<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 誓願寺にて片桐且元のお墓参り | main | 良玄寺にて本多忠勝のお墓参り >>

丸子城へ登城!

誓願寺で片桐且元のお墓参りをした後は目の前の丸子城へ!

高めていた瞬間


誓願寺の目の前にある丸子城跡の説明版を読み、ワタクシ気持ちをアゲております。
丁子屋のとろろ汁が食べたかった・・お腹すいたわ〜力が出ないわ〜と思いながらwww

やっぱ萎えていた瞬間


丸子城のある三角山は標高136メートル。登りが苦手なワタクシにはこれでもキツさ充分。
動悸・息切れ・脚があがらない・・・ネガティブなシミュレーションをして覚悟を決めます。

言いわけがましかった瞬間


丸子城の登り口は2つあって、誓願寺側から登ると武田時代、駿河匠宿から登ると今川時代の
遺構があるんだけど、ワタクシは車をおいた都合で中ほどまでで戻ってくる感じで行きます。

行くしかなかった瞬間


案内も何もないけど登り口はここしかないから、とりあえず登って行きます。

BGMが浮かんだ瞬間


〜君の行く道は 果てしなく遠い だのになぜ歯をくいしばり 君は行くのか そんなにしてまで

しばらく階段が続きます。歩幅が合わなくて疲れます。頭の中で「若者たち」が流れ始めました。

不安になってきた瞬間


いよいよ階段もなくなりました。両サイドは斜面になってるけど遺構は何もないです。
息切れが激しくなると同時に、案内が出てこないので合ってるのか心配にもなってきます。

しょぼすぎた瞬間


ヨロヨロしながら登って行くと、ようやく案内板を見つけてホッとしたのと同時に、
あまりのハンドメイドさに「イタズラじゃあるまいな」と思ったのは紛れもない事実。

狭すぎた瞬間


しょぼい案内から少し登るとやっと出曲輪に到着。階段の踊り場みたいな感じです。
ここまで来ればチョロっと登れば、千畳敷と言われる本丸はすぐ。少々元気が出てきます。

乱れすぎだった瞬間


ゼエゼエしながら千畳敷に到着!! 歩みが遅くて休憩多いから長かったわ。(普通の人はたぶん15分)
ここは武田時代の主郭で、30×80mくらいの広さがある丸子城の中で一番大きな曲輪です。

丸子城は応永年間(1394-1428)築城とされ、今川方の斉藤加賀守の居城でしたが、
永禄11年(1568)武田信玄は甲相駿三国同盟,.を破棄して駿河に侵攻。
焼き討ちして今川勢を撃破すると、丸子城に重臣山県昌影を入れて守りを固めました。

天正7年(1579)勝頼の頃になると家康の西駿河侵攻に備えて丸子城は大改修されますが、
天正9年(1581)高天神城落城を前に徳川方に明け渡され、家康の関東移封に伴い廃城になりました。

ガン見の瞬間


武田氏時代に大規模な武田流の大改造が行われ、私たちが目にする丸子城が形つくられた。
丸子城での戦いの記録はなく、武田勢は退いたものと思われます・・などと書かれています。

大ざっぱだった瞬間


本曲輪の西側にある食い違い虎口。ここを少し下ると物見曲輪と丸馬出があるそうです。
そんなに詳しい縄張り図がないので手さぐりだけど、気が変わらないうち突撃〜!!

分かりづらかった瞬間


西側なんで思いっきり夕方の日差し逆光・・余計な影が多くて分かりづらいけど物見曲輪の跡。
腰曲輪ともよばれます。武田時代には城の西側に重点おいて改修されたんですね。

残念な人だった瞬間


物見曲輪から丸馬出の方を見たところ・・・のはずだけど写真だと何だかよく分からない(ノД`;)
下に降りて三日月堀は見たけれど、明るさや角度のイケてる写真がなく残念でした。

さらに残念な人すぎた瞬間


食い違い虎口の方に戻って二の曲輪・三の曲輪に向かうことにします。丸馬出の先を下ると、
まだ長大竪堀があったのに、気付いたのは帰宅後のこと。まったく下調べが足りませんでした。

