<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 苗木城に登城! | main | 建福寺にて由布姫のお墓参り >>

長岳寺にて武田信玄と馬場信春のお墓参り

[戦国] ブログ村キーワード

あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします(*^-^)


苗木城から高遠城に向かう道すがら、ちょいと寄り道して長岳寺にやってきました。

ひっそりとしていた瞬間


長野県下伊那郡阿智村駒場にある長岳寺。信玄のお墓は以前、ご紹介した愛知県設楽の福田寺
甲府の信玄公墓所(火葬塚)の他、恵林寺など色々なところにあるけど、今回は駒場でなんだかリアルw

すれ違った瞬間


ここ長岳寺は拝観料払うと、信玄の遺品が拝めるらしいので出来れば見たいわ〜と思って着いたら、
なんと住職さんがお出かけするところ・・・挨拶しながら「行かないで〜」と心の中で涙します。

こじんまりしていた瞬間


誰かいたら拝み倒そうと思いながら山門を入って本堂へ。この中に遺品があるらしいんです。
こちら長岳寺は信玄を火葬にしたと言われるお寺。甲府の信玄公墓所も火葬塚と言われていて「どゆこと?」
と思うけど、野田城攻略中に病に倒れた信玄は甲府に戻る途中、駒場で亡くなったと言われるからね。

遺品が気になって仕方がなかった瞬間


本堂のガラスに貼られたチラシ(?)にも武田信玄公終焉地と書かれています。
信玄は自分の死を「3年の間は秘密にせよ」と言ったとされてるくらいだから、
実際にどの地点で亡くなり、遺骸や葬儀はどうだったのかハッキリしてません。
でも駒場で急逝したというのが定説のようなので、そういう意味でここはリアルよ。

本堂の横にお住まいと思われる建物があるので、奥様でもいればな〜と声をかけたけど、
誰もでてこないので遺品はあきらめることに。兜の前立てだったけな?・・見たかったなぁ。

切り替えが早かった瞬間


気を取り直して本来の目的であるお墓参りをします。本堂の右手奥にあるようです。
小さなお寺だけど手入れが行き届いてます。山ではイマイチだった紅葉も味わえて〇。

それでも合掌の瞬間


信玄のお墓というか供養塔は迫力の十三重塔。正式には信玄公灰塚供養塔になるのね。
この塔は四百年祭りに火葬塚より灰を移し、供養塔としたものなんだそうです。

普通すぎてリアルだった瞬間


野田城攻略中に肺の病が重くなった信玄は甲府へ戻る途中、駒場の山中で死去したため、
この地を守っていた馬場美濃守と図り、信玄公の死を秘めて身代わりを甲州に送り火葬にした

といったようなことが供養塔の前にある案内板に書かれています。

甲府の信玄火葬塚のところでも、駒場で臨終を迎えた信玄は肌身離さず持っていた
刀八毘沙門・勝軍地蔵を馬場信春に渡して円光院に収めるよう託し、自分の遺体も
円光院に葬るよう遺言したと言われている・・という話があったのを思いだします。
どこに葬られたかはともかく、駒場で臨終を迎え、看取ったのはやっぱ馬場さんだな、
と勝手に納得すると、この案内板に書かれたこともよりリアルに感じてきますw

女心は複雑だった瞬間


供養塔の下の部分には「武田信玄公供養塔」という文字が刻まれています。
駒場で亡くなった信玄は「火葬された」っていうのが多分アリなんだろうと思います。
けど「諏訪湖に沈められた」ってのも大物ならではのロマンがあっていいんだけどねw

大き目が希望だった瞬間


で、ここでもやはり「信玄のあるところ美濃守あり!」ってな感じで設楽町の福田寺と同じく
馬場美濃守信春の供養塔もありました。小さすぎなのが少々気になりますが仕方ないかw
信虎信玄勝頼の3代に仕え、長篠の合戦,で戦死した馬場さんはきっとあの世でも信玄の側。

ちなみに馬場さんのお墓は長篠城近くや、山梨の自元寺にもあります。

勝手にロマンに浸る瞬間


2つの供養塔の位置関係はこんな感じで。信玄の供養塔の右手に馬場さんの五輪塔があります。
色んな小説で読んだ信玄が倒れた後の野田城からの撤退や、信玄の死後のくだりがミックスされて、
2つの供養塔を見ながら、ワタクシ勝手に自分の好みのシーンを思い浮かべてトリップしてましたw


信玄の遺品を見れなかったのが残念。こうなりゃリベンジ・・いや、多分しないなw
もしかしたら歴史人とか戦国本とかに写真載ることがあるかもしれないから待つよろし。


信玄ワールドを妄想したところで次は高遠城とその近くにある信玄の側室で勝頼の母、
由布姫仁科盛信のお墓に向かいます。秋の日暮れは早いからモタモタしないで行かなけりゃ!


建福寺にて由布姫のお墓参りに続く



*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング
2014.01.02 Thursday 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 13:09 | - | - | - |