将像ってのはゾクッとしますね。かっこよすぎてw

期間限定公開中でラッキーだった瞬間


いつでも見られるわけじゃないらしい二の丸東大手門櫓。
ちょうど公開中。今回は待っても待っても待っても待っても
人がちょろちょろ門をくぐってくるので無人シーン撮れなかったの残念w

山形市に乾杯!の瞬間


たいがい入場料を取られる櫓もここは無料公開。山形市なんて太っ腹!!
パンフレットもたくさん置いてあって色々もらえるのも素晴らしい!!
100名城スタンプもここでゲット。とても綺麗に押せたので満足満足。

逆走開始の瞬間


櫓内を見学した後は櫓門をくぐって本当はここから登城するはずだった
二の丸大手門へ。くぐって枡形から見る櫓門。木造本瓦葺き、入母屋造り。

逆走ははなはだ調子が狂うものだと悟った瞬間


内枡形から高麗門をくぐって数歩歩いてから振り向くと
ザ・山形城なシーンが見られるのよ。逆から来たおかげで調子悪いわ〜

曇天がまたしてもいけてなかった瞬間


パンフレットの写真とか青空で超〜櫓が映えるんですけどヽ(`Д´)ノキー!

別名、霞城と呼ばれる山形城。
関ヶ原の頃、富神山の麓から様子を伺っていた直江兼続が、
10日経っても霞がかかって城が見えなかったことから
霞城と呼ぶようになり、現在まで残っているのだという。

ちなみに橋の下は線路。パンフレットなど公的な資料の全景が入った
イケてる写真は線路の中にある中洲的な土手から撮っているらしい。
高圧電線が通っていると看板があり素人には手が出せないのがミソ。

やっぱりここから登城したかった瞬間


長ーーい案内板の一部抜粋(すごい終わりの方だけw)

二ノ丸東大手門は山形城の正門である。枡形の南北両側に多聞櫓を持つ
独特な形式の枡形門で、江戸城の諸門に匹敵する規模を持つ。
現在の建物は幕末の城絵図や明治時代初期の写真等を参考にして
日本古来の建築様式で復原され平成三年三月に竣工した。
工期四十五ヶ月、工費十一億円余。

11億円・・Σ(゚Д゚)! やっぱ山形市はリッチなのねw

かなり西洋風だった瞬間


せっかく逆走したので近くにある最上義光歴史館に寄りました。
歴史館の前には噴水のある池と外人さん風の彫刻のある風景w

山形市に乾杯パート2だった瞬間


ここも無料なの。結構な展示品があるのにタダ!!
長谷堂合戦図屏風とか、最上義光の書状とか、連歌巻とか、刀剣や甲冑も。
それに例の・・ほら銅像にあった長谷堂で陣頭に立って鉄砲ぶち込まれた兜。
信長から拝領したと伝えられる三十八間総覆輪筋兜(弾傷つき)までも
ガラス越しにだけど間近で見られるのだ。写真撮れなくて残念だけど。

ワタクシは人がいなかったので入り口で見た実寸大最上君を脳内抹殺し、
勝手に様子の素敵な武者姿を妄想しつつ、かぶりつきで見ておきましたw

妄想と夢が壊れた瞬間


で、帰りがけ・・入り口にある実寸大最上君を見て苦笑い的な? 

・・なんで踊ってんの? 実寸大なら虎将らしい方がよかったよぅ。

愛娘、東国一の美少女と言われた駒姫も父と一緒に実寸大で出現!!
駒姫は豊臣秀次の側室として三条河原で処刑されちゃったのよ。
最上君必死の嘆願で秀吉に尼になることで許しをもらえたのに、
中止命令がちょっとの差で間に合わず・・気の毒なお姫様なの。

復元は石垣だけらしかった瞬間


逆走登城なので帰りは東大手門櫓横から土塁を歩いて南大手門方面へ。
桜並木の土塁。満開だったらどれだけ素敵か・・残念ながら葉桜状態。
桜の名所だけにそこらじゅう桜の木だらけでした。本当に残念。

ほどなく巽櫓跡が見えてきました。櫓の石垣が発掘されて、
復元工事中なのだとか。瓦葺きの櫓が建っていたそうですよ。

ジョギングさん大勢だった瞬間


二の丸南大手門の枡形。最上君は斯波兼頼が建てた南門を萬松寺に寄進し、
石垣に改築したという。石垣の上には東大手門のような櫓が建っていたそうだ。
油断しているとジョギングの人が次々やってくるので撮影は素早くw

後の祭りだった瞬間


最後に外に出て南大手門跡を眺める。
57万石の大きなお城らしい構え。堀もよく残っていて・・
って言うなら堀も撮れば良かったにじーっと眺めて満足したら、
うっかり忘れていたのは残念すぎΣ(゚Д゚)!

