<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 長篠城に登城! | main | 設楽ヶ原に出陣! >>

長篠城近辺の史跡めぐり!

[武将] ブログ村キーワード

長篠城登城の跡はフィールドワークで史跡を巡ろう!

ということで長篠城址保存館の親切丁寧なサイトから印刷したマップを取り出しいざ出陣。
車で行ける場所か分からないから長篠城に車を置いたまま2時間くらいで気合いで回ってくるのだ。

こんな城の近くだった瞬間


勝頼の本陣があった医王寺とか水杯の大通寺なんかも行きたいとは思ったけど、
もっと行きたい史跡とは逆だったので時間と体力考えて今回は割愛(´Д`)

まずは長篠城を出てすぐのところにある「鳥居強右衛門呼びかけの場所」から。

なんの変哲もない民家の前に立つ電柱の横に取ってつけた感じ満載の立札が。
武田軍に捕らえられたスネちゃまが「援軍は来る」と呼びかけた場所はここらしいです。
ワタクシは磔になった時だと思っていたので来て初めて知った事実でしたがこの場所、
本当に長篠城の目と鼻の先。武田軍は本当にすぐそこまで攻め寄せていたんだと実感しました。

不安になった瞬間


次は馬場美濃守のお墓を見に地図を片手に道端の案内をたどるとこんな畑の中へΣ(゚Д゚)!
本当にお墓なんかあるのかしら?と無駄に体力と脚力を使うことに恐れおののきながら先へ。
猜疑心満載で歩を進めると少し先の木立の中にそれらしきものが見えてきました。

おお、あった!


よかった〜と心から思いましたw 馬場美濃守のお墓です。
勝頼を退却させ敵中に飛び込んで討死した馬場美濃守の首を埋めたところと言われているそうです。
ただ討死した場所というのは別に残っているそうなので、首があるかどうかは怪しいと思いますw

ロマンと気持ちの問題だった瞬間


でもいいの。首があるとか胴があるとか歴史ロマンにそんなの関係ないの。
そんなお墓はこれまでだってたくさん見てる。それでもワタクシ真面目に合掌してきたわ!

というわけで人目がないのをいいことに心静かに「合掌」・・馬場さん素敵ですw

次は鳥居強右衛門のお墓がある新昌寺へ・・馬場君とこは車で来れたじゃんと少し恨めしく思ふ。

ボケてた瞬間


普段、まったく歩かないワタクシ。馬場君のお墓からそこそこ歩いて結構くたびれてます。
近くに来ても鳥居強右衛門のお墓がある寺が見つからずゲートボールのご長寿さんたちに聞くと、
何人もがわらわら寄ってきて「ほら、そこだよ」「若いのに御苦労さま」とか言って指差す先は
自分の立ってるすぐ目の前・・・私は馬鹿か?と本気で思いましたしw

場所が分かって安心したのでせっかくだから新昌寺の入り口の方に廻って境内に入ることにしました。

スネちゃま寺だった瞬間


鳥居権現と書かれた入り口から門に進むと鳥居強右衛門勝商墳墓と書かれた石柱が建っています。
権現ってすごいよねw スネちゃまのお墓は境内の奥の方。先に進みます。

事件は現場で起きていた瞬間


新昌寺の境内は広々。本堂の横のお堂の左奥に白っぽく見えるのがスネちゃまのお墓。
鳥居強右衛門は死後この新昌寺に葬られたそうですが後に新城市作手にある甘泉寺に移され、
今この場所にあるのは墓標のみなのだとか。狛犬が立つ白い立派な墓標でしたが・・・
ワタクシ、なんとここで痛恨の一撃!! なんと写真が撮れていなかったのですヽ(`Д´)ノ
確かにシャッター押して液晶にロックしたつもりだったんですけどね・・ショックすぎます。

しかしこの時点ではそんなビッグミステイクをしていることには気づいていないので、
再びゲートボールの親切なご長寿さんのところに行き、磔の場所を聞いてさっそうと出発w

・・・つうか新昌寺も普通に車で来れたよね。車で来ちゃえばよかったんじゃないの?

史跡は絶対に残してほしい瞬間


今はこの近辺、高速道路の高架をかける工事をあちこちでやっていて見通し悪いの。
長篠城すら線路に分断されてるし、その上高速道路まで通るなんてちょっぴり心配よ。
ご長寿さんに教わった通り歩いていくと踏切の手前に案内板が見えました。

やられた・・普通に車で入れるし。車を取りに戻るの大変だわ・・

気持ちが盛り上がる瞬間


線路っぱたの畑の中を歩いていくと突き当りには鳥居強右衛門の烈士伝が書かれた案内板がありました。
さっき長篠城から見た寒差川の対岸に当たる場所です。

激しく同期の瞬間


磔死の跡には石碑が建っています。この場所で鳥居強右衛門は磔になったのです。
石碑の向こうは崖になっていて底にはそれなりの水量がある寒差川を挟んだ向こうが長篠城。
目を凝らしてみましたが長篠城から見た時同様、見通しは全くよくありません。
でも磔になったという場所の周囲の木を切り倒せば城からはきっと丸見え状態。

始めに鳥居強右衛門呼びかけの場所を見てきたけれど、磔になったこの場所に立って納得。
ここから呼びかけたって、いくら命を振り絞って叫んだって、この距離、この川の音では
きっとスネちゃまの声は城兵には届かない。磔にされたスネちゃまは何を思っていたんだろう。

わが君の 命にかはる玉の緒を なにいといひけん もののふの道

鳥居強右衛門の辞世の句。雑兵とは思えない。忠義が切なすぎて涙が出そうになります。
同時に長篠の戦いを題材にした色んな小説で読んだ描写がまぜこぜになって思いだされました。

クライマックスの瞬間


鳥居強右衛門磔の跡から踏切を越えて少し歩くと、いよいよフィールドワークのクライマックス!
長篠城と言ったら・・・はい! 的なあの風景が見える牛淵橋です・・ってやっぱ車で来れた。

感無量の瞬間


スネちゃまが磔になった場所も見ておきたかったけど、そして実際に見たら思った以上に
こみ上げてくるものがあって自分でもびっくりしたけど、でもワタクシは実はこの風景見たさに
歩くの嫌いなのにフィールドワークを今回の日帰り強行の旅に取り入れたのよ。

言わずもがなな瞬間


私の写真テクで「どうぞ〜!」ってほどのもんじゃないけど、この風景ですよ!!!
豊川と宇連川が合流するところにかかる牛淵橋から見る長篠城は50mの断崖に守られ、
天険を利用した戦国時代っぽいお城だってことが改めて分かりすぎる風景。

それにしても深そうな感じ満載の怖い川の色ね・・プールでしか泳げないワタクシにはとても無理。

もののふには程遠かった瞬間


牛淵橋からの風景見終えて後は車を取りにひたすら長篠城を目指すだけと思った瞬間、
憑き物が急に落ちてしまいました。城は目の前に見えるのに川に沿ってひたすら迂回・・
はぁぁ・・思いがけず攻め手武田軍のめんどくささまで体感してしまいました。

どこを歩いても川の向こうは城・・橋はないのかと思いつつ歩いて歩いてようやく、
JR飯田線の長篠駅が見えてきました・・・って、超ちっさーーー!! 無人だし。

【結論】 長篠城史跡めぐりは車でOK!

車だったらどう考えても反対方向の医王寺や大通寺、鳳来寺なんかも行けちゃってたでしょ。


お城に戻ってスポドリ500个魄豕ぐみ。車に乗り込み次なる設楽ヶ原に急ぎます。





*****ランキング参加中〜ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


歴史ブログランキング
2011.12.28 Wednesday 19:44 | - | - | 古戦場に出陣 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 19:44 | - | - | - |