<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 清州城に登城! | main | 安土駅前の信長像とセミナリヨ跡 >>

沓掛城に登城!

[今川義元] ブログ村キーワード

北近江攻略から始まったゴールデンウィークの出陣、最後は沓掛城でしめくくりです。
唐突すぎだけど、清洲城で出陣前の信長銅像見たら、やっぱ桶狭間にも出陣しなきゃと思い、
でもこれから行くのは時間的に無理だから、今川義元が前日泊まった城でも見ておくか・・とw

ギリ日没前だった瞬間


清洲城から沓掛城・・地味に時間かかりますね。名古屋市内が混んでてびっくりしました。
見るに堪える明るさギリギリのタイミングで登城。現在は沓掛城址公園として史跡保存されています。
駐車場は10数台分あるけど他に車はなし。縄張りを見ると駐車場の場所は侍屋敷だったようです。

行き届いていた瞬間


簡単に縄張りを示した城址公園の案内図が完備され、なかなか管理が行き届いています。
ワタクシが立っている後ろが侍屋敷だった駐車場。案内版の奥にある平地も当時は侍屋敷。
左奥の方にこんもりなっているところが諏訪曲輪。侍屋敷側からは地続きになっていたようです。

ちょいと小さめだった瞬間


こんもりした諏訪曲輪、この写真では分かりづらいけど本丸よりは一段高くなっています。
侍屋敷から続いていますが、本丸側には空堀があります。名前から当時は神社でもあったのかな?

日暮れムード満載だった瞬間


空堀を挟んで向こう側が公園広場になっている本丸。沓掛城はマイナーだけど遺構が綺麗に残っているので、
暗くなる前に素晴らしい空堀を見ときます。かなり気合いが入ったサイズの大規模な空堀。
今は堀底にツツジだかの低木が植栽されてるけど、当時はそんなものはなくもっと深かったと思います。
案内図を見ると大手門と二の丸は南側。本丸北側は深く広い空堀と侍屋敷でディフェンスだったのね。

ななめ読みだった瞬間


普段は案内版とかネッチリ読んでくる方なんだけど、刻々と日が傾いているので巻きますw

近藤景春の時、 織田信長に謀反した鳴海城主山口左馬助に落とされ今川勢に属し、
永禄3年(1560)、桶狭間の戦いに信長がこの城を攻め落として、影春は戦死。
ちなみに、合戦前夜には今川義元が宿泊した。恩賞として簗田出羽守に与えられ、
赫赫云々・・天正5年(1577)川口久助が城主となり、関が原で石田三成に味方したため
捕えられて伊達政宗に身柄預けになり、その後、城は廃城になった、と。

登場人物もエピソードも地味すぎて泣ける。ワタクシ的には「今川義元最後の宿泊地」という点こそ
沓掛城最大の歴史的価値ありポイントに思うんだけど、案内版では「ちなみに」扱いなのねw

のんびりしすぎだった瞬間


空堀を渡って公園広場になっている本丸へ・・の前に橋の上から空堀をもう1度チェックしてみます。
広さはもちろんだけど整備されている今でさえ高さはそこそこあるのが分かると思います。
安心の防御力だったから今川義元は宿泊地にしたのかもしれないね。残されたことがブラボーです。

かなり早足だった瞬間


公園の広場になっている本丸跡。復元井戸がありますが本丸自体に特に目立った遺構はないみたい。
でも桶狭間前夜、今川義元が諸将を引き連れてここに泊まり、尾張をなぎ倒す夢でも見ながら
一夜を過ごしたのかと思うと感慨深い感じがするわね。お化粧なんかも念入りに落としたりしてねw

向こうに見える住宅街の方が当時、大手門から続く二の丸になっていたようです。

とらえ方は色々だった瞬間


大手門のあったあたりに城址碑が立っています。入口でななめ読みしたのと内容は似てるけど、
こっちの説明には「ちなみに合戦前夜には今川義元が宿泊した」のくだりすらありません。
豊明市教育委員会はたった1日の出来事より、城の歴史を重んじているのかもしれないね。

限界だった瞬間


夕暮れの木陰はさすが薄暗くてボケてるけど、帰りがけ本丸側から見た諏訪曲輪方面。
侍屋敷側とは違って、こちら側には規模は小さいながら空堀がめぐらされています。
当時も何かしら橋はあっただろうね。諏訪曲輪の方が本丸側より高くなっているのが分かります。

来てよかった瞬間


最後にもう1度、駐車場を少し歩いて本丸北〜東側にかけてのダイナミックな空堀を見ておこう。
当時はもっと深かったと考えて、この規模でぐるりでしょ・・・土木量にしびれますねw
思いつきで何となく登城したけど、来てよかったと思いました。


ゴールデンウィークの北近江攻略(帰りがけの駄賃登城もあるよ)はこれにて終了。


ワタクシ珍しく4日前後に1回の更新頻度で頑張ったにも関わらず、気付けばもう7月も下旬に( ;゚Д゚) 
この勢いで6月に登城した観音寺城安土城、そして7月初旬の地元埼玉攻めをエントリーして
すがすがしい気持ちでお盆休みの夏の陣に向かいたいと思っておりマスw ・・間に合わんか?



にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング


2013.07.25 Thursday 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 中部(愛知県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 12:54 | - | - | - |