<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 掛川城に登城!〜大手門から編 | main | 掛川城に登城!〜二の丸御殿編 >>

掛川城に登城〜天守編

とりあえず人のいない間にガンガン写真を撮っておく。

ビューティフォーだった瞬間


復元された三層四階の天守は総木造で、一豊が築城した当時の技巧で建てられている。
東海の名城と言われたお城が見られるのは掛川市民のみなさんのおかげw

ちょっとしょっぱかった瞬間


昔は二層の櫓門があったという天守下門も今は冠木門。
天守の入り口にしちゃ、あまりにしみったれてるわよ・・
と思いながら階段を登りいよいよ天守曲輪へ。

掛川城は戦国時代、駿河守護大名今川義忠が遠江支配の拠点として、
重臣朝比奈泰熈(やすひろ)に築かせたのが始まり。
桶狭間の戦いで今川義元が斃れると駿河を追われた氏真が立てこもるが、
徳川家康が攻防の末、和睦開城させ、石川家成を入れ武田への防御拠点とした。
その後、秀吉によって家康が関東に移されると山内一豊が入り、在城した
10年の間に今に見る天守が築かれ、城下町の整備などが行われた。別名は雲霧城。

ポジティブが大事だった瞬間


天守曲輪にある霧吹き井戸。ありがちと思ってはいけない。
城の伝説につきもののあれね・・と思えばいいのであるw

家康に攻められた今川氏真は重臣朝比奈泰朝の掛川城へ逃げ込みます。
徳川軍の攻撃を受けた時、井戸から立ちこめた霧が城をすっぽりと覆い隠し、
城を守ったと言われています。 (案内板などより抜粋)

当時の掛川城は後で行く掛川古城のはず・・細かいことも考えてはいけないw

ここまで来たところで例の男性4人組が追い付いてきた。
しかしさすが年季の入ったマニア。写真撮ると素早くどいてくれるし、
カメラ構えた先に入ってることに気づくのも早くさっとアウトしてくれる。
おお同志よ〜(笑) 観光さんが増える前にいざ天守へ行こう!

順路どおりに進んだ瞬間


順路はまず2階部分へ向かうのでその通りに進む。
木造で当時のように造られた天守内部は現存天守と同じ感じ。
階段も狭くて急で木が新しい以外、登りにくさは全く一緒!
2階部分はだるまと鯱瓦がどーんと置いてある以外すっきり。
変な資料とかごちゃごちゃ飾ってないところもいいわよ。
使われた木材は青森ひば。木のにおいがまだありました。

芸が細かかった瞬間


さすができる限りに当時に近づけたというだけはある。
至るところに狭間も作ってあるこだわりっぷりにびっくり。

まだまだこだわる瞬間


近所の油山寺に移築された掛川城玄関下御門にある鯱を元に、
高知城と同じく青銅で造られ、天守上のものと原寸大なのだそう。
油山寺も見どころ結構あるらしいから時間があったら行きたいのよね。

丸見えだった瞬間


天守最上階にやってきました。男性4人も結局一緒ですw
大手口方向を見下ろすと奥から三の丸、四足門、太鼓櫓、天守への階段
・・あ、何とか大手門も見えるわね。(右奥高い建物の前)

元を取った気がした瞬間


本丸門跡の石塁上にある太鼓櫓は外観しか見れない上、
建ってる場所が難しくて全貌がよく見える場所が探しづらい。
1854年の大地震で倒壊した後に再建、三の丸から移築されたらしい。
これまでだったら豆粒みたいにしか撮れない見えなかったものも、
普通の標準ズームレンズがあるだけで見違えるよう。元取れ確定ですw

今は植物園だった瞬間


本丸跡は今は植物園風になっている。当時は本丸御殿があって
柱穴や礎石などが見つかっているそうだ。城になる前はお墓だって。

東海らしかった瞬間


掛川城公園の前を流れる逆川と掛川の街並み。
東海らしいというか、東海道で栄えた〜って雰囲気がするw
ビルとかないのに田舎臭い感じが全然ないと思うのよね。

ガイドのおじさんがいたので最近お気に入りのおしゃべり。
残念ながらガスって全く見えなかったんだけど二の丸御殿側の山の向こうに
運がいいときれいな富士山が見えると教わったり、掛川古城の話を聞いたり、
現存御殿は二条城、高知城、川越城と掛川の4つしかないというとこから始まり、
二の丸御殿の説明をくわしーくしてくれたり・・ボランティアガイドさん好き!

いい仕事してますねだった瞬間


順路通りに進んで1階部分に戻ってきました。
石落としがいくつかあって・・綺麗な作りに目が行ってしまったw

太っ腹だった瞬間


山内家伝来の軍配は驚きの本物。でも撮影OK!
なんて太っ腹!!すっごい綺麗な状態なのよ。

フラッシュもありだった瞬間


あもはたかない派だからいいんだけどフラッシュOKらしい。
軍配は2つあって裏表の柄や色が違うの。ちなみにこれ裏は卍。

鎧も本物だった瞬間


革製朱塗紺糸威五枚胴七間五段下り・・山内家ニ代目山内忠義公の鎧。
本物の鎧なのに写真撮っていいだなんて嬉しいじゃない!!
展示品は他に鞍が数点あるくらいで少ないけど本物ってのがいいし、
山内一豊は高知の方が長いのに掛川で少しでも見られるのもいい。

天守を満喫したので次はスタンプゲットを兼ねてガイドのおじさん一押しの
二の丸御殿に向かいます。掛川城は天守内の係りの人もみんな感じいいw


掛川城に登城〜二の丸御殿編へ続く




*****ランキング参加中〜ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


歴史ブログランキング
2010.11.17 Wednesday 20:05 | - | - | 中部(静岡県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 20:05 | - | - | - |