<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 安土城に登城!その1〜大手道・黒金門跡編 | main | 妻沼聖天山で斉藤実盛像と重文拝見! >>

安土城に登城!その2〜本丸天主跡編

[安土城] ブログ村キーワード

黒金門跡を入ったら、まっすぐ本丸方面へ向かう前に左手の方にある織田信雄の供養塔を見ておきます。

哀愁が漂っていた瞬間


信長の次男、信雄から四代の供養塔。右から初代信雄、四代信武、三代長頼、二代高長と並んでいます。

信雄と言えば、無断で伊賀国に出陣して大敗し信長に譴責されたとか、
本能寺の変後、安土城を燃やした張本人ということにされていたりとか、
小牧長久手の戦いでは家康に無断で秀吉と単独講和をしてしまったりとか・・

信長の息子なのにかわいそうなぐらい暗愚なエピソードの多い人です。
ワタクシも信長の野望をやる時、一度も頼りにしたことはないですけど・・

それも取り柄だった瞬間


信雄の供養塔・・写真じゃなくて供養塔そのものが少し傾いているのよw

清州会議でも次男なのに織田家の家老は誰ひとり信雄を推戴しなかったといいます。
不出来でも父親が信長じゃなければ、そこまで評価は低くされなかったかもしれないわね。
4代の供養塔を見て、ワタクシは信長直系の血筋を残した点は優秀だったと思いましたw

あけっぴろげと思いきや・・だった瞬間


黒金門跡を入ったところに戻って、今度はまっすぐ二の丸〜本丸、天守へ向かいます。
左手の石垣上が二の丸。突き当りを左に曲がるまで幅の広い直進の石段が続いていますが、
当時は二の丸の入口よりも手前に「二の御門」があったそうです。やっぱり厳重ですねw

貴重品だった瞬間


二の丸へ向かう石段の突き当りには仏足石が置かれています。仏足石も大手道で見た石仏なんかと同じく、
築城当時は石垣に使われていて、昭和の初期の登山道整備の際に発見されたものなんだそうです。
最古のものは奈良の薬師寺にあり、ここ安土の仏足石も中世の遺物として貴重だと書いてあります。

ラブリーすぎた瞬間


仏足跡はお釈迦さまの足跡を表現したもので古代インドでは仏像に先立ち崇高の対象とされてたって。
指紋がお花の形になってるのもキュートだし、指の長さがほぼ一緒なのもお人形チックでかわゆすぎる!

いざ突入の瞬間


仏足石の左側に二の丸への入口があります。三の御門の石垣と言われる場所です。
櫓台みたいのが見えますね。ここを入ると二の丸、そして本丸に直結だから厳重だったのでしょう。

盛り上がってきた瞬間


三の御門の石垣を上って右に行くと本丸から天守跡へ、左に行くと二の丸に続く石段があります。
「織田信長公の廟入口」と書かれた看板がかかってます。本丸へ行く前にまずはお参りしてきましょう。

燃え方が気になった瞬間


石段を登り切ったところに二の丸跡の標柱がありますが、廟所はもう1段上にあるようです。
二の丸は天守や本丸の消失後、織田信雄や三法師(秀信)が入城したところ。
本丸や天守跡とは近いのに居館として使えるほど被害が少なかったのは意外な気がします。

違和感だった瞬間


信長廟に到着!まずは百名城スタンプを押します。安土城の百名城スタンプは色々見ていると
雨ざらしで状態が悪いと書かれてることが多いんだけど、インクも濃く綺麗に押せました。
廟所前のこの場所にわざわざ設置しなくてもいいんじゃないかと心の底から思いながらw

念入りだった瞬間


で、これが柵の中。石垣で囲まれた中に石灯籠が4基。一番奥には石積で2段になった墓石?
廟所の中はこんな感じ。元は信長一周忌に伴って羽柴秀吉が建立したそうです。
消失を免れた二の郭を整備して、遺骸の代わりに太刀や烏帽子、直垂などの遺品を埋めて弔われたそうな。
ワタクシは秀吉の「信長ラブ」アピールのためのパフォーマンスもあったと思います。
この廟が建てられた翌年の小牧長久手後に安土城は廃城になってるのも秀吉だけに意味深w

信長の墓や廟所はあちこちあるけど、建立の背景も場所もある意味リアルだから感慨深いです。

気が気じゃなかった瞬間


本丸跡に到着。天主跡に行く前にじらしプレイでもしようかと思ったら、ここでついに雨が・・。
ちょいと!!なんで今頃降ってんのよ。あと少しで終わるんだから我慢してくれよヽ(`Д´)ノ 
と思いながら、こうなったら本格的に降る前に天主跡だけは行かなけりゃと先を急ぎます。

千畳敷とも呼ばれる本丸に、天皇が住む清涼殿と似た建物「御幸の御間」が建っていたそうです。
小説なんかにもよく出てきますね。信長が来客に自慢げに御殿を見せてるようなところとか、
天皇行幸を目的に建てたのではないかとか、そこから本能寺の変の朝廷黒幕説とか色々・・・。

信長のみぞ知る・・だからけっこう重要な妄想ポイントだったのに全くもって台無しよ!!

