<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 山口城に登城! | main | 河毛駅と虎御前山〜その2 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2020.02.14 Friday  | - | - | - | 

河毛駅と虎御前山〜その1

今年のゴールデンウィークは北近江攻略! 「戦国ド真ん中」な舞台を駆け巡ってきました。

信長の気分で「虎御前山」 浅井の気持ちで「小谷城」 七本槍体験で「賤ヶ岳
信長の視線で「姉川古戦場」 そして時代は飛んで、唐突に三成を想う「長浜・石田町

というわけで、まずは朝イチで小谷城の最寄り駅となっている「河毛駅」からスタート。

背を向けていた瞬間


朝7時前。駅におりますが、もちろんワタクシは埼玉から車で夜通し走っての到着です。
小谷城の最寄り駅である河毛駅には浅井長政とお市の銅像があるというので寄った次第。
朝イチだと正面からは逆光になるようです。おまけに小谷城も二人の背後という立ち位置!
小谷城を眺めるというんではなく、小谷に電車で来る人を歓迎する感じになってますw

腰が座っていた瞬間


逆光なので仕方なく背後に回りました。長政さんもお市さんもどっしりした後ろ姿ですw
後ほど小谷城にお邪魔しますからね〜ということで河毛駅を後にして虎御前山に向かいます。

スイッチオンの瞬間


来たぁぁぁー!って感じがします!! これ見て戦国妄想モードに脳内が完全に切り替わりましたw
寝てないけれどアドレナリンやら何やら色んなものが出ちゃって、それはもう超〜興奮状態です。

瞳孔が開いていた瞬間


虎御前山が見えてきました。虎御前山は小谷城攻めの時に織田軍が砦を築いて陣を張った山です。
標高224メートル。信長はもちろん、織田軍の武将の陣跡が見て回れるので気合いで登山します。
信長の陣跡に行って、小谷城を超〜睨みつけていただろう信長と同じ風景を眺めちゃうのよ〜!!

さっそうと到着の瞬間


今回の北近江攻略は気合いが入っているので、時間がなかった割に下調べはバッチリ!
ナビの力も借りてますけど何なく虎御前山城跡登り口の矢合神社の駐車場に到着しました。
虎御前山登山という意味では他にも登り口はあるようですが、ワタクシはここからスタートよ。

チキンだった瞬間


陣跡の配置図は印刷して持ってきているのですが、一応、案内板で念入りに確認しておきます。
が、実際の山を前にでかい案内板で見たら、思うより距離がある気がして心配になってきました。
ワタクシは体力も脚力も肺活量もない女。あるのは根性のみ・・・討ち死にする気でがんばりますw

息が上がりかけていた瞬間


登り口には矢合神社があります。少し坂を上って息切れしてますがヨロヨロはまだしてません。
配置図によると、上ったところにまず1つ目の陣跡「伝 多賀貞能陣所」があるようです。

ピンと来てなかった瞬間


「伝 多賀貞能陣所」です・・・って誰だっけ? 信長の野望に出てくる人らしいけどw

〜元亀3年の江北出陣に際し、信長に従軍。虎御前山に陣を構え戦功をあげた。
天正10年山崎の合戦において明智光秀に応じたため所領没収され東福寺に蟄居の身にとなった〜

と案内板には書いてありました・・・ふ〜ん。もとは浅井の家臣でしょ。何なのかしら。

縁はなかった瞬間


御祭神は水の神様だけど矢にまつわる神事が伝わっているため弓道の神社になっているようです。
弓道に縁もなければ時間も体力もないので、ここはスルーして先へ進ませてもらうことにしますw

ここからが本番だった瞬間


神社の横を抜けるとほどなく「虎御前山教育キャンプ場」の入口が見えてきました。
虎御前山の中腹の開けたところにはけっこうな設備が整ったキャンプ場があるんです。
信長と織田軍メジャー武将の陣跡はここから先にあるので気合いが入りますねw

古墳跡だった瞬間


入口を入るとすぐ「伝 蜂谷頼隆の陣跡」がありました。隣には武将の説明が書いてあるのですが、
この陣で具体的にどう戦ったとかではなく、多賀貞能の案内版の説明と同じく、ここに陣を張って
小谷の町を攻めたことと、後年どうした的なことが書いてあります。蜂谷さん地味ですねw
この山は古墳や前方後円墳の遺構が多くあるそうで、蜂谷さんの陣跡も古墳跡になるそうです。

ショートカット可能だった瞬間


まだ先は長いのですが、とりあえずキャンプ場の管理棟まで到着しました。
でも着いた瞬間、実はここまで車で上がって来れたことに気づき、軽く萎えました。
下調べバッチリって一体・・・いや、きっと神社の駐車場に停められる情報で安心したせいです。

左奥に映っているのが管理棟で、その横(写真中央)にあるのが「伝 丹羽長秀の陣跡」です。

さりげなさすぎた瞬間


キャンプ場の敷地内だから・・なんてうっかりしてると危うく見逃しそうになる丹羽さんの陣跡。
案内板は信長に仕えた時期から小谷の町を破ったこと。信長指揮の戦いにほとんど従軍して、
優秀だったこと。本能寺以降と賤ヶ岳の合戦後北の庄城主になったことなんかが書いてあります。

いざ元亀3年へ!の瞬間


キャンプ場を抜けると本格的に登山道というか、標高低いなりに山の中に入る感じになります。
登山口には門があって資料の入った箱も置かれています。もう少し手前でほしい感じですがw
この先にNTTの電波塔があるので、そこまでは舗装路が続いています。が、坂道きついっす!

膝がほほ笑みだした瞬間


電波塔に到着しました。普段歩かないワタクシにはアスファルトの長い上りもきついわ〜
息切れもだけど靴履き替えずスニーカーで来ちゃったし、すでに膝が軽く微笑し始めましたw
どうすんの〜まだ上まで行ってないし、この後は小谷、賤ヶ岳とダブル登りも控えてるのに!!

思いをはせる瞬間


ヨロヨロしてきたので信長の陣跡へ行く前に風景を味わいながらちょっと休憩します。
小谷方面はまだ虎御前山の向こうで見えないのですが山に囲まれ田畑が広がる北近江の風景は
群雄割拠の戦国の頃、歴史の舞台になったとは思えないほど今はのどか。
当時とそんなに変わらないんだろう雰囲気の景色に朝っぱらから幸せな戦国酔い気分ですw


休憩したら元気に(?)虎御前山山頂の信長の陣後を目指します!

河毛駅と虎御前山〜その2に続く



*****ランキング参加中〜ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


人気ブログランキングへ
人気ブログランキング城


歴史ブログランキング
2013.05.22 Wednesday 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | 近畿(滋賀県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 20:37 | - | - | - |