<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 善導寺にて榊原康政のお墓参り | main | 犬伏の別れの地探訪! >>

俵藤太(藤原秀郷)のお墓参り

館林市の善導寺から皆川城を目指しつつ、通り道の佐野市でちょいと寄り道。

寄り道1つ目は藤原秀郷さんのお墓。ムカデ退治で有名な俵藤太とも呼ばれるアノ彼。
佐野市は秀郷さんが築城し、祀られてもいる唐沢山城があってゆかりの地なんですね。

とはいえ・・・

やっと探し当てた瞬間


んまーーーー場所が分かりづらかったこと。そもそもナビでドンピシャ目指せないので、
近くにある「道の駅たぬまどまんなか」を目印に接近。そっからグーグルマップに切り替え、
じわじわ近づくんだけど、入口になる角が狭すぎて分からず行ったり来たり怪しいワタクシ。
うろつくこと数分・・車1台やっとの生活道路を通り住宅街に入ることに気付いた次第w

豪気すぎた瞬間


藤原秀郷さんは平安時代中期の武将で、「平将門の乱」の時に本拠地へ攻め込み、
将門をみごと討ち取って乱を鎮圧した武勇の人。この時代のスーパーヒーローです。
秀郷さんはこの功で従四位下を与えられ下野守、武蔵守、鎮守府将軍に任じられました。

また伝説として残っている有名な「ムカデ退治」というのは・・

瀬田の唐橋の上に大蛇が横たわっているのを見て、他の者が恐れて通らない中、
秀郷さんは大蛇を踏みつけて橋を渡ります。実はこの大蛇は琵琶湖に住む龍の化身。
龍は肝っ玉の据わった秀郷さんに悩まされている三上山のムカデ大事をお願いします。
秀郷さんはさっそく三本の矢を持って三上山に向かい、三本目の矢で見事ムカデを退治。
退治のお礼に龍から俵などを貰ったことから「俵藤太」と呼ばれるようになりました。

ってやつですね。ムカデにビビる龍もどうかと思うけど、まぁそれはおいといて。
大蛇を踏みつけ大ムカデをやっつけ、かの将門さえも蹴散らす秀郷さんはブラボー!

大人気だった瞬間


ハンパない怨霊として扱われる将門の方が色んな意味でメジャーだけど、
秀郷さんの方も実はあやかりたい繋がっていたい人が多かったカリスマでした。

源氏平氏に次ぐ武家の名門として小山氏・結城氏・佐野氏・藤姓・佐藤氏・太田氏・・
嫡流はもちろん後裔を称した人を含め、秀郷さんには後裔氏族がたくさんいます。

ワタクシは贔屓の蒲生氏郷がすぐ思い浮かびますw

お墓も佐野市のこの場所とは別に、群馬県伊勢崎市にもあるんだそうですよ。

一説によると「当時の」イケメンでもあったらしい秀郷さん・・・
強い、名門、イケメンと来たらそれはモテモテだったことでしょうねw



犬伏の別れの地探訪!〜に続く




*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング

2014.04.24 Thursday 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 19:59 | - | - | - |