<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 沼田城に登城! | main | 名胡桃城に登城! >>

正覚寺にて小松姫のお墓参り

[武将の墓] ブログ村キーワード

沼田城の後は、すぐ近くにある真田のゴッドマザー小松姫のお墓まいりもしておくことにしました。
小松姫は沼田城主だった真田お兄ちゃん信之さんの奥方。ワタクシはこういう女性が大好きで。

分かりづら目だった瞬間


立派な山門は万延元(1860)年建造、欅素木造り。周りは住宅街なのでめっちゃ目立ちます。
例によってナビが「?」なので沼田城の近くなのにえらい遠回りでの到着でしたΣ(゚Д゚)!

記憶を頼りにだった瞬間


山門をくぐってまっすぐ進むと左手に鐘桜と観音様が見えるので、お堂を目指して進みます。

小松姫は本多忠勝の娘で、稲ともよばれました。ゲームでは稲姫として登場しますね。
徳川家康の養子となり、天正17年(1589)に真田信之のもとへ嫁ぎました。
翌年、信之は沼田城主となり、慶長5年(1600)の関ヶ原では家康方につきました。

ホッとした瞬間


案内版が見えればひと安心。お墓は分かりづらいことが多いので調べていっても
「あってるよね? この辺よね?」と思いながらがほとんど。モヤモヤが晴れますw

No!と言える日本人だった瞬間


小松姫といえば、敵味方に別れた犬伏の別れの後、真田昌幸と信繁(幸村)が沼田城に立ち寄っても「
城主の留守に敵は城へは入れられぬ」と入城を拒否したエピソードが有名。

ここまでだと単なる「きっつい女」ですが、小松姫はその翌日、子供らを連れて
昌幸らが宿泊する寺を訪ね、対面の機会を設けました。その気配りに感動した昌幸は
「さすが忠勝の娘、この嫁がいれば真田の家は安泰だ」と喜んだと言われています。

小松姫は関ヶ原の後、昌幸や信繁助命嘆願のため養父である家康へ懸命の執り成しをし、
昌幸・信繁が九度山に蟄居した後も金銭の他、信濃の品を送って慰めつづけたそうです。

女丈夫と言われるほど気が強い反面、愛情深く細やかな気配りができる女性だったのね。
さすが忠勝の娘! ワタクシこういう女性は大好き。おまけに容姿端麗だいうからパーフェクトw

あやかりたいと思いつつ合掌の瞬間


総丈271僂諒篋印塔には『大蓮院殿英誉皓月元和六年庚申 二月廿四日 施主敬白』の刻銘が。
戒名は「大蓮院殿英誉皓月大禅定尼」 案内版には「大連院殿の墓」と書かれています。

信之は徳川についたことで沼田3万石を加増され、上田沼田合わせて10万石となります。
小松姫は倹約などにも努め、真田家を支えますが、元和6(1620)年に病いの療養のため
江戸から草津に来る途中、埼玉県の鴻巣で亡くなりました。享年48歳。

信之は「わが家の燈火が消えたり」といって悲しんだそうです。

小松姫の遺骸は火葬され、巣鴨勝願寺、沼田正覚寺、上田芳泉寺に分骨され、
元和8年(1622)10月、信之が松代に移封になると松代に大英寺を建立して
小松姫の御霊屋が移築されました。小松姫は愛されてたんですね〜羨ましいw

悔いが残った瞬間


ところでこの正覚寺には鈴木重則のお墓もあるそうなのですが、それが見つからず無念。

前回の「沼田城に登城!」で秀吉の命により、昌幸が居城であった沼田城を明け渡した後、
そこに入った北条家の城代、猪俣邦憲が和議を無視して名胡桃城を奪ったことが北条征伐のきっかけに
なったことをご紹介しました。この時、名胡桃城の城代を務めていたのが鈴木重則です。

重則は猪俣の策略と知らず、「昌幸から」と偽った書状を受け取ると20人ばかりの手勢を連れて
城を出てしまいます。しかし途中の岩櫃城で矢沢頼綱に会って謀られたこと知り、急ぎ城に戻るものの、
名胡桃城は乗っ取られた後。不覚を恥じた重則はここ正覚寺で自害したと言われています。

主君の真田昌幸が「沼田は渡しても名胡桃は絶対に渡さない」と粘ったほどの城をだまし取られ、
重則さんが悔しい、無念どころの話しじゃすまなかった気持ち、分かるような気がします。
秀吉と昌幸の出来レースだったって話もあるけど、どっちにしても無念は通りすぎるでしょ。

そんな重則さんのお墓もここにあると聞いたんだけど・・・・ない! 全然それらしきがない!!

一般の方のお墓もある所であんまりウロウロしすぎも良くないので今回はあきらめて('A`)
小松姫に再度お参りしたら、沼田城より断然期待できる名胡桃城に小躍りしながら向かいますw




*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング








2013.11.30 Saturday 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将ゆかりの寺社仏閣 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 21:22 | - | - | - |