<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 名胡桃城に登城! | main | 岩村城に登城!その1〜登城口から大手 >>

長年寺にて長野業政のお墓参り

沼田城名胡桃城から一変、群馬と言ったら箕輪城主・長野業政さんも忘れちゃいけない!
ということで(ついでに)たくさんある長野さんのお墓もごっそり参ってまいりましたw

大きなお寺だった瞬間


まずは高崎市の長年寺から。長野氏の菩提寺です。ナビで出てすんなり来れてよかったわw
開基は鷹留城の初代城主長野尚業。創建は文亀元年(1501)古いお寺なんだそうです。

坊さんが渋すぎた瞬間


お墓の場所が分からずウロウロしていたらお坊さんが出てきたので思い切ってお尋ねすると
長野様のお墓は本堂を上がって左手に行くとありますよ」と素敵なバリトンで教えてくれました。
長野様って響きにしびれてワタクシ、つられて思わず「長野様」と言い返してしまいましたww

ゆかりの地らしかった瞬間


お坊さんのおっしゃるとおり、本堂に向かって登っていくと左手に案内版が出ていました。
お寺の裏は戦国の当時、箕輪城防衛の重要拠点である鷹留城があったそうです。

雰囲気があった瞬間


小道を進んでいくと、何やらすごいような雰囲気が漂ってきました。密集度高っ!!
左側に並んだ小さな石塔は家臣のものなのでしょうか?結構な数が並んでます。

ツワモノだった瞬間


五輪の塔がずら〜り。正面に並んでいるのが長野氏七代のお墓なんだそうです。

長野氏は関東管領山内上杉氏に属する箕輪の豪族で、周囲の豪族をまとめており、
その集団は箕輪衆と呼ばれていました。上杉氏が北条氏康による川越野戦で大敗し、
上野を追われた後も北条氏に従わず、関東管領職と山内上杉氏の家督を継いだ
長尾景虎(上杉謙信)に従って北条氏と戦います。

上野には武田信玄も侵攻を開始しますが、箕輪衆は6度にわたってこれを退けました。
信玄は「業政ひとりがいる限り、上野を攻め取ることはできぬ」と言ったそうな。

リアルお墓だった瞬間


初代長野業尚から左右に3基づつ七代の五輪塔が並んでいるようです。
墓石の最下段である方形石の地輪正面に、それぞれ戒名が刻まれている・・と。

ぴったりだと思った瞬間


その業政さんの五輪塔(右から2番目)に刻まれた戒名がこれ。「一清長純居士」 
死に際、業政さんは嫡男、業盛さんにこんな遺言を残しています。

ブレない男だった瞬間


我が葬儀は不要である。菩提寺の長年寺に埋め捨てよ。
弔いには墓前に敵兵の首をひとつでも多く並べよ。決して降伏するべからず。
力尽きなば、城を枕に討ち死にせよ。これこそ孝徳と心得るべし。

業政の死を知った信玄は「上野を手に入れたも同然」とすぐ箕輪城に兵を出します。
業政の嫡男、業盛は1500の城兵で武田軍2万を迎え撃ち、力の限り奮戦しますが、
上杉の援軍も間に合わず城内で自刃。箕輪城は陥落しました。

大国にはさまれ、他にもっと生きる道があってもそれを良しとせずオレ流を貫いた業政さん。
長野家が滅亡しても「我が人生に悔いなし」と思っているでしょうか。

不器用で下手な乱世の生き方だろうけど、ワタクシは業政さん案外好きですw
戒名の「一清長純居士」というのも、想像する業政さんの生き様に合っているような。


長年寺を後にして、関越自動車道に戻る感じで、今度は箕輪町にある長純寺へ。


ひっそりしていた瞬間


長野業政のお墓や供養塔は長年寺、これから行く来迎寺、そしてここ長純寺にありますが、
ここ長純寺が一番、箕輪城には近いです。でも実際は墓ではなく供養塔らしいんだけどw

