<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 桑名城に登城! | main | 桶狭間古戦場公園に出陣! >>

浄土寺にて本多忠勝のお墓参り

[本多忠勝] ブログ村キーワード

桑名城本多忠勝の銅像にうっとりした後は、近くにあるお墓にも行っちゃうわよ。

迷子になりかけていた瞬間


桑名城からそう遠くない浄土寺。本多忠勝が葬られ、菩提寺でもあったお寺です。
ナビでドンピシャでないし、2013年8月の訪問時は建て替え工事中のため寺だと気づかず、
このあたりなのにおかしいな・・と思いながら通り過ぎて、若干うろついた後に到着w

本当は奥に本堂があって、この碑の手前にお寺の門があったんですよね以前見た写真では。
1049年創建の古刹らしいのですが、写真の時も今の状態からもそういう感じはあんまりしない。

忠勝より幽霊アメだった瞬間


堂々たる碑が建っているのですが、忠勝の墓がどこだかの案内はありません。

幽霊アメ・・毎晩アメを買いに来る女の様子がおかしいのでアメ屋の主が後をつけると墓で消え、
消えたあたりから赤ん坊の泣き声がするので掘り返してみると、死んだ女に抱かれた赤ん坊がいて。
女性を手厚く葬って赤ん坊を育てたら、幽霊が買いに来たアメとして店はたいそう繁盛したと・・・
聞いたことあるこの話、このお寺が舞台なんだそうで、案内板にはその説明が書かれてます。

忠勝さんの墓は左奥にあるのが見えてるんだけど、どっから行けばいいんだ!! 

直進したいところが工事中で立ち入り禁止になっているので、しばしウロウロ・・・
ちょうどお墓詣りに来た人に聞いて、住職さんの住まいらしき建物の裏から回ります。




そんなに広くない墓地ゾーンに入ったら、奥に鳥居があるのでそれを目指せば忠勝さんのお墓。

本多忠勝は徳川四天王として「家康に過ぎたるもの」と言われた名将。
関ヶ原の後、10万石で桑名城主となり、慶長15年10月18日、63歳で死去しました。
生涯、五十余度の戦いで一度も傷を負わなかった忠勝は、小刀で名前を彫っていてうっかり指に
小さな傷を負ってしまい、「わしの命運もここまでか」と嘆いた数日後に亡くなったと言われます。

文字が消えかけてた瞬間


忠勝さんは菩提寺であるこの浄土寺で火葬され、大多喜の良玄寺に分骨もされたそうです。
法号は長誉良信西岸寺とか西岸寺殿前中書長良信大居士とかになるみたいですが・・読めないわ。
本多家の家紋「立ち葵」がハッキリ見えてるのが救いだけど・・にしても放置具合ひどくない?

地元愛足りなかった瞬間


案内版とか墓前に設置したり・・・いやそんなことよりもまず草むしりやメンテナンスが必要だ。
カッピカピの枯れた花なんかもさっさと捨てて、ちゃんと新しいのを活けてあげてほしいわ。
愛して誇りに思う地元の殿様が欲しかったワタクシに言わせれば、この状態ちょっとアリエナイ・・
と少々憤慨しながら、大好きな忠勝さんのお墓にいつもより念入りにお参りしておきました。


夏の陣2日目、これから愛知に移動して「桶狭間歴史公園」昼到着を目指します!



*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング
2013.09.25 Wednesday 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 12:25 | - | - | - |