<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

和歌山城に登城!

日本100名城62番 和歌山城に登城!

ザ・徳川!だった瞬間


和歌山城と言ったこれ的な遠目に臨む和歌山城は御三家パワー炸裂オーラが出てます。
戦国よりも関ヶ原以降徳川時代の、御三家の、暴れん坊将軍吉宗の印象が強いので
激食いつきなお城じゃないのですが、見栄えのするよい佇まいのお城だと思います。

市民憩いの場だった瞬間


一の橋と大手門。和歌山城は公園なので散歩のお年寄りとか家族連れがたくさんいます。
何となく駿府城を思い出しました・・散歩やジョギングの人がちょいちょい来るので待ち撮り難易度高・・。
今日はこの後、高野山に行って精進料理の予約しちゃったので潔く進んでゆきます=3=3

街中に残る城だった瞬間


大手門右手の堀。市内ど真ん中の立地なので役所とか大きな建物が周りに多いようです。

和歌山城は天正13年(1585)豊臣秀吉の命で弟秀長が築城したお城。普請奉行は藤堂高虎。
標高48.9mの虎伏山に建つ和歌山城。海上から見ると虎の伏せた姿に似ていることから
虎伏城とも呼ばれたとか。関ヶ原の後、37万石で入城した浅野幸長が近世城郭に改修。
元和5年(1619)に家康の第十子頼宣が55万石で入ると大規模な改修と城下町の整備がされました。
天守や建物は落雷などで何度か焼失しているが御三家の城だったことから再建が許可されるも、
昭和20年、戦火で焼失。昭和33年(1958)に鉄筋コンクリート造の天守が復元されました。

見事な石垣だった瞬間


表坂登り口。ここを登って天守曲輪の方に向かいます。
登らないで直進すると重要文化財の岡口門があるのですが時間がないので省略(´Д`)

美しい石垣だった瞬間


表坂登り口の階段をひーひー言いながら登ると(普通の人は多分ひーひー言わないレベル)
木陰の中にひっそりと佇む野面積みの苔むした美しい石垣が見えてきました。
フライフィッシングをしていた時から思っているけど木陰の苔むした岩場って水気があって
瑞々しい風情の時の方がフルスペックになりますね。マイナスイオンやα波も全開だし。

イマジネーションが足りなかった瞬間


木陰の中に突然「七福の庭」という石組が。七福神に似た石を配して宝船を模してる様子。
頼宣公が藩の永久の隆盛を祈願して作らせたもので、当時は本丸御殿の中央にあったものを
大正時代、本丸御殿跡に上水道貯水池を設置するため移されたものなのだとか。

首をすくめてかしげた瞬間


動物園?とか不明門がある城の南側を見下ろしてみました。石垣反ってます!
虎伏山およそ50mといっても高所恐怖症のワタクシにはなかなか、なかなか・・((((;゚;Д;゚;))))

縄張図を見ると和歌山城ってこっちの南側には水堀がないんです。
南東には空堀がありますが南西は空堀すらなし。天守曲輪その上なんですけどね。
縄張を見て何かを語れるほど詳しくないのでさっぱり意味が分かりませんが、
防御力のない城はお金をかけて作らないでしょうから何か作戦があるのでしょうね。

三津五郎曰く・・だった瞬間


石垣の美しかった松の丸を抜けて本丸一之門跡に来るとギューンと曲がります。
この上には天守が見えてます。が、見えてもすぐにはたどり着けないよってやつですね。
復元の味気ない天守よりこういう場所の方が城っぽさが感じられてよいと思います。

味気なかった瞬間


後ろ側は本丸御殿跡。七福の庭のところで書いたように貯水池だか何だか・・・
とにかく今も給水施設として使われちゃってる本丸御殿跡は立ち入り禁止。
しかしナイス写真撮影ポイントなので後で忘れず寄るとしてまずは天守に向かいます。

少々残念な感じだった瞬間


天守入り口に到着しました。人が超〜多いです!! あんまり広くない本丸。
公衆便所(トイレと言う感じじゃない)が近くて地味にオイニーが漂ってます。。
もうちょっと観光用のブツの配置は何とかならないのかと思いました。

