<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 皆川城に登城! | main | 大中寺にておとら様の墓参り >>

金剛寺にて皆川広照のお墓参り

[戦国] ブログ村キーワード

皆川城を後にして、皆川氏歴代の菩提寺「金剛寺」にやってきました。

近すぎた瞬間


皆川城からほんの数百メートル。周囲は田畑で何もないので本丸からも丸見えだった金剛寺。
参道まで来たけれど、お彼岸の最中だったけど車の出入りも人の気配もあんまりありません。

ひっそりしていた瞬間


入り口に到着!左手に広い駐車場があります。何台か車はあるけど人の姿はやっぱり見えず。

さざえっぽかった瞬間


入り口で後ろを振り返ると皆川城の全景が見えます。少々サザエにも見えなくない・・・
サザエでございま〜すΣ(゚Д゚)! サザエ城じゃなくやっぱり法螺貝城でいいんだわw

きっかけがなさすぎた瞬間


境内に入ってまずは本堂でお参り。金剛寺には皆川広照が着用した南蛮鎧兜や広照の子、
隆庸が寄進した薬師如来像などがあって市の文化財となっているとのこと。
住職さんとかお寺の方がいたら・・と思ってキョロキョロするんだけど人影は未だなし。

すぐ見つかった瞬間


本堂の左手に皆川歴代の墓所がありました。案内板には↓なことが書いてあります。

藤原秀郷を祖とする皆川氏は長沼五代を経て、長沼五郎秀宗の時にこの地に移り
その子氏秀に至り皆川姓を名乗り、永享元年(1429)観音山に皆川城を築きました。
皆川広照の代、秀吉の小田原攻めに際し家康のもとに降伏し、旗本として幕府に仕えました。

おもむろにイン!


墓所にはずらーーっと皆川氏歴代の墓石が並んでいます。案内板によると戦国時代より
遺骸は必ず菩提寺である金剛寺に葬られ一代も欠けることなく現在に至るんだそうですよ。

勢ぞろいだった瞬間


入り口から見て墓域の一番奥にあるのが、皆川広照のお墓