<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 岩村城に登城!その2〜八幡曲輪から本丸 | main | 苗木城に登城! >>

岩村城に登城!その3~本丸から出丸

[日本百名城] ブログ村キーワード

六段壁から長局門跡と興奮状態で登ってきて鼻息荒いまま、いよいよ本丸突入です!

戦国に浸っている瞬間


山のてっぺんだだけど本丸もなにげに広いのよ。信長もここに立ったのね。死の80日前に・・
岩村城には遠山氏の、そしておつやや秋山信友の歴史もあるのに、あえてそこに食いつきますw

ご満悦の瞬間


本丸には納戸櫓など二重櫓2棟、多門櫓2棟が石垣上に構えられていたそうです。
が、内部に施設はなく広場になっていたっていうから、この風景ほぼまんまってことよね。
岩村城は日本一高いところにある山城だけど窮屈な感じが全然ない。防御があまりに厳重で
やる気マンマンだけど、曲輪も空間も細切れすぎず、城全体でダイナミックなのがいいわ。

恵まれていた瞬間


ここまでで3つ目・・一番山上の本丸にも井戸。山城だけど水が豊かで籠城もこれなら安心w
防御万全で城兵が効率よく守れた上、水の心配がなければ援軍来る前提の場合はイケちゃうね。

問題なかった瞬間


本丸からは出丸が見えます。ここが本丸直前まで来れる車で登る場合の駐車場です。
岩村城ってワタクシが登ってきたルートだと門に次ぐ門で厳重な守りだったけど、
本丸の先にあるのは出丸だけ。でも急斜面で帯曲輪もあり防御はこれでバッチリなのね。

腕前が残念すぎた瞬間


六段壁に次ぐ岩村城の見どころのひとつ本丸埋門跡がこちら。なんでこんな曲がって撮ったんだ?
右側に二重の納戸櫓が建ち、正面に櫓門のある厳重な搦手門だったそうです。石垣の積み方が
少々違うところがあり、左手の方は江戸初期の頃に積まれたものだと案内板に書いてありました。

攻め手気分になった瞬間


せっかくなんで埋門からあえて本丸の方に向かってみます。櫓門が頭の上にあったとして
ここをくぐりますと前は石垣なのですぐ左手に曲がるわけです。しかし曲がったと思いきや・・

キルゾーンだった瞬間


おっと〜また曲がるんかい! てな感じで今度は右に曲がります。しかも通路めっちゃ狭いし。

勝手口的だった瞬間


ただでさえ狭いのに、こんなところにも何かちょっとした門扉みたいのがあったのか?
通路にそぐわないサイズの礎石らしきものがあって、どんだけ厳重なんだと勝手に驚きます。

完全にクランクだった瞬間


何のかんの考えるより上から見た方が分かりやすかったわ・・本丸のへりに立って見下ろしてるけど、
実際は納戸櫓や門などがドーンと建ってるわけなので、キツキツ感や圧迫感は相当だったでしょうね。

労力にためいきの瞬間


で、またクランク通って埋門まで戻り、帯曲輪を通って今度は出丸の方に向かいます。
本丸の周りは出丸につながるようにぐるーっと帯曲輪があるんです。しかし石垣はんぱないわ。

なぜか攻め手側になってる瞬間


迫力すぎて出丸に向かう途中、何度も振り返ってしまった。しかし岩村城どんだけ念入りなんだ!
二俣城と同じく結局、力攻めでは一度も落ちてないから、秋山信友がウルトラC攻略を考えるのも無理ないかw

やっぱ厳重すぎた瞬間


出丸には建物建ってますが中は・・何? 土産物屋と聞いたことがあるけど中は空家状態でした。
出丸は本丸南面の防衛施設で、櫓が2つ多門が3つあって帯曲輪からしか入れなかったそうです。

苦労の末に得たものは大きかった瞬間


出丸に車を停めると正面に見えるのがこの風景。本丸まで150メートルと書かれてます。楽ちん。
でもワタクシは今回、800メートル下から登って本当によかったと、ここで改めて思いました。

登った分のもとを取る瞬間


800メートル登ったということは車までまた800メートル降りるわけだけど、下りは早いワタクシ。
とはいえ、下りで見る風景にはまた違う発見があったりで、今回はけっこう時間をかけて下山。
2時間以上山の中にいて降りたら晴れ間も出てきて、太鼓櫓もマシな明るさで撮れましたわw

仕事も登城も同じだった瞬間


さぁ開館している岩村歴史資料館で100名城スタンプもらって次行こう〜と思いきや、
駐車場には何やらたくさんの車が・・・あとで撮ればいいやと思って登山前はスルーしたんだけど、
薄曇りで写真撮るには暗かろうが、朝早く行ったら撮れる時に撮っとけ!という残念な例です(´Д`) 

早駆はお得だった瞬間


なんだよ〜この混み具合?と思ったら岩村にゆかりのある誰だかの何回供養とかなんとか・・
そういや朝、あの人がいる場所に何かの胸像があったの見たわ。おかげで車出すのも一苦労。
この時点で10時過ぎだけど、この時間に来てたら車停めれなかったわ〜危なかった!!


日本三大山城のひとつ岩村城。備中松山高取、岩村とワタクシこれでめでたく3つ制覇。
ワタクシ的には備中松山城が第3位。現存天守さっぴくと規模や迫力はあと2つのが上に思えて。
高取城、岩村城は規模や迫力ともに甲乙つけがたいけど、どっちかしか再登城できないとしたら
って究極の選択を考えた場合は、迷わず岩村城かな〜と思うので、高取城が2位ってことでw


山城サイコー!!と興奮しているワタクシは、憑りつかれたように次なる苗木城に向かいます。


苗木城に登城!〜に続く。




*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング
2013.12.26 Thursday 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) | 中部(岐阜県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 19:11 | - | - | - |