<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 鉢形城に登城! | main | 館林城へ登城! >>

菅谷館に登城!

[畠山重忠] ブログ村キーワード

鉢形城から国史跡、比企城館跡群の菅谷館に登城!

物好きだった瞬間


菅谷館跡なんて超〜マニアックw 埼玉の地味な城跡(結構数はある)を見るワタクシ物好きですw

ここは鎌倉武士の鑑と言われた畠山重忠という立派な武士の居館だったと言われているところで、
戦国時代も北条家が使っていたそうな。畠山さんは鎌倉時代の武士で源頼朝の信頼が厚かった御家人。
立ってる旗はなぜか「菅谷城跡」となってますが、「菅谷館跡」が正式だと思うわ。

まめだった瞬間


無料駐車場の入り口は搦め手にあたります。搦め手門の幅は4間もあったそうです。
車で通過しちゃってじっくり見れないので、車を停めて戻って見てみましょう。

なかなかの規模だと思われた瞬間


さっきのは駐車場の中から見たところだったけど、入り口の側を見るとこんな感じで空堀があって、
奥の土塁と手前に盛られた土塁、通路になっているところは土橋になっていたようです。

行き届いていた瞬間


写真を撮った位置が違うんだけど菅谷館の縄張はこんな感じ。国史跡になってるせいか、
整備もされてるけど案内板とかも充実していて、あちこち郭の入り口にこういうのがあるの素敵!

貴重だった瞬間


まずは右手の方の三の郭方面。「武士や騎馬の集合地として利用されたのでしょう」という案内が。
・・・まぁ時代が古すぎて縄張とか詳しいことは分からないというのが本当なのかもしれません。
ただ吾妻鏡には二俣川の合戦に畠山重忠が「菅谷館」から出陣したという記録があるそうなので、
ここに畠山重忠の居館があったのは事実で、それが今も貴重な遺構として残されているんですね。

虫除け必須だった瞬間


三の郭はかなり広いけど、周囲をずーっと土塁が囲んでいます。でもこの辺はただそれだけと言う感じで
鬱蒼とした森の中風なのでヤブ蚊やらハチやらが結構とんでて怖いですね・・蛇はさすがにいなそうだけど。

ディフェンス重視だった瞬間


蔀(しとみ)土塁というものがありました。こういう土塁を作っておいて曲輪の中を見通せないように、
すんなり進めないようにしてるそうです。西の郭から三の郭が見通せないようになっていたみたい。

厳重だった瞬間


三の郭から西の郭に渡る木橋が復元されていました。この先が西の郭。縄張図を見ると西の郭には
大手門があったようで、そのため直接三の郭が見えないように蔀土塁を築いたりしていたり、
木橋を渡って三の郭を迂回しなければ本郭に行けないような構造にしていたみたいです。

国蝶には会えなかった瞬間


雑草がぼうぼうで本来は木橋の下は深い空堀になっているようだけど全く何だかわかりません。
この辺りは蝶々のオオムラサキがいるらしく、そういう意味で城と無関係に有名らしいですw
橋を渡ってしまうと本郭の方に行けないので、ここでいったん戻って畠山さんの銅像を見に行きます。

今となっては単なる広場だった瞬間


三の郭に戻ってから今度は二の郭に来ました。二の郭をつっきる形で通過して本郭に至るようです。
二の郭は本郭を囲むように配置された郭。三の郭とは3mから6mもある土塁で隔てられています。
右奥に見える城址碑と案内板のところから先が本郭の入り口、畠山さんの銅像もここにあります。

整備が行き届いていた瞬間


あちこちで縄張図が見られて、どこにいるか現在地も場所ごとに示してくれてるので親切。
館跡自体は自由見学なのでパンフレットとかないけど、これは分かりやすくてよいです。

思いをはせる瞬間


畠山重忠さんは鎌倉時代の武士で源頼朝の信頼が厚かった御家人で武蔵七党の一つとして
先日登城した千葉城の千葉常胤さんと共に頼朝を助け、木曾義仲追討では先陣を務めてこれを破り、
義経に従って平氏討伐にも参戦。文武両道で忠誠心の厚い坂東武者の見本のような素敵な武士なの。

ヤブ蚊に刺されながらも畠山重忠さんの銅像をねっちり眺めているワタクシ。
どこに行ってもだいたいこんな感じで、前から後ろから下から脇からガン見が常ですw

なんとかしてほしかった瞬間


ただね・・銅像の作りもバランスも悪いから前のめり気味で紐につられちゃって残念・・(ノд-。)
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製(!)なんだって・・・いい加減やばいでしょ。
菅谷館跡は国の史跡。でも銅像は町指定文化財なんだとか。寄付でも募って早く直してほしいわ。

万全のセキュリティだった瞬間


でわ、いよいよ本郭に突入します!畠山さんの居館があっただろうと言われているところです。
本郭はひときわ高い土塁と深い空堀に囲まれ、南方は南郭を置いて都幾川に面する絶壁になってます。

ダイナミックだった瞬間


本郭に入るところの空堀と土塁がこれ。右手が本郭。ボーボーの雑草に相当盛られてますけど、
空堀はかなり深い感じ。幅も広いしね。本郭側にめぐらされた土塁の高さと合わせると相当よ。

完全に時期を間違えていた瞬間


本郭側から見ても土塁はこれだけ高いの・・これだけの規模の土塁や空堀がメインだから
本当は冬枯れの時期に来て雑草に盛られてない本来の規模を体感する方がよかったかもしれない。

それでも貴重さはかわらなかった瞬間


本郭の内部・・広いですw 本郭は二の郭と南郭と接していてどちらも高い土塁で囲まれています。
本郭の説明にはなかったけれど、三の郭などからは掘立柱建物跡などが見つかっていると言います。
戦国よりももっと古いから掘立てなんでしょうけど、畠山さんの居館跡とか見つかったらロマンだw
ただし、現在残っているこの菅谷館の縄張は畠山さんの頃とは少々違うそうなのですが・・

埼玉県立歴史資料館 ※写真が小さいのは気にしないでw
埼玉県内の城資料ごっそり

県立だけあって建物は立派!!展示ブースは案外狭いけど入場しなくても県内の城跡資料がごっそりもらえる。
素敵!ワタクシこれをいただいて杉山城跡には是が非でも行かねばならぬと思いました。

ガチ聞きした瞬間
畠山重忠くん

展示室入り口にて。大鎧に坂東武者の風格漂う畠山さん。目の前に立つとギシギシ音をさせながら
身振りを交え、話を聞かせてくれる。誰もいない展示室・・・せっかく話してくれるのに何だか悪くて、
畠山さんの一代話、ついつい最後まで聞いてしまったΣ(゚Д゚)! 人望の厚い御家人だったと言われる
畠山さんらしく、北条氏に騙し討ちされた非業の死について自らは何も語らなかったのが逆に泣ける。


畠山重忠さん好きなので、ワタクシは後日、畠山重忠公史跡公園にも行っています。
そのうち横浜市旭区にある重忠公ゆかりの地も絶対に訪ねてみようと思っています。


*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング

2010.07.16 Friday 22:13 | - | - | 関東(埼玉県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 22:13 | - | - | - |