<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 石田三成ゆかりの石田町 | main | 大垣城に登城! >>

石田三成ゆかりの観音寺に参拝!

[石田三成] ブログ村キーワード

さぁさぁ観音寺にやってまいりました。三成ゆかりの石田町からはトンネルで山1つ越えてすぐ。
三成さんが子供の頃、小姓をしていたお寺です。三献の茶の逸話が残る秀吉と出会ったお寺です。

わくわくの瞬間


近江西国十二番観音寺・・正式には伊富貴山〜観音護国寺というそうです。
ワタクシ実は先週、思いつきで観音寺城に登城し、観音正寺にも行ったものだから書いてて少々混乱気味w
元は伊吹四寺のひとつだったそうですが、正元年間(1259〜1260)にこの地に移ったそうです。
・・ってどんだけ古いのだ! 佐吉少年は由緒あるお寺の寺小姓をしていたんですね。

歴史は面白かった瞬間


で、この寺の裏手に織田軍が姉川合戦の後、秀吉を入れて後の小谷攻め最前線とした横山城があります。
左側の鉄塔立ってる山がそうよ。三献の茶のエピソートは秀吉が長浜城主になってからのこと。
後に出会う秀吉が城将をしていた城の麓のお寺で小姓をしていたって後付けでも不思議な感じ。
近江という本当に狭いフィールドの中で戦国激熱の色々なことがあったんだな〜と変に関心するばかり。

地元情報大事だった瞬間


石田会館であったオジサンに「中まで車で入れるから」と聞いていたので、ためらいなくゲートイン!
歩数をどうやってケチろうか真剣に悩むほど足が攣りそうだから本当にこういう情報助かるわ〜
まっすぐ進んだ左側にある駐車場に車を停め、まっすぐ本堂に行くと思いきや、いやいやその前に
三成水汲みの井戸を見に行きます。秀吉に出した茶の水を汲んだという井戸が残っているのです。

分かりづらすぎた瞬間


駐車場から門の方に少し戻って横に入るとすぐ「石田三成水汲みの井戸」が見えてきます。
離れたところから案内板はすぐに目に入ってくるけど「エッ・・どこよ!?」という感じ。
この近さだって何だかよく分からないでしょ? 井戸って・・ホンマかいなといぶかしみますw

井戸は言い過ぎだった瞬間


近寄ってみました・・井戸って・・・Σ(゚Д゚)! 本当にひとまたぎって感じのミニマムサイズ。
水は入ってて汚いわけじゃないから水汲みが本当なら、井戸というより湧水がわく泉だったのかもね。
と思いながら、才気を見せるチャンスに胸躍らせた佐吉少年が水桶持って走って来る姿をしばし妄想w

膝がほほえみ出していた瞬間


近江西国巡礼十二番のお寺なのに、三成ゆかりのお寺なのに誰もいないのでラッキーですw
ここの本堂や鐘楼は重要文化財とのこと。佐吉少年の頃から似たような感じだったろうと思い、
水汲みの井戸からさっきの長い道を戻り、痛い足を引きずって根性で階段を登ります。
長い道の両側には本坊と玉泉院がありました。当時はもっと大きな寺だったのではないかと。

後から知ったんだけど、観音寺の御朱印がかっこよくて、私もなんだかんだと武将ゆかりの寺社へ
行っているのだから、寺の御朱印はいただくようにしようかな〜なんぞと思ったりしてる今日この頃。

妄想が始まった瞬間


この観音寺は浅井三代も深く帰依して寺領を付していたとのこと。姉川の合戦で背後の横山城が
攻め落とされた時に焼災にあい、後に秀吉が長浜城主になって堂宇が再建されたそうです。
佐吉少年はこの本堂前なんかもお掃除しちゃったりすることあったんでしょうね。

年月の重みだった瞬間


重要文化財の本堂をジロジロ眺めます・・雨風に晒されて油っ気の抜けた木材の古びた感じ。
細工は繊細だけど建物全体は重厚でなかなか迫力があります。古刹の趣ってやつですかね。
まさか戦国時代からあるわけじゃないけど、数百年経ってるのは間違いないでしょ、きっと。
丸に四つ目門の石桶?なんだかわからないけど、意味ありげな家紋のアレも気になりますw

とかくドンブリ勘定だった瞬間


こちらの鐘楼も重要文化財。ワタクシが見逃しただけかもしれませんが本堂にしろ鐘楼にしろ、
隣や目の前の近くには案内板などがないので、いつ頃のものなのか、重文に指定された経緯など
さっぱりわかりません。とにかく「見た目古い!」+「重文」=「なんかすごい!」ってw

英断の瞬間


本堂の横から奥の方に行くと横山城跡への登山口がありました・・架空のプランBに変更したのに
看板を見ると後ろ髪ひかれる思い。陣城の色が濃いお城なので遺構といっても空堀くらいなのかな。
あとは山頂にある城址碑を見るだけなんだけど、小谷攻め最前線だから視点を味わいたい気がして。
・・でもダメ、無理よ。あの階段見なさいよ、始まりからこんななんだから90分も歩けやしない。
昨日の夜だって足攣りすぎてロクに寝れなかったくらいなんだから・・心の声に従って断念…orz

意味深だった瞬間


本堂の裏手の方にはこんな石垣と見まがうこんな石積みも・・なんだろこれ。気になりますね。


横山城登城を断念したため時刻はまだ10時前・・さてプランBはどうしよう?

彦根城と佐和山城というのも考えたけど、ゴールデンウィークの最中、彦根城はこの時間からじゃ
きっと車が停められない&山はどんなに低くても無理!関ヶ原・・? たくさん歩くのマジ無理!
ということで関ヶ原を突っ切り、大垣城へ。で埼玉に戻る道すがらにある城へも登城することに。
攻略第一目標にするモチベ上がらず未登城の城がいくつかあるから、この際ちょうどいいわ!
決めたら即行動!ナビを大垣城にセットして一路東へ。雑な怒涛の城攻めを開始しますw



*****ランキング参加中〜ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング
2013.06.28 Friday 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将ゆかりの寺社仏閣 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 20:28 | - | - | - |