<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 俵藤太(藤原秀郷)のお墓参り | main | 皆川城に登城! >>

犬伏の別れの地探訪!

俵藤太のお墓の次は真田親子「犬伏の別れ」の地へ。

ここも史跡公園とか寺社とか何かになってわけじゃないので
だいたいの所で地点登録してたんだけど心もとない場所探し。

必死だった瞬間


米山古墳の一角にあるって情報だけだったから、近くに着いてキョロキョロしながらね。
で、「あっ!」と思った時には通り過ぎていたという・・・この右手が目的のソレです。

さりげなさすぎた瞬間


車を停めていざ行ってみるとお堂がポツーン・・あまりに地味すぎる佇まい。
案内版がなかったら「見当違いか?」と危うくいぶかしむところだったわ。

どちらも切なかった瞬間


ご存知の方も多いと思うけど、真田親子「犬伏の別れ」というのは簡単に言うと・・

関ヶ原前、家康は上洛しない会津の上杉家を「豊臣に弓引く」として、
秀頼の許しを得て征伐することにします。福島正則始め、豊臣恩顧の武将は
秀頼の命ということ、あるいは三成憎しで軒並み、会津に向けて出陣します。

当然のことながら真田親子も・・・昌幸、幸村は上田城から、信之沼田城から
会津征伐に向け出発しました。そして真田親子は犬伏(今の栃木県佐野市)で合流。
ここで石田三成から「西軍に味方してほしい」という密書が父昌幸のもとに届くのです。

親子は密談を行い、嫡男信之が東軍、父昌幸と幸村は西軍に着くことを決め、
上田城に帰城します。豊臣・徳川どちらが勝っても家名を残すための決断だった・・

関ヶ原や真田関連の小説・ドラマでは必ずと言っていいほど描かれるシーンです。

空気感を味わう瞬間


その親子の話し合いの場がこの薬師堂であったと言われているそうです。

ワタクシは出陣前に下調べするまで薬師堂があることは知らなかったの。
ざっくりこの辺だったと言われてますよ〜くらいなもんだと思ってたので、
当時の建物そのままってことじゃなさそうだけど、リアルに思えて軽くしびれますw

妄想にふける瞬間


建物に比べるとやけに年季が入って見える扁額がかかっていました。

「お前は徳川につけ、どちらが勝っても真田の家名は残る」
「兄上は徳川に、ワタクシは父上ともに」
「ワタクシは徳川を裏切ることはできません」

真田パパ・信之・幸村の誰が何を言ったのか本当のところはよく分からないけど、
このあたりで実際に袂を分かったと思えば、ああだこうだ思いが広がるばかり。
パパと幸村が上田に戻る途中、小松姫に追い返されたことまで浮かんでくるわww

調べが足りてなかった瞬間


ワタクシはだいたいの場所しか分からず、心もとない思いでたどり着きましたが、
なんとモロ目の前にお寿司屋さんが!! この情報知ってたらナビで楽々来れたのに!!


さ〜て、前からずーっと気になっていた真田の地もいい感じに堪能したので
次はいよいよ皆川城。城主だった皆川広照さんたち一族の墓参りもしちゃうわよ。


皆川城に登城!〜に続く


*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング

真田丸
2014.04.25 Friday 19:40 | - | - | 武将ゆかりの寺社仏閣 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 19:40 | - | - | - |