<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 大垣城に登城! | main | 加納城に登城! >>

墨俣一夜城に登城!

[城めぐり] ブログ村キーワード

大垣城を出て、この際ついでに一度くらい登城しよ!ってことで墨俣一夜城にやってきました。

存在感ありすぎだった瞬間
墨俣一夜城

当時は一切なかったはずの激模擬天守なのに橋の上からもよーく見えるのはある意味すごいw
観光用のお城はいつでも何気に人が多いので、今回も混んでそうな匂いがプンプンしてます。

萎え萎えだった瞬間
墨俣一夜城

城の前まで行ってみると路駐はすごいわ、狭い道を人がゾロゾロ歩いてるわ・・すごいったらありゃしない。
バスツアーらしき団体さんなんかもいて、元々モチベの低いワタクシ完全に戦意喪失です。

やりすぎだった瞬間
墨俣一夜城

太閤出世橋だって・・大垣城の勝手に作った西門に続き、大垣市やっちゃったなと再び思ったりΣ(゚Д゚)!
あ、ちなみに写真に人がほぼいないのはたまたま。車が停められず運動公園の方まで止めに行って戻ってきたら、
団体さんは中に入ったらしく、ちょうど人の切れ目だったの。このお城を人の通過待ちで粘れませんw

ちぐはぐすぎた瞬間


出世橋の先には木下藤吉郎秀吉の像がありました。木下なのになぜかスタイルは太閤さんだというw
管轄はやっぱり市の観光課になるんでしょうか? もし教育委員会だったら少々びっくりするΣ(゚ロ゚;)
武将の銅像好きとしては名前の入った台座の方が銅像より目立つところが全くもって残念ですw

主張が強かった瞬間


模擬天守の入り口にやってきました。どでかい城碑が立ってます。団体さんが入って行ったところだし、
一夜城に関する貴重な展示とかはないようなので、ワタクシは特に興味もないため中は割愛よw

一夜城は織田信長が美濃進出の足場とするため、洲股(すのまた)に砦を築こうとするものの、
そうはさせじと出陣してくる美濃勢に阻まれ失敗が続いた後、秀吉が敵の目を盗んで一夜で砦を築き、
見事、美濃攻略の足掛かりを作って出世の糸口をつかんだという有名なエピソードからつけられたもの。

でも実際、墨俣一夜城の話は歴史的に価値ある書物に詳細がなく、事実かどうか不確かなんだそうです。
一級資料と言われる「信長公記」(太田牛一)には、墨俣に砦があったことは書かれているようですが、
蜂須賀家の資料にもそうした記載はなく、秀吉がそこに関わったことすら分からないのが本当みたい。
一夜城の話が出てきたのは江戸後期の「絵本太閤記」だというからまぁ創作なんでしょうねぇ・・。

ワタクシは一夜城のエピソードは好きです。蜂須賀党をいつの間にか丸めこんで山の奥から木を切り出し、
いかだに組んで川を下ってプレハブ工法的に一晩で砦を築く・・歴史小説を読み始めた若ーい頃、
秀吉が知恵を使って頭角を現してく様に胸をワクワクさせていたものです。ええ、純粋でしたw

事実かどうかに学者は目くじら立てるかもしれないけど、ワタクシにとっては歴史ロマンの問題。
秀吉の一夜城のエピソードは夢があっていいよ。絵本太閤記の創作だってやたらリアルだからいいw

だけどこの天守はやりすぎでしょ〜ってどうしても思ってしまう。模擬天守なんて立てないで、
木の柵で囲んで掘っ立て小屋や簡易な櫓でも立てた若干リアル目な墨俣一夜城にすればよかったのに。
観光さんが多いから子供がこれ見て本気にしたらどうすんだ?とちょっと心配になってきますw

怪しすぎた瞬間


そうしたらありました。「藤吉郎の柵」というのが天守の裏手に・・・どれ、案内板を読んでみます。

永禄9年(1566)9月、墨俣築城において斉藤勢の騎馬を防ぐため、地上高さ一間、地中三尺、
松桧藤づる二重巻にて結び、城の周囲に二重に柵総数延長千八百間を巡らした(前野文書より)

えーーー!千八百間ってマジっすかΣ(゚Д゚)! そもそも事実かどうかって言ってる時に突如飛び出す
まるで見て来たような説明。なんだ、ちゃんと文書が残ってるじゃないかと思うかもしれませんが、
この前野文書というのは武功夜話のこと。専門家の鑑定がされず偽書の疑いが晴れてない文書なの。
大垣市・・大丈夫かいな。歴史的大場所いっぱい持ってんだからもっとデリケートに考えてほしいわ。

