<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 平林寺~増田長盛と松平信綱の墓参り | main | 山口城に登城! >>

難波田城に登城!

[城跡] ブログ村キーワード

難波田城(難波田氏館)に登城!地味〜ですが埼玉の貴重な数少ない城跡のひとつです。

設備が整いすぎていた瞬間


駐車場が2か所あり、ワタクシは古民家ゾーンの方の駐車場から登城。
こちらから入ると親切丁寧なパンフレットがもれなくゲットできますw
これを頼りに古民家ゾーンと城跡ゾーンに分かれた難波田城跡を堪能します。

ゾーンてなんだ!だった瞬間


よくよく考えるとゾーンてセンスないでしょw 整備されすぎって感じがゾーンにあらわれてますw

我が家より広かった瞬間


難波田城公園は所在地である富士見市内に残されていた古民家を移築して再現した古民家ゾーンと、
難波田氏時代の城跡ゾーンの2つのエリアに分かれています。まずは古民家ゾーン 旧鈴木家表門から。
市の指定文化財、旧鈴木家表門。中は農具などが展示されています。豪農は立派な家に住んでたんですね。

豪華すぎた瞬間


旧鈴木家表門をくぐると今度は旧大沢家住宅が現れます。やはり市内にあった民家だそうです。
当時は相当な名家だったのでしょうね。下手な武士よりよっぽど立派。名主に恥じない立派な邸宅です。
案内板の間取り図によると7DKプラス式台付玄関ってとこですね。うちよりよっぽど豪華ですΣ(゚ロ゚;)

一般ピープルとは思えなかった瞬間


ワタクシの家にはこんな立派な書院はございませんし。実家の和室も床の間有りますが負けてますw

財力がものをいう瞬間


はばかり(トイレ)もちゃんとありますw 陶器の便器・・今も陶器だけど焼き物風なのが気になりますw
本当に立派なお宅。豪農または名主としてブイブイ言わしていたことが察せられます。

お金がかかっていた瞬間


ちゃーんと整備されていますよ。この古民家ゾーンには旧鈴木家表門、旧大沢家住宅の他に、
でっかいちゃんとした穀蔵、農家の傍ら油商を営んでいた豪勢な旧金子住宅なんてのもあるんです。

癒される瞬間


でも(ワタクシよりお金持ちな昔の)一般ピープルの住まいはそんなに興味はないので、
さくっと城跡ゾーンに向かいます。この難波田城公園の周りはすぐ住宅密集地なんですが、
そんなこと忘れちゃうくらい自然豊かな・・蓮池なんかがある連結地帯を通って城跡に向かいます。

そんなに興味はなかった瞬間


城跡ゾーンの入り口には十玉院墓地が・・って、なんじゃそれ?
中世に栄えた修験道寺院で戦国時代に衰えたものの江戸時代になって難波田氏の縁者ということで
江戸幕府が難波田城跡に移築・再興することを許可したものらしいです・・ってどうでもいいかw

昔すぎた瞬間


いよいよ城跡ゾーン。古民家ゾーンから廻ると本城跡前の曲輪2というところに到着します。
難波田氏は中世に富士見市内を本拠として活躍した武士です。戦国どころかルーツは古く、
平安の終わり頃、武蔵七党と呼ばれた武士団がいて、そこから派生した一族なんだそうです。
難波田氏としては南北朝の頃に存在し、戦国時代には 扇谷上杉氏の重臣として活躍。
天文15年(1546)の河越夜戦で北条氏に敗れたことを期に北条に仕えるようになるも、
北条氏が秀吉に敗れたため難波田城は廃城になります。江戸時代になるとこの城跡に
十玉院が建てられ、そんな関係でお墓なんかもおかれちゃっている・・ということだそうです。
ちなみに主郭の前方にあったこの場所は馬出し曲輪だったと考えられているみたい。

やっと「登城!」の瞬間


いきなり本城跡に出ましたのでポーズと共に宣言をしておくことにしますw
難波田城は荒川低地の一角に築かれた平城で50,000岼幣紊反篦蠅気譴討い襪修Δ任后
戦国時代以前の古いお城。古絵図を元に復元整備された城跡公園なので綺麗すぎるのがナンですw

近すぎていい迷惑かもな瞬間


ポーズを取った場所の左手に模擬の本城門があり、その中に城址碑が建てられています。
すぐ後ろはどなたかのお宅。これまで見た中で最も城跡に近接しているお宅だと思われますw
本城と呼ばれるいわゆる主郭の部分は古地図によると東西45m南北30mもあったそうです。

