<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 杉山城に登城!その1 | main | 武蔵松山城に登城! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2020.02.14 Friday  | - | - | - | 

杉山城に登城!その2

鼻息荒く本郭を目指す瞬間


井戸跡のあった場所から本郭を見上げると結構な高さが。
右は井戸跡に降りてきた井戸郭方面。左へ行くと本郭の北虎口。
落ち葉の積もった細い堀底を歩いたら足にちくちくがたくさんついたΣ(゚Д゚)!

何気ないけどやっぱりディフェンス重視だった瞬間


井戸跡から続く帯郭を進んできました。右手急斜面の上が本郭。
ショートカットで攻めようとしたってそうはさせないよ的な気合いが感じられます。
左側は竪堀があって逆に横移動はさせず、登ってきたら狙い撃ちの感じでw
竪堀も写真撮ってみたけど上手く凹凸が写せなかったのは非常に鬱。

中世城郭の教科書と言われるだけあって素人のあもでも
縄張図を持って歩けば構造がよくわかり気づくのでとても楽しい。

右に曲がりま〜すだった瞬間


進んできた帯郭はここでぎゅーんと曲がります。空堀はないよりマシ程度のものだけど
方向転換すると本郭から背後を狙われちゃうからうかうかしていられないね。

もれなくだった瞬間


本郭の北虎口に到着。ここも当然のことながら横矢掛かり。
虎口受もセットで。左の北三の郭方面へ行く前に本郭に入ってみます。

落ち葉ゾーンでついたちくちく、取りきれないらしく地味に痛痒いわ〜

ちょっぴり切なかった瞬間


城址碑と案内板を発見。平成19年まで県指定史跡だった杉山城。
そのせいか城址碑には埼玉県の文字が。隣の案内板は県指定史跡の部分、
国指定史跡と書かれたシールで修正されていました・・もう少し頑張ってよぅ。
城を愛する埼玉県民として埼玉県教育委員会に心の中でそっとエールw

縄張図の配分より大きく感じた瞬間


本郭東虎口は東二の郭へ通じています。本郭の東虎口は発掘調査で
両側に石積み、石列を巡らしたものだったことが分かっていて、
廃城になる時、壊して埋められてしまったと考えられるそうだ。
写真は虎口受から一段低くなった東二の郭方面を撮ったもの。
城で一番高いところから見るせいか広く開放的な郭に見えます。

どこまでもディフェンス重視だった瞬間


本郭から南二の郭方面に延びた帯郭を見たところ。虎口受が見えます。
本郭の斜面はかなり急。人工的に作った切岸というやつですね。

がっかりだった瞬間


杉山城に登城その1 で井戸曲輪側からは見た本郭南虎口。
案内板には石を貯めてあった場所や木橋が架かっていた跡が
発掘された時の写真が載っていたけど埋め戻されたのか見られず。
写真では凹凸が全然分からないけど真ん中に立っている木のすぐ下が空堀で、
その向こうは井戸郭なの。こっち側のが高いから狙いはバッチリですよw

狭さでディフェンスだった瞬間


次は本郭北虎口に引返し、次は北二の郭、北三の郭、搦手口へ向かいます。
本郭から帯郭に出て北二の郭に入ります。北二の郭側からみると虎口部分は
キュッと狭くして斜面をつけた上、ごっつ盛っちゃう感じになっているから、
やっぱり本郭の方は全く見えない。でも食い違いとかまではしてないのね。

なんとなく大雑把っぽかった瞬間


北二の郭と北三の郭の間は土塁が張り出し大きく迂回する感じの虎口が。
でも杉山城って北側はあんまり凝ったことしてないというか、
主郭やその南側とは少し違う雰囲気でちょっと地味地味しい。
わざと極端に狭くしたのかなって部分も多い気がする。
搦手から攻められたらまずここを必死で守る感じなんでしょうか?

やる気が感じられなかった瞬間


北三の郭はぼんやりしてたら単なる雑木林と思いそうな風景。
郭の端っこの方に行くと空堀も廻ってるし竪堀もあるんだけど地味〜
縄張図を見ても南側の方が充実してるし、北側は最低限って感じなのかね。

登城は大手口からが絶対だった瞬間


搦手側の登城口。大手口にあったのと同じ案内板が立っています。
っていうか案内板なかったらうっかり見過ごしちゃう感じだわw

狙われてなければ大丈夫だった瞬間


残る東二の郭、三の郭を見るために、せっせと雑木林風北三の郭、
北二の郭の斜面を登って本郭の手前まで戻り、本郭の斜面で左折。
強引に土塁の上を伝って東二の郭へやってきました。
奥に見えるのが東三の郭。本郭から段々になっていくのが分かります。

ディフェンス重視再びだった瞬間


東二の郭から本郭と北二の郭へ続く部分を見たところ。
本郭の切岸から空堀、土塁、堀切がごっちゃ〜とあるのは何て言うの?
あもが通って来たところ。本郭から丸見えで横矢がかかってる。
本郭のすぐ横だから当たり前だけどやっぱ北側とは何か違うわw

何はともあれ感謝の瞬間


東二の郭からこれから戻る大手方面を見ると玉ノ岡中学校が見えました。
ふと足元を見るとこの辺りからまたウッドチップが敷かれていました。
余計な木が伐採されて遺構がとても見学しやすい杉山城。
切った木をウッドチップにして生徒が敷いてくれているんです。
中学校の教育方針にもボランティアで頑張ってくれる生徒も立派だと思う。
気持ちよく危険なくこんな素晴らしい城跡が見られることに感謝です。

多角的が大切だった瞬間


屏風折りになっている南二の郭、三の郭の東外側斜面(切岸)。
これならフィンファンネル並みに弓矢あちこちに向かって打てますよw


今回、杉山城に来て本当に良かった。しかもこの時期正解!
杉山城は私有地なのに本当にお手入れが行き届いて見やすいけど、
すぐ伸びてくる雑草で緑に包まれているより冬枯れの方が尚いい。

縄張図とか見ながらでも正直よくわからない城跡も多い中、
自分ですぐ気づいてする理解できる部分がめっちゃたくさんあったし、
想像しながら見てもいちいち納得出来たので喜びひとしおw
詳しい案内板があちこち充実してるのも素晴らしい!!

同じ埼玉でも前に登城した滝の城とも鉢形城とも違う気がした。
中世城郭の構造をちゃんと教えてくれた素晴らしいお城、杉山城。
いったい誰が作った誰がいたお城だったのか気になりますね。

もやもやしながら次は武蔵松山城に向かいます!



*****ランキング参加中〜ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


歴史ブログランキング

2011.02.14 Monday 23:53 | - | - | 関東(埼玉県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 23:53 | - | - | - |