<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 掛川城に登城〜天守編 | main | 掛川城に登城〜竹の丸編 >>

掛川城に登城!〜二の丸御殿編

天守を堪能した後は現存の二の丸御殿へ向かいます。

お宅訪問の瞬間


天守でガイドさんが言っていたように現存する御殿は二条城・川越城・高知城と
この掛川城の4つしかないそうだ。掛川城の二の丸御殿は江戸時代後期に建てられ、
藩主の公邸、藩内の政務の場、そして公式式典の場と3つの役割を担っていた。

木が思いっきり邪魔だった瞬間


玄関の破風、御殿ではちょっと見といた方がいいと聞いていたので・・・
しっかしどっから見ても木の枝が邪魔ですっきり見えないのよねぇ。

御殿玄関屋根の起破風(むくりはふ)と蕪懸魚(かぶらげぎょ)。
写真より実際にあちこち動いて見た方がちゃんと見れますねΣ(゚Д゚)!
家紋は維新まで在城した太田家の桔梗紋。

いまだ功名が辻だった瞬間


何度も言うけどあもは大河を見ないのでよくは知りませんが、
御殿の庭にはまだ一豊とお千代ちゃん2人の姿がありましたw
春日山城川中島同様、当時はすっごい人が来ていたらしいね。
御殿の中に入って100名城スタンプをもらい、他の記念スタンプももらって見学開始。
現存なのに写真OK!どこでも自由に入ってご覧くださいという太っ腹さw

年季が入っていた瞬間


ガイドのおじさんが現存4つの御殿の説明をしてくれた時、
掛川の御殿は国の重要文化財でね、川越の御殿は一度解体移築されたから
重文にならなかったんだよねと言っていたのを思い出す。
この御殿は保存修理はされているけど江戸後期に建てられたまま。
天井も長押も釘隠しも・・いたるところで味のある匠の技が見られます。

落ち着かなかった瞬間


御書院上の間は城主の対面所で格式の高い部屋。
小市民のあもには広すぎているだけで落ち着かないわね。
対面なんてずいぶん離れたところに人が座るんでしょ?
落ち着かないわ〜えらい人っていうのは大変だわと思う。

品があった瞬間


御書院上の間にある床の間と違い棚。
熊本城の御殿にある昭君の間も格式高い部屋だったけど金ぴか大盤振る舞い。
あもはそれよりシックなこっちの方が品がある気がして好き!
ただでさえ広くて落ち着かないのに光ってたら・・・余計なお世話だがw

日本人の美意識万歳だった瞬間


こういうところだけを見ても日本建築って本当に美しいなと思う。
メリケンさんは「木と紙でできた家」と言ったらしいけど別にいいじゃ〜ん。
今の建物と比べた住み心地は別として、でも古い建物はずっと残ってほしい。

一等地だった瞬間


御書院横の廊下は広い庭に面していて天守がよく見えます。
昔は御殿は本丸にあったらしいけど災害にあったりして江戸後期、
二の丸に移されたという。本丸にあったころはどんな風景が見えたのかな?

惜しげもなく置かれていた瞬間


長持ちや車長持ちなど年季の入ったものが並んだ廊下。
物は入りそうだけど運ぶ人はたまったもんじゃなかったろうな・・
とまたまた余計なお世話的なことを思ってしまうw

名前負けな気がした瞬間


御談の間は藩に用事のある者の用件の取次や談合をした部屋なのだとか。
談合するには玄関先みたいで何だか落ち着かない気もするけどw

さりげなく土塁だった瞬間


御段の間のすぐ目の前には土塁見えます。
あらずいぶん立派だわ・・と思って外に廻って見ることに。

目隠しだった瞬間


外部から二の丸御殿を隠す目的で造られた土塁で、こういう目的で造られた
土塁のことを「黒土塁」というそうだ。「見越しの松に黒板塀」というのも、
板が黒い塀のことではなく、外から内側を隠す塀だから黒板塀というらしい。

スルーだった瞬間


二の丸御殿のすぐ隣に二の丸美術館もあるんだけど、
企画展示中らしき渡辺崋山の絵とかはあまり興味がないので今回はスルー。
横山大観とか東山魁夷の絵なんかも数は分からないけどあるみたい。
東山魁夷は好きだからもし再登城したらその時は寄って見てみたいと思う。

さりげなく・・だった瞬間


美術館から竹の丸に向かう途中にさりげなくある勝手台所の井戸。
特に説明などもなく本当にさりげなくひっそりと。

次はいまいち上がらない気がしている竹の丸に向かいます。

ところで・・せっかくズームレンズ買ったのに天守が近く撮れることに気をよくし、
天守から御殿外観を撮り忘れたことに気づいたのは帰宅後のこと・・あたし馬鹿だわw
/
掛川城に登城〜竹の丸編に続く



*****ランキング参加中〜ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


歴史ブログランキング
2010.11.21 Sunday 16:01 | - | - | 中部(静岡県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 16:01 | - | - | - |