単なる斜面に映っていた瞬間


本曲輪に戻って今度は東側にある平虎口。この先は5段の曲輪が下に段々になっているようです。
が、樹木越しに下をのぞいても正直、何段だか分からず、写真も何を撮ったやらという感じで。

甘くなかった瞬間


こちらは枡形虎口。写真は二の曲輪側から見たところ。ここから本曲輪に入ります。
枡形虎口の手前は少々広く見えるけど、どっこい二の曲輪へはすんなり続きません。

現場が一番だった瞬間


枡形虎口から下りてくると堀切があって、ここは橋台跡と案内版が立っていました。
当時はここに木橋がかかっていたみたい。しっかし写真だと高低差や規模はさっぱりだね。

軟弱だった瞬間


橋台跡のところの堀切。奥は本曲輪の外側の空堀伝いに、さっきの馬出曲輪に繋がるようです。
強靭な足腰とフロンティア精神があれば馬出曲輪からこっち伝いに二の曲輪にも来れたわねw

わき見が大切だった瞬間


二の曲輪は細長いです。たいして広くもない正直どうってことない空間です。
東側をのぞくと元々の山の急な斜面、でも西側をのぞいたら見どころがありました。

念入りすぎた瞬間


西側は本曲輪から二の曲輪と移動しても、引き続きとても厳重な感じです。
奥にずーっと続くダイナミックな横堀が見えました。西に意識集中。防御力高そうだ。

タイムリミットだった瞬間


二の曲輪から西を見つつ進んでいくと、しょぼい三の曲輪を抜け、北曲輪に到着。
この北曲輪と先にある大手曲輪側が今川時代の縄張りだと言われているようです。

この北曲輪の回りにはワタクシでもわかる土塁や武者走り、竪堀なんか見られます。
でもそろそろ山の中は薄暗くなって、ますます写真では竪堀なんか表現されず・・・

車を停めたところに戻る都合もあるので、大手曲輪には行かずワタクシここで終了。

丸子城は西側は防御施設でガード、北側は北曲輪、大手曲輪を配置して厳重に。
下調べ不足でも遺構は良く分かるし、縄張りの意図も分かりやすい城跡でした。


遅ればせながらこれで2013年の登城エントリー完了!! ・・Σ(゚Д゚)!遅っ

次回から2014年 正月登城の千葉攻略編!! 忠勝サマで年明けよw


良玄寺にて本多忠勝のお墓参り へ続く



*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング




2014.02.28 Friday 12:50 | comments(4) | trackbacks(0) | 中部(静岡県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 12:50 | - | - | - | 
あも (2014/03/04 10:31 PM)
源之助さん

初めまして!コメントありがとうございます!
津山城登城お疲れ様でした。広い城址公園回されますねw
ワタクシ登城してだいぶ経つな〜
また機会があれば春、櫓が桜に浮かんでいるようなのが見たいです。
まもなく登城シーズンですね!
がんばっていきましょ(^_^) これからよろしくね!
源之助 (2014/03/04 9:11 PM)
初めまして、あもさん。
ブログいつも楽しく拝見しております。
同じく城が好きで100名城スタンプも集めています。戦国時代がかなり好きです。
今日は津山城に遠征しました。ホントに迷路みたいで、迷ってしまいました(^-^ゞちょっとテンパった瞬間でした。

あも (2014/02/28 8:44 PM)
あきおうさん

初めまして こんばんわ!コメントありがとう(*^-^)

エントリー書くのも時間かかるし、読んでくれる人も大変だと思いつつ、
登城した時の流れとか勢いとかそのまま残したくて、分割しないようにしてます。
そんなところまでわかってくれてる人がいるんだと思うと感動!!

2014年もぶっとばして行きますw これからもよろしくお願いします!!
あきおう (2014/02/28 2:06 PM)
はじめまして。
いつも読んでます。文章が面白くて引き込まれますね。
1回の登城をストーリー仕立てで1−2ページぐらいにまとめて書かれているのが読み易くて気に入ってます。1記事書くのに結構な時間がかかってると思います。ホントおつかれさまです。

2014年もこのちょーしで突っ走って下さい! :^)