アピりすぎだった瞬間


模擬天守入り口にも城碑はありましたが、藤吉郎の柵の横にも城址碑が立っています。
リアルな城跡じゃなさそうだけど敷地の端っこでやけに堂々とした佇まいですw 

何としても主張したかった瞬間


先に進むとさらに「一夜城址公園」の碑がΣ(゚Д゚)! いやいや、もうわかったってば!!
どんだけ城址碑立てたら気が済むの? これに至ってはやっつけとしか思えない出来栄えですし・・

予算が心配だった瞬間


と思っていたらラスボス登場w この城址碑は黒御影石なんか使っちゃって相当お高いわよ。
同じような城址碑をいくつも・・ワタクシ大垣市民じゃないけどいい加減、予算の出所が気になりますw
何か一夜城であることをそんなにアピールしなきゃいけない理由でもあるのかとも勘ぐったり。

正直どうでもよかった瞬間


そういえば天守撮るの忘れてましたw 観光さんが来ないから天守の裏を1枚さっと撮りで終了。
もう来ることはないけど一応登城はしたからこれでスッキリ! グーグルマップのピン外せますw

立つ鳥跡を濁さずだった瞬間


天守の前に「太閤秀吉出世の泉」というのもありました。秀吉の馬標だった千成瓢箪モチーフですね。
これを最後に墨俣一夜城を後にするワタクシ・・もう何も言いますまいw


痛い足を引きずって離れた駐車場にトボトボ歩いて戻ったら「ついで登城」この後は加納城に向かいます!



*****ランキング参加中〜ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング
2013.07.06 Saturday 19:03 | comments(7) | trackbacks(0) | 中部(岐阜県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 19:03 | - | - | - | 
naka (2013/07/09 10:41 PM)
あもさん、埼玉県民だったのですね。
すみません、今プロフィールを読ませていただきました(^_^;)

同じ埼玉県民として、ここから車をとばして竹田まで行こうという勢いにただただ圧倒されました(^_^;)

今まで行った事のあるお城と言えば、新潟の春日山城跡、名古屋の犬山城の2つのみ。
しかも、春日山は両親の田舎なので、半分地元感覚。
犬山に限っては岐阜へのドライブのついでといった体たらく(
あも (2013/07/08 9:22 PM)
nakaさん

竹田は雲海を生きてる間に一目見てやろうと目論んでおります。
10月連休辺りを狙ってますが埼玉から金曜の夜、仕事終わって速攻車で出て・・
雲海の見れる日の出までに間に合うのかしら? とシュミレーション中ですw

nakaさんも竹田に行かれるのですか?本当に素晴らしいお城ですよね!
あも (2013/07/08 9:19 PM)
>山城守さん

わぁ〜山城守さんだ!コメントありがとうございます!
ワタクシもひそかにブログ読ませていただいてましたw
運動公園に続く土手・・桜の木が多かったですね。ワタクシも桜の季節は素敵だろうと思いました。
インチキくさくても桜と天守は様になりますもんね!
今後ともよろしくお願いします!

naka (2013/07/08 8:01 PM)
イケてないなんて思いませんでしたけど、あもさんがそう思うのであればいつか是非、格別な季節の景色でリベンジを。
楽しみにしてます(^-^)

文章は書き方が上手で、読んでいて引き込まれます。
上手く言えませんが、大丈夫です(笑
あも (2013/07/07 3:35 PM)
コメントありがとうございます(*^-^)

竹田の頃はカメラも違うし載せてる写真も小さいし
・・今よりイケてないですねw

行動力はよく驚かれますが、文章って・・ワタクシ大丈夫ですかね?

今後ともよろしくお願いします!
山城守 (2013/07/07 9:08 AM)
初めまして。こんにちは。
いつも楽しく読ませてもらってます。

墨俣一夜城の石碑の多さ。
私もずっと思ってました。
代弁していただいてスッキリです。(笑)

これっきりと言わずに桜の季節に行かれたら感動ものですよ。
川沿いに果てしなく続く桜並木のピンクと堤防の菜の花の黄色。
花見客と露店のゴチャゴチャを我慢すればの話ですけど。

また寄せてもらいます。
naka (2013/07/06 9:31 PM)
初めまして。
竹田城跡の写真が欲しくていろいろと見て回っていたのに、気付いたら何故かこのブログへ引き寄せられていました(^_^;)

竹田城跡以外の物も幾つか読みましたが、あもさんの書く文章と行動力に驚かされっぱなしです。
自分は歴史に疎いですが、また読みにきたいと思います(^-^)