ロマンのかけらもなかった瞬間


自分のずぶ濡れはいいとしても本格的に雨が降ったらカメラやタブレットが心配なので急ぎます。
本丸から天主址への入口だっていうのに・・この辺り、ワタクシの登城前シュミレーションでは
信長も絶対に通ったところよ〜って超念入りにロマンに浸る場所のはずだったのにぃ!!
てか、天主跡に行ってもこの調子じゃ瞬撮して帰るようになるじゃないの なによー!!

執念が通じた瞬間


ついに天主跡にやってきましたぁぁぁ!!と同時に雨が一瞬収まりましたw ワタクシついてる!!
本や復元図で見るあの派手でアメージングな五層七重の天主のイメージからすると想像より狭いけど、
ここにドカーンとアレが建っていたのだと思うと感動的。天主を支えた礎石がスケールを物語る!
真ん中には礎石がないのね。雨が収まってるから少々落ち着いてプチ妄想くらいすることが出来るわw

つきまくっていた瞬間


ほーほっほっ。優雅に案内版なんか読む時間もありました。天主跡に初めて調査が入ったのは
昭和15年で、礎石はその時に発掘されたんだそうです。石垣の崩壊を防止するため若干の補強が
加えられた他は検出されたままだと書かれています。天主台の絵図なんかも書いてあって、
これを見ると不等辺八角形と言っても対面の辺は平行でそれぞれ等辺になっていたみたいです。

安土城の天主は五層七重、高さは46mもあり、世界で最初の木造高層建築だったといわれています。
内部には高さ20mもの吹き抜けがあり、金の鯱を乗せたのも安土城が最初だったようです。
通常は「天守」だけど安土城に限っては「天主」。やっぱ信長様は「天の主」目標だったのかもねw

ポジティブ大事だった瞬間


一瞬、収まったとはいえ、あいにくの雨模様で安土城天主跡から眺める琵琶湖方面はこのありさま。
埋め立てられて湖岸は当時よりだいぶ遠くなっているというけれど晴れていれば湖面が見えるそうです。
信長だって雨の日にはきっとガスったこの風景をきっと見たよ! 見れただけでもよしとしよう。

と、ここでまた雨が降ってきたので急いで天守台を降り、結局じっくり見れなかった本丸を横目に
大手道の終わりまで戻ったら、最後に一瞬だけでもとダッシュで総見寺本堂跡方面に向かいます。

ずぶぬれ3分前だった瞬間


安土山(城)の西には総見寺本堂跡や、そこに建つ三重塔などが残っています。
安土城築城時、城の一角であるこの場所に織田家の菩提寺として信長が建立したんだそうです。
石段や礎石の残る本堂跡も本当はちゃんと見たかったんだけど、なんであと15分我慢できないのか・・
雨がいよいよすごくなってきて、もう寺跡の見学どころじゃない!! 石段を転がるように降りて 
明らかに古そうな三重塔だけ、ヤブ蚊にたかられながら木陰より垣間見てハイ終了〜(´Д`)

室町年間〜享徳三年(1454)建立、天文二十四年(1555)修理という古い三重塔らしいです。
築城時、どっかから持って来て移築したものなんだとか。チラッとしか見てないけど、
垂木なんか年季入っててすごかったわ・・・あ、これもちろん重要文化財です。

傘は必要だった瞬間


で、これが仁王門。やっぱり室町時代に建てられたもので、門も仁王像2体もそれぞれ重要文化財。
だけどじっくり見る間もなく、写真を撮ったこの位置までダッシュで駆け下り瞬撮してハイ終了・・。

せっかくリュックしょってるのにカッパを出してきちゃったワタクシおろかすぎる!!
いや、まて。カッパなんかいらん。必要なのはカメラ守れる折りたたみ傘だったわΣ(゚Д゚)!

覚え:登城時に必要な装備〜出来るだけ強力な虫よけマスト。カッパよりむしろ傘が必要。

とんだチラリズムだった瞬間


駐車場に戻って着替えてからジュースを買おうと休憩所に行くと中には天主の模型〜上の方だけがw
ここだけ見せられてもモヤッとするわ〜ということで復元された天主が展示された信長の館やら、
天主を真っ二つにして内部が見える模型があるという城郭資料館
やらに立ち寄ることにします。

名残り惜しんでいた瞬間


最後に・・城の敷地入り口に建つ安土城址碑をなでなで・・なぜに帰りがけ? 


さぁ、これでもう天気関係ない!! 次は雨の日も安心な城郭資料館と信長の館に向かいます。



*****ランキング参加中〜ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング
2013.08.09 Friday 20:35 | comments(2) | trackbacks(0) | 近畿(滋賀県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 20:35 | - | - | - | 
あも (2013/08/11 9:53 PM)
やっぱ史跡巡り再開ですね! 今は夏の陣で奈良にいますが暑すぎてひからびてますw 涼しくなったらぜひ(^_-)
ジョニー (2013/08/11 8:46 PM)
お疲れ様でした〜。安土城跡、久々に行きたくなって来ましたよ。