綺麗すぎた瞬間


本城門前の曲輪にある四阿から追手門の方を見たところ・・・綺麗でしょ。綺麗すぎるでしょ?
城跡なんでしょうけど戦国以前の野趣あふれる雰囲気がなく洗練されすぎて違和感がありますw

和風公園みたいだった瞬間


模擬門の東門。この前にも駐車場があります。こちらに停めると城跡ゾーンからの散策になります。
難波田城は三重の堀と土塁に囲まれた平城だったそうですが、綺麗すぎてその風情は全くありません。

さらに美しすぎた瞬間


東門から見た城跡ゾーン全景。正面に見えるのは復元木橋です。発掘調査の時に出土した橋脚を元に
復元されたものなんだそうです。曲輪2と曲輪3を東西につなぐための橋だったと考えられていて、
東門側が幅2.7mだったのに対し、主郭側は1.8mになっていて馬出しから出撃しやすい造りに
なっていたと案内板に書かれていました。ちなみに曲輪2とか曲輪3というのは便宜上の名称。

早すぎた瞬間


もう少し遅い時期に来たら、美しく整備された城跡であやめや蓮の花のある堀が見れたようです。
ここまで綺麗に整備されている城跡公園だったら花のある風景を楽しむために来てもいいのかも。

実際は分からなかった瞬間


こちらは追手門。城の正面入り口の門で冠木門に屋根をかけた棟門という形の門です。
綺麗すぎるのか、荒々しさが足りないのか、戦闘やる気があんま感じられないというか・・・・
戦国以前の感じはあんまりしないんですw この先が便宜上の曲輪3・4になります。

びっくりだった瞬間


追手門を入ると食い違い虎口が出現します。整備されすぎるなのに芸が細かいなと思いました。
本来は土塁に綺麗な刈り込みなんかされていなかったでしょうし、高さももっとあったろうし・・・
予算とか決して高くないんだろうけど、富士見市も頑張ってるなと変な関心をしてしまいましたw

やっぱり綺麗すぎた瞬間


時期に来れば水堀のすべてに蓮の咲く風景が見事で綺麗なんだろうと思いました。
こんだけ整備されてパンフレット付、入城・駐車場ともに無料。花を見に来るのはありですw

堀の向こうにあるのは難波田城資料館。ワタクシは時間がないので割愛しましたが、
武蔵武士と難波田氏の関わりや、戦国の城や人々の暮らしの展示などがあるようです。

我が地元埼玉なんてのぼうの城でメジャーになった忍城以外ほぼマイナー城ですけど、
武将と言ったら基本北条系列オンリーですけど、何だかんだ言ってもおらが地元w
岡城といい難波田城といい、華なさすぎるけどそれはそれ。地味城も面白いじゃないか!!


次は県内でも指折りの【地味の極み】と思われる山口城跡に向かいます。


*****ランキング参加中〜ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング
2013.05.10 Friday 20:36 | comments(3) | trackbacks(0) | 関東(埼玉県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 20:36 | - | - | - | 
杉山弘道 (2013/05/11 8:54 PM)
こんばんは。

「さっさと埼玉の地味城やっつけて」で爆笑しました!

母親の出身が行田だったので、いつかは忍城へ行きたいと思ってます。

あもさんのプロフィールかどこかに、写真を撮影するとき人がいると舌打ちするっていうのがまったく同じなのでこれまた爆笑したものです。
私は心の中で「早くどかんかボケ!」と汚い言葉を吐いてます。。

先月は安土城へ行ったものの小谷城はまだ攻めてないので、レポートができたら参考にさせていただきます。

では、夜分失礼しました〜
あも (2013/05/11 8:17 PM)
杉山さん フェイスブックでもいつもありがとうございます!!

城跡も土塁と空堀の土木量がすべて!みたいなお城もいいですよね。
土が成と書いて城って今回行った小谷城のガイドさんも言っていました。
今回は北近江攻めが本当に良かったんですよ〜!!
さっさと埼玉の地味城やっつけて記憶が鮮明なうちに
ワタクシらしくエントリーしたいと思います!!
杉山弘道 (2013/05/11 1:37 PM)
いつも楽しく拝見しております。今回もいいですね!
天守が立派なのに越したことはありませんが、天守だけが城じゃないことも広く理解してもらいたいものですね。
誰かが「土が成ると書いて城。だから縄張りが城」と言っていたような。。
全然違うとは思いますが、なんとなく松阪城の御城番屋敷っぽい感じがしました。小谷城のレポートも楽しみにしてます〜