<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 信貴山城跡に登城! | main | 大納言塚で豊臣秀長のお墓参り >>

筒井順慶歴史公園でお墓参り

[筒井順慶] ブログ村キーワード

脱水寸前で信貴山城跡のある朝護孫子寺を後にして、次は大和郡山城へ行くことにします。
が、ちょうど道すがら「筒井順慶歴史公園」と「大納言塚」があるので立ち寄りますよ〜

通り過ぎた瞬間


ナビに住所登録したけど、そもそも番地がないのでドンピシャで公園にたどり着けず、
近くまで来たところでGPSをオンにしたGoogle map見ながら移動・・ちょっと行き過ぎたわw

目立たなかった瞬間


筒井順慶歴史公園は住宅街の中の一角にあります。目指してないとちょっと気づきづらいかも。
駐車場はないので路駐・・・時間かからないので、少し離れた迷惑にならなそげなところに停めました。
あ・・ちなみにココに何しに来たかと言うと、筒井順慶の墓所があるというのでそれを見にきたの。

あなどれなかった瞬間


入口入った正面に案内版が。地味でひっそりしてますが、国の指定文化財ですよ!
順慶さんは天正12年に郡山城中で亡くなり、奈良の円証寺に葬られましたが後に改葬し、
この地に埋葬されたそうです。1944年(昭和19年)重要文化財に指定されました。

イメージダウンの瞬間


山崎の合戦で明智光秀が加勢を求めたものの、順慶は洞ヶ峠で戦況を見ながら光秀につくべきか
傍観していたと言われ、そこから「洞ヶ峠」といったら日和見の代名詞に・・・
でも実際は洞ヶ峠にいたのは光秀で、順慶は大和郡山城で軍議をしていたんだそうな。

ほとんどの武将が参戦するか、あるいは細川父子みたいに完全に中立宣言するか旗幟鮮明にした中、
順慶さん、一度は参戦しかけておきながら引き上げちゃったのがポイント低かったのかもね(ノд-。)

軽く見くびっていた瞬間


18歳の時に興福寺で得度した順慶さんは、出陣する時も常に頭巾、金襴の守り袋をかけていたそうな。
能や和歌、茶の湯にも明るいインテリな部分も。人を殺すことを嫌って信長に怒られたとかも言うよね。

戦国史全般でもあんま単独スポット当たらないし、信長の野望でもパッとしないと思ってたけど、
一時はミスター下剋上の松永久秀に押されながら、でも大和でしぶとく生き抜いたのは順慶さん。
おまけに家臣にはあの「島左近」もいたじゃない。島左近は順慶の死後、士官の誘いを断りつづけ
三成に仕えるまでずっと浪人していた武将よ。色々考えると地味だけど順慶さんはすみに置けないねw

ちょっぴりお詫びの瞬間


五輪塔覆堂は天正12-13(1584-1585)年頃の建築で、桁行や梁間は一間、本瓦葺。
五輪塔は中にあるので見えません。法要とかそういう時だけ開かれるみたいですね。

せっかくなのでそっと合掌・・・信長の野望でいつも全く頼りにしなくてごめんねww


近く・・というか隣駅には筒井城跡というのもあるそうなのですが畑の中に城址碑があるだけで
駐車場もないらしいので割愛。豊臣秀長の墓「大納言塚」によって大和郡山城に向かいます。

・・・・しっかし暑っつい!!!




*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング



2013.09.06 Friday 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | 近畿(奈良県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 12:02 | - | - | - |