親切設計だった瞬間


山門をくぐって本堂を正面に見て左に向かうと、こんな案内版が見えてきます。
案内版では「墓所」となってますね。でもあるのは供養塔です。

先が見えな過ぎた瞬間


進んだ先にまた案内板が出てきました。いったいどこまで行けばいいんだ?
案内あるから合ってるんだろうけど、すごいところに連れて行かれそうで少々心配。

疑りはじめた瞬間


えーーーマジで!? どんだけ奥というか上にあるのよ。ちょいと心細くなってきました。
気楽に来たけど実は寺域を超えて山の中とか・・そういうオチじゃあるまいかといぶかしみます。

多少ホッとした瞬間


それらしいところに着いたけど、まだ先があるようです。完全にじらしプレイですね。
秋なのに変な虫が飛び交う木々のトンネルの中を歩いて、供養塔に向かいます。

薄暗すぎた瞬間


うわ、暗っ!! 夏はヤブ蚊が多そうで来るのにとても勇気がいる場所ですね。

業政公は長野氏60年間の箕輪城主の中でも最も智・仁・勇を兼ね備えた
名将の誉れ高い城主であり、武田信玄の数度にわたる猛攻にも屈せず、
長野氏の全盛期を築き上げた武将である・・・ということが案内版に書かれてます。

しつこいVSしぶといの戦いだった瞬間


地味なローカル戦だけど、何がなんでも上野を手に入れようとするしつこい武田信玄と
どんな手を使っても撃退するしぶとい長野業政の攻防はちょっとすごい。6度もだからね。
業政の死後は嫡男・業盛の奮闘もむなしく、結局、箕輪城は陥落してしまうのですが。

武田・北条・滝川と支配が変わる中、長年寺や来迎寺などとともにお墓や供養塔が
きちんと残っているというのは、地元の人に愛されていたからなんだろうな〜と思いました。


長純寺の後は最後の来迎寺にも寄っておきます。これは長野氏累代の墓なので本当についでで。


分かりづらすぎた瞬間


通りから一本奥まったところにあるので、通り過ぎてから気づいて戻ってきました・・。
長野業政(と他6代)のお墓があった長年寺(ここが一番ホントのお墓)。
長野業政の供養塔があった長純寺(箕輪城に一番近い)。
そしてここ来迎時は「長野氏累代」てことで正直、誰かはわかりませんが(!)
他の2つのお寺から遠くないので帰りに寄ってみた次第。長野さん愛されてますw

お寺っぽさが薄かった瞬間


完全に今風のお寺で一見、長野氏累代のお墓があるように見えない。
墓所は本堂の左手にあります。お寺の方がいたので挨拶してささっと回り込みます。

少々怖かった瞬間


墓所の入口にある案内版によると・・・

長野氏が武田信玄に攻められて滅亡して後、周囲の畑の中に崩れ落ち
埋没していたものもあったが、大正12年の墓地整備の際に子孫の人に発掘され、
現在の場所に安置したものである。五輪塔・宝篋印塔合わせて30数基が並んでいる。

だそうです。業政さんとか業盛さんとかモロ「長野氏」じゃなくて女子供から分家から何やら・・
箕輪にいた長野さんたち的なお墓なのかもしれない。でも夕暮れのこの雰囲気の中でそう思ったら、
時代は違うけど「耳なし芳一」のワンシーンが頭をよぎり「ありだな」と思ったりもし。


とにかく愛されていた瞬間


箕輪城主長野氏始め武士の墓 と書かれた卒塔婆じゃないけど、そんなのが建ってます。
苔むした五輪塔の中には年号が刻まれたものもあり、古いのは間違いないようです。


散々あちこち回った最後に寄り道したので、すっかり秋の夕暮れ・・
長野業政のお墓は由緒ありそな最初の長年寺が一番 雰囲気あってよかったです。

歴史の波にのまれて散って行ったマイナー武将も魅力的な人はたくさんいますね!
ワタクシ的に食いつく武将はマイナーだろうと、これからもロックオンしていくつもりよw

群馬攻略はこれにて終了〜岩櫃城と厩橋城(前橋)を残したことが心残りだけど、
岩櫃なんかは体力とも相談しなきゃいかんので、またそれは折りを見てってことで・・Σ(゚Д゚)!


ここでケチった体力を次回、岩村城・苗木城に費やします!!


岩村城に登城!〜に続く



*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング
2013.12.09 Monday 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 18:01 | - | - | - |