<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 墨俣一夜城に登城! | main | 小牧山城に登城! >>

加納城に登城!

[城跡] ブログ村キーワード

墨俣城を後にして大至急、加納城にすっ飛んできました。

はりきって登城の瞬間!


駐車場は南側なんですが入り口風になっているのは北側。車を停めて回り込んでの登城です。
加納城は昭和58年に本丸跡が国の史跡に指定されました。現在は加納公園になっています。
公園の入り口に建つ城址碑はよくある石塔じゃなく、ちょっとモダーンでシャレオツな感じw

管理はしっかりだった瞬間


国史跡に指定された本丸跡だからか、公園に入れる時間は17時までで夜間は施錠されるよう。
本当は門があったところにある青い鉄柵・・公園だから仕方ないけどあんまり色気ないですねw

案内板には17世紀後半の縄張が書かれています。それによると公園として残っている本丸の周囲には
堀がぐるっとめぐっていて、今ワタクシがいる本丸北側を取り巻くように御三階櫓のあった二の丸、
太鼓門のあった三の丸、厩曲輪が、南の方に大藪曲輪があり、そこそこの規模だったみたいよ。
曲輪間も堀で囲まれて橋が架かっていたようで、当時は水に浮かぶ城の様子だったのだとか。

贅沢に残っていた瞬間


上の案内板の左側に続く石垣がこれ。これほど良好に近世初頭の石垣が現存するのは美濃では珍しく、
極めて貴重な遺構・・といった説明がありました。この石垣の手前は当時堀になっていたようです。

珍しかった瞬間


ワイルドな野面積みだけど、びっしり生えた草木の根張りも加わって簡単には崩れなさそう。
これらの石垣には岐阜市近傍の山で産するチャートという石が用いられているんだって。

加納城は慶長5年(1600)関ヶ原合戦の後、徳川家康が豊臣方の巻き返しに備えて築城させたお城。
初代藩主として家康の長女亀姫の婿、奥平信昌が10万石で入城し、以降、大久保氏、戸田氏、安藤氏と
譜代大名が城主を務め、永井氏の時代を最後に明治維新を迎えました。

昭和58年に国の史跡に指定された時に発掘調査が行われ、徳川時代に建てられた城の地面の下に、
戦国時代の土塁が埋もれていることや、堀の底に堀障子があったことなどが確認されたそうです。
今残っている石垣などは関ヶ原の時に落城した岐阜城から運ばせたものと言われています。

ザ・広場だった瞬間


で、これが公園の中・・本丸跡。ゴールデンウィークの最中だけど親子が1組遊んでいただけ。
遊具とかは何もないし、野球とかもやったらダメそうだから案外、遊び場にはされないのかな?
写真で見るより実際はもっと広くて、御殿や何やら色々な建物が建っていたんだろうと思います。

素晴らしすぎた瞬間


本丸の内側はぐるーっと見事な土塁がめぐっています。明治維新の後、建物はすべて取り壊され、
堀も埋め立てられてしまったそうですが、それから国の史跡になる昭和58年までずいぶんあるから、
本丸跡や土塁・石垣だけでも、よくこれほど綺麗に残ったものだと感心せずにいられません。
岐阜城から移築された御三階櫓があったという二の丸など他は市街化され跡形もないらしいから尚更。

校門みたいだった瞬間


入り口から真反対になる公園南入り口はこんな感じ。当時はここに本丸南門にあたる臆病門があり、
堀にかかる橋で大藪曲輪につながっていたようです。縄張図を見るとこの先は枡形だったみたい。
ワタクシが写真撮影をしている場所は当時は堀。ここだけ見ると城のイメージは湧きづらいねw
模擬門でもあった方がいいのか悪いのか・・いや、変なのだとそれも困るからきっとこれでいいのだw

まだ徳川風味はなかった瞬間


臆病門前の埋め立てられちゃった堀跡は今は公園の駐車場として利用されていますが、
門から東側に続く石垣はこちら側も見事に残っています。高さは2m以上はあったかな?
外は石垣、中は土塁。チャートって石のせいかは分からないけど味のある石垣だと思いました。

何はともあれ備えは大事だった瞬間


再び公園の中に戻ってせっかくだから横から櫓跡と石垣でも眺めておこうかと思います・・
と思ったらカメラがまさかの電池切れΣ(゚Д゚)! 虎御前山からここまで500枚は撮ったもんね〜と、
バックを探すと、遠征にはいつも持ってくる予備の電池を忘れ、なぜかコンデジ持ってるというΣ(゚ロ゚;)
危なかったわ〜まだ3つ登城するのに。未だガラケー愛用のワタクシにはコンデジでもないよりマシ。
ちょっぴり動揺したせいか写真もピンボケw 写真には撮り手の気持ちが表れるものなのよ・・ハハ。

全ては石垣の味わいだった瞬間


角を曲がった向こう側はさっき見た臆病門のある方。地面のところはずーっと水堀があって、
石垣の上には櫓。奥に見える住宅の方に大藪曲輪が見えたんでしょうね・・なかなかよいです。

戦国末期といっていい頃に建てられたから、徳川のお城といっても他とは何か雰囲気が違うね。
天守があったかどうか分からないらしいけど(天守台は残ってる)、>岐阜城から移築したという
御三階櫓とか含めて、もう少し色々と残されていたらきっと素晴らしいお城だったろうに。

加納城跡からはその岐阜城が見えると聞いたのですが、ワタクシにはわかりませんでした・・。


滋賀から埼玉への大返しの帰りがけ駄賃で、次は小牧山城に向かいます!!



*****ランキング参加中〜ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング
2013.07.10 Wednesday 21:43 | comments(2) | trackbacks(0) | 中部(岐阜県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 21:43 | - | - | - | 
あも (2016/09/12 12:49 PM)
近藤様

こんにちわ!コメントありがとうございます!

子供の頃によく遊んでいた場所って、確かになんだか格別の思いがありますね。
コメントいただいて久々に昔の記事を見たら、また再訪したくなりました。

三重県のお城も未登城も含めて、また是非お邪魔したいです♪

近藤 嗣治 (2016/09/11 2:16 PM)
加納出身の僕は、大変感動しました。
遠くからわざわざ来ていただき、ありがとうございました。なぜか感謝の念でいっぱいです。子供の頃を思い出します。自衛隊が駐屯していたので、自分たちは、お城の周りで遊んでいました。
 今は、三重県四日市に住んでいますが写真とコメントを見て懐かしくてコメントを書きました。