公衆便所の隣のイケてない土産物屋に何気なく入ると和歌山城マグネットを発見!
さっさと買い求め、入城券売り場へで100名城スタンプを押して一安心。

ビックミステイクだった瞬間


本丸狭いからワタクシの構図や撮影テクニックではうまい塩梅の写真が撮れません・・。
時短登城で省略したポイントもあるのにメインどころがいまいちじゃどうにもならない。
今回は仕方ないから人が写ってもいいと思ってるのにうまい立ち位置が見つからないのよ。

帰ってきてお盆休みに行く城の物色のため本をあれこれ見ていたら、
あもが登ってきた入口とは反対方面(新裏坂から上ってくるとこら辺かな)に
寄れるだけ寄って撮ったと見える二の門と大天守がギリ並んで映ってる写真を発見。
やっぱり事前に撮りたいカットを決めて角度や立ち位置念入りに研究しなきゃダメだね。

復元は念入りだった瞬間


二の門をくぐって中に入ります。楠で出来ているらしく楠門とも言われるそうです。
門を入ったらすぐ左に折れます。天守曲輪もなんかきわめて狭そうです。
こっから先が入城券必要。400円だったかな? ワタクシは結果高いと思いましたが。

とはいえ貴重ではあった瞬間


まず見えるのは乾櫓。手前の緑もさもさの木は梅っぽい。咲いていたら綺麗でしょうね。
和歌山城は大天守、小天守、乾櫓、二の門櫓、楠門、多聞を連結させた連立式天守。
こういう天守があるのは姫路城と伊予松山城と和歌山城だけ。セットで復元されてます。

混雑気味だった瞬間


乾櫓を右に廻るとすぐ大天守と小天守が見えます。とりあえず せ ま い です!!
昨日行った大阪城みたいに人が多いわけじゃないけど通路も狭いので混雑気味です。
天守前も広く開けてないので通る人がいない瞬間に素早く仁王立ちしておきました。
天守の中は撮影禁止。徳川ゆかりのものが展示されてました。あっさり終了ですw

展望階からはかなり遠くに見えた瞬間


天守に来る前、後回しにした本丸御殿跡に忘れず戻ってきました。
天守の展望階からちゃーんとチェックしておきましたからね!!
階段を登って少し高台になっているところ、柵があって中には入れないけど
その柵の前から狙うとずいぶん見栄えのいい大小天守が撮れます。
展望から見た時は結構遠いように見えて心配だったけどバズーカレンズじゃなく、
あもが持ってるたかが知れたズームレンズでもこの程度には撮れますよw

風情たっぷりだった瞬間


帰りは裏坂を廻ります。木陰の苔むし石垣に囲まれたつづら折れの石段が続きます。
今回ワタクシは時短登城のため割愛しましたが、不明門などがある側の新裏坂と
この裏坂は築城当時の石垣がそのまま残っていて城っぽい風情があります。
ただし裏坂を登ってくるのは超大変そう。。ワタクシ表坂登りでよかったw

名前は名水100選チックだった瞬間


裏坂の途中にある銀名水と呼ばれていた井戸。日常非常時の飲料に使われていたとか。
和歌山城は井戸が40近くあると聞いたような気が。水の手の備えはバッチリそうです。

時短すぎて反省の瞬間


頼宣公が西の丸御殿に作った庭「紅葉渓」。入園無料だけど横目に見ながらスルー。
ここから高野山までは一般道だから予約した精進料理の時間まで結構ぎりぎり。
宿坊になってるお寺だからあんまり融通利かないらしく大幅遅れはダメっぽいのです。
埼玉から和歌山方面は地味に遠すぎるのでこの際だからと無理くりコースに入れたけど、
もう少し時間を取って石垣や現存物などはじっくり見てもよかったかなと思いました。