逆走だったけどこれにて山形城登城はコンプリート!
次は今日の宿を目指しつつ宿近くの上山城に向かいます。


*****ランキング参加中〜ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


歴史ブログランキング

2011.07.08 Friday 23:38 | - | - | 東北(山形県) | 

米沢城に登城!その1 思った以上に神社!

[上杉謙信] ブログ村キーワード

上杉30万石 米沢城に登城!

城址らしくなかった瞬間


現在は本丸部分が上杉神社となっている米沢城跡。
堀を渡った入り口にはドーンと控える石灯籠。
米沢城登城と言い張るのが若干、苦しい感じの展開ですw

米沢城登城アピールの瞬間


躑躅ヶ崎館=武田神社と城跡らしさ薄々な雰囲気こそ似ているものの、
上杉神社 米沢城の方がもっと「元から神社でしたが何か?」風な感じ満載の中、
城跡を感じさせる案内板に正直ホッ・・安心して米沢城登城と思いこめますw

城を感じられる瞬間


本丸を囲む堀がぐるーっと残っているのは素晴らしい!土塁も。 
当時はこの外側に二の丸があり、その二の丸を囲む堀もあったそうな。
5月2日だというのに東北の遅い春のおかげで桜もまだほぼ満開キープ。
城に桜・・っても建物ないから堀に桜って素敵だわ〜とうっとりw

台無しだった瞬間


おい、そこのとうもろこし屋台、空気読めヽ(`Д´)ノキー!

橋際まで寄り過ぎだっちゅうねん。

旗を入れてナイスビューを撮ろうとするとどうやっても微妙に
「とうも」の風情ない文字が入って残念な写真になっちゃう。

桜満開の季節。大震災がなければ桜祭りが開かれていたらしきこの日。
祭りは中止になっても予定していた屋台はそうはいかないらしく、
参道の両端や堀端はこれでもかというくらい屋台目白押しΣ(゚Д゚)!

迫力はあった瞬間


間近で見られるのと、面構えとどっしり感がある分の迫力はあるけど、
ワタクシは春日山城の頭巾をかぶった謙信像の方がかっこよくて好きですw
だってどう見たってほっぺのお肉が垂れ下がりすぎじゃない?

出過ぎな感じだった瞬間


NHK大河「天地人」の時に建てられた景勝君と兼続君の仲良し像もあります。
ほっぺの垂れすぎな上杉謙信の像よりも通りに面したところにw
大河は見ないワタクシ。天地人も1秒たりとも見たことはありませんが・・。

銅像ゾーンだった瞬間


仲良し像の前には名君の誉れ高い9代藩主上杉鷹山公の像もあります。

なせば成る なさねば成らぬ 何ごとも 成らぬは人のなさぬなりけり

上杉鷹山は120万石から30万石に減封された関ヶ原以来、苦しい藩経営で
火の車となっていた米沢藩を質素倹約や殖産興業で立て直した名君。
ケネディ大統領が「日本で一番尊敬する政治家」として名を挙げたという。

大好きだった瞬間


少し離れたところにも別バージョンの鷹山公像を建てちゃうくらい
米沢の人は鷹山公ラブ! ある意味では景勝君より存在感なのだw

謙信も負けてなかった瞬間


天正六年、春日山城にて49歳で生涯を閉じた謙信の遺骸は
春日山城麓の林泉寺に葬られたものの、景勝の移封に伴って米沢に移され、
この場所に建てられた御堂に安置された。明治四年の廃藩に際し、
謙信の遺骸はご廟所・・現在の上杉家廟所に移されたのだそうだ。

米沢藩の頃、この御堂は鄭重かつ厳重に祀られていたという。

今は石碑が建つばかりの跡だけど、昨年、林泉寺に行って
謙信のお墓を実際に見ているだけに感慨深いものがあるわね〜
ちなみにもちろんこの後、上杉家廟所にもお参りします。

控えめだった瞬間


戦国時代後期には伊達家の本拠地であった米沢城。
伊達政宗は永禄十年、この地で生まれたので地味目に碑が。
ド派手な戦国の雄も誕生のアピールは控えめw

おなかいっぱいになりかけてた瞬間


・・Σ(゚Д゚)!ハッ! 上杉神社の幟旗を見て参拝を思い出しましたw
境内に入る前にあれこれ見たので危うく忘れるとこだったわ・・。


米沢城に登城!その2 なんとなく上杉家廟所に参拝 に続く


*****ランキング参加中〜ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


歴史ブログランキング

2011.06.22 Wednesday 22:44 | - | - | 東北(山形県) | 
 | 1 / 1 PAGES |