<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 長岳寺にて武田信玄と馬場信春のお墓参り | main | 高遠城に登城! >>

建福寺にて由布姫のお墓参り

[戦国] ブログ村キーワード

長岳寺で信玄のお墓参りをして高遠城まできました。先に由布姫のお墓参りをしておきます。

息切れしていた瞬間


建福寺は高遠城からほど近いところにあります。駐車場ないので近くの商店街のを利用。
商店街からエッチラオッチラ階段上っていくと、山門が見えてきます。

由緒があった瞬間


立派な本堂。鎌倉時代からあるお寺で武田勝頼保科正之など高遠城主との関わりが深く、
古文書なんかもたくさん持っているのだそう。屋根には三つ葉葵の紋なんかもあったりします。

違和感ありまくりだった瞬間


本堂の左手にある墓域の最前に由布姫 with 保科正光・正直のお墓があります。

由布姫は諏訪頼重の息女で、天文11年(1542)に諏訪家が武田信玄に滅ぼされた時、
側室となって甲府に移り、勝頼を生みました。体があまり強い性質ではなかったらしく、
勝頼が10歳の時に病没。勝頼が城主であった高遠の建福寺に葬られたそうです。

並びに首をかしげる瞬間


3つのお墓が並んでいまして・・向かって左から保科正光、正直、そして由布姫です。

親孝行だった瞬間


保科さん2名の墓はおいておき、左側の由布姫の墓にフォーカスしますw

父を殺した敵の側室となった由布姫は、諏訪氏再興を願って勝頼を産みます。
信玄は諏訪衆を取り込むため、勝頼を武田の後継ぎに指名せず「諏訪四郎勝頼」と名乗らせ、
高遠城主としました。勝頼は由布姫がなくなると供養に努め、元亀2年11月に大龍山臨済寺の
鉄山和尚を招来して高遠城で17回忌を執り行ったそうです。母親大事にしてたらしいもんね。

女ごころは謎過ぎた瞬間


敵の側室となって子を産み、その子、勝頼が成人する前に亡くなった由布姫。
信玄はとても大事にしたというけど、由布姫はどんな思いだったんでしょうね。
割り切って勝頼を育てて幸せだったのか、ありえないと思いながら暮らしてたのか・・

信玄の正室、三条夫人にしても旦那が突然、甲府に由布姫連れてきて寵愛しだすわけよ。
正室の立場考えてくれれば割り切れるのか、内心煮えくり返っていたのか・・わからんわぁ。

ワタクシは女だけど戦国の時代に生きた女性の気持ちや考え方は全く想像がつかない。
武将の生き様や死生観を理解するよりもっと難解。やっぱ前世は男だったかな(*°∀°)=3

結果論だった瞬間


法名を乾福寺殿梅岩妙香大禅尼。甲府では諏訪御料人と呼ばれていました。

諏訪家を滅ぼし由布姫に子を産ませた信玄でしたが、武田家が滅亡した時の当主は
信玄が後継ぎに指名しなかった諏訪家の血を引く勝頼でした・・ってよく表現されますね。

由布姫の墓はきちんとお花が活けられ、丁寧に扱われているのがよかったわ。
由緒あるお寺にある有名武将の墓でも、ろくに手入れされていないのとかもあり、
そういうの見ると何だか物悲しい気持ちになるものでね・・・年かしら(´Д`)


女丈夫と言われるような表に出る女性はまだしも、外に出ることのない女性の場合、
生活や生き方が全く分からないから、お墓に来てもなかなか思い入れしづらいね。
ついつい信玄が、勝頼は、勘助が・・と武将ベースの切り口に思考が行がちになるわw


次は高遠城に向かいます。ついでに仁科五郎盛信の銅像と祠も根性で探しあてる予定w





*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング
2014.01.04 Saturday 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将ゆかりの寺社仏閣 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 19:22 | - | - | - |