そこはかとないお品が感じられた瞬間


鳶魚閣(えんぎょかく)という釣殿が見えます。ちらっと見える屋根付きの橋は
藩主と御付だけが二の丸と西の丸を行き来するために架けられたお橋廊下・・豪奢だわ。
通りすがりに眺めただけだけど、お金かかってんじゃない?と一見して分かる
ワイルドながら風情あるお庭に思います。紅葉の季節なら無理無理寄ったかもw

やっぱこれでしょ


最後にもう一度、ナイスビューイングな和歌山城を眺めておきましょう。
和歌山城はこれ! 中からじゃなく大手門側の大通りから眺めるこれ!!
大きな天守はそびえてなくても佇まいが美しく凛とした気品があるお城。
時短で反省もありましたが、ワタクシこの風景を自分の目で見られたから満足w


さあさあ時間がおしてます。坊さんに迷惑かけちゃうからあわてず急がねば。
精進料理を時間きっちりに食べて奥ノ院で武将の墓めぐりして計画どおりに・・
これまたついでとザ世界遺産 高野山も欲張りました。計画通りに進んでも
埼玉帰宅は明け方の模様・・・遅れは絶対許されない!!




*****ランキング参加中〜ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


歴史ブログランキング
2012.07.01 Sunday 10:49 | - | - | 近畿(和歌山県) | 

南紀白浜千畳敷と海舟

岸和田城からすっ飛んで南紀白浜までやってきました。
明日は和歌山城に行きますが旅の思い出にちょいっと記録を。

今日のお宿は海舟さんです。


風が強すぎてヨロヨロするほどだったのでエントランスで写真が撮れませんでした・・。
部屋は暗くて撮れなかったけど離れ造りで露天風呂つき。ビールも酒も冷蔵庫の中は飲み放題!!

見晴らし最高だった瞬間


海が見えてロケーションはばっちりです。
だから何だと言われればそれだけなのですがw

これは初めてだった瞬間


アメニティはロクシタン!! ブルガリは何度か見ていますが、
ロクシタンは初めて。なかなかセンスのある旅館です。

お食事処での夕食


前菜に刺身ばっかじゃないけど舟盛。お吸い物に煮魚(離れだけのサービスらしい)
ローストビーフにくじらのコロッケ!!たけのこご飯にいちごのデザート。
くじらのコロッケは・・・ワタクシはくじらベーコンの方が好きです。
給食の時にでたくじら串カツも固くてきらいでした。(年がばれそうだ)
お食事は普通・・これまで行った旅館の方が好みだったような気がしました。

白浜の夕暮れ


食事が2交代制で5時からだったので食べ終わる頃にサンセットΣ(゚Д゚)!
白浜の海に沈む夕日・・・うーん。夕日より朝日の方がありがたく感じるのは年なのかしら?

和歌山ラーメン


ここの旅館は夜食に和歌山ラーメンが無料で食べられます。
意地汚く並んでいただき、ぺろりと完食Σ(゚Д゚)! 
朝からファミレスの朝食、たこやき2パック、お昼ご飯に移動中パン2個。
5時に夕食残さず平らげビールにシャンパン、そしてラーメン・・

わたくし間違いなくデブまっしぐらです((((;゚;Д;゚;))))

朝は朝で空腹


あんだけ食べて寝たのに朝風呂入ったらお腹がすきました。
旅館の朝食が一番好き。豪華な夜ご飯より好きだったりします。
がっつり食べて今日は帰りがてら和歌山城→高野山に向かいます。

せっかくだから寄り道
class="pict" />

南紀白浜遠いので二度と来ることはないと思い旅館からほど近い千畳敷に寄り道。
ヒールだったので降りられず写真撮って一瞬眺めてハイ終了・・Σ(゚Д゚||;)
雑誌やテレビで見たりするほどすごい感じがなかったので残念でした。


とっとと本日のメインキャッスル 和歌山城に向かいます。・・ジーンズきつっ!!



*****ランキング参加中〜ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


歴史ブログランキング


2012.06.08 Friday 21:19 | - | - | 近畿(和歌山県) | 
 | 1 / 1 PAGES |