<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 永平寺に参拝! | main | 岡城(埼玉)に登城! >>

丸岡城に登城!

[日本百名城] ブログ村キーワード

日本100名城36番 丸岡城にようやくたどり着きました。福井入りして朝から1日ハードだったわ・・。

焼きつきそうな登城の瞬間


お盆の最中の3時過ぎですから暑さが半端ありません。おまけに夜通し走って寝てませんからお疲れ気味。
背中に疲れが見えてるだけじゃなく、強力な紫外線にやられて髪の毛もぱっさぱさになっておりますw

やる気が感じられた瞬間


当時の丸岡城の図がありました。内堀が広くて天守のある本丸は小山のようになっていたんですね。
内堀は最大で幅91mもあったんだとか。麓に二の丸があって、堀を超えた周囲を三の丸が囲む縄張り。
この図にはありませんが川を利用した外堀があり、寺院民家を配置して城下町が形成されていたそうです。

自慢の天守だった瞬間


丸岡城は現存12天守のひとつで最も古く、国の重要文化財に指定されています。
天正3年(1575)織田信長は一向一揆を平定し豊原寺を攻略すると柴田勝家の甥、勝豊を派遣。
勝豊は豊原寺に城を築くが、天正4年に城を丸岡に移し、これが現在の丸岡城となった。
清州会議の後、勝豊が近江長浜に移封になると、勝家の家臣が城代を務めたが、賤ヶ岳の戦いで
勝家が敗れると丹羽長秀の持城となるものの、関ヶ原やお家騒動などでその後も城主が変わり、
元禄8年(1695)、有馬氏が入封し8代続いて明治維新を迎えた。維新後は一時民有となるが、
明治34年(1901)に町公会堂となり、昭和9年には国宝に指定された。

重文になっても十分だった瞬間


昭和23年の福井地震で倒壊し、昭和25年に国の重要文化財に指定された丸岡城。
昭和30年に修復再建された二重三階の望楼型天守は、それでも戦国の趣が感じられます。
修復再建とかしちゃうと国宝じゃなくなっちゃうのよね。国の宝には違いない気もするけど、
文化財保護法で指定によって補助金とか保存についての決まりなんかがあるようだからね。

天守の高さは22m。小ぶりな天守で華やかさもないけれど野面積みのワイルドな石垣と相まって、
400年以上前の戦国の風情が感じられる佇まい。天守が作られ始めた当時を知る貴重な面影です。

すっとぼけていた瞬間


天守の入り口には鯱が置かれています。

もと木彫銅板張りであったものを昭和15年〜17年の修理の際に石製の鯱に改めたもの。
その当時は戦禍中で銅板の入手が困難であったため、やむなく天守閣の石瓦と同質の石材で
造りかえられたものだが、この石製の鯱も昭和23年6月の 福井大震災により棟より落下。
現在のような形で残っている。 (案内板より)

今の天守にのっている鯱は昭和27年〜30年の修復時に木彫銅板張りに復元したものなんだとか。

落下に注意だった瞬間


ではいよいよ天守内部に入りますが・・入り口の階段が手すりもないし恐ろしく急なんです。
足腰弱った年寄では危なくて両側から抱えてもらわないと登れないかもくらいな感じよ。

風格ハンパなかった瞬間


しびれるわ〜古木の燻したような質感、色艶ってグッと来る。古い日本建築は本当に素敵。
現存とか古い寺に行く度、言ってるけど年月を経たものにしか出せない雰囲気は独特。
この雰囲気の中にいて当時に思いを馳せると意識の一部が確実につながる気がしますねw

・・勝豊も眺めたんだろうな〜って、あんた叔父を裏切ったロクデナシだったわΣ(゚Д゚)!

丸岡城の天守は通し柱を使用せず、一層目が二層目と三層目の台座となっているそうです。

ちょっとしたバルコニー風だった瞬間


出格子の石落とし。有事の際は板を外して石垣を登ってくる敵を石だの弓鉄砲などで射落とします。
床板があるので見た目バルコニー風だからか(!)乗ってはダメの注意書きが置かれていますねw

実ははしごだった瞬間


切妻破風の内部。武者隠し的な?住むわけじゃないからいいけど雪の降る北陸でこの作り寒そう。
ちなみに壁にくっついているロープは急な天守内の階段用。現代の成人の足サイズの半分の板に加え、
階段そのものが急すぎてデンジャラスなため、途中にこぶを作ったロープをつかんで登る感じです。
つま先かけてロープで体を引きづりあげる感じ。現存天守は足弱の方の観光には厳しいですね。

匠の工夫だった瞬間


天守3階の廻縁は雨水を流すため外側に向かって傾斜してて手摺と床板の間に隙間があります。
人が乗るのは危険そうだけど400年以上雨風雪に晒されながらしっかり残っているのはすごい!

心は戦国だった瞬間


西側だったと思いますw 金網なんか貼ってませんから見晴らしは最高です!
高い近代建築物がないから遠くの山並みも見えて、当時の風景を妄想しやすいのがいいですw

丸岡城は見た目以上に下半身が丈夫だった瞬間


丸岡城と言えば笏谷石の天守屋根瓦も有名です。石瓦は6,000枚もあって総重量は75トンΣ(゚Д゚)! 
木造で通し柱なしなのにどんだけ頑丈なんだと思いましたしw 青みがかった石で綺麗なんです。


丸岡城は天守しか残っていないからか、他の現存天守と比べて観光客はいまいちらしいけど、
ワタクシはとってもいいお城だと思いました。大変よろしゅうございましたw




*****ランキング参加中〜ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


人気ブログランキングへ
人気ブログランキング城


歴史ブログランキング
2013.04.06 Saturday 13:43 | - | - | 中部(福井県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 13:43 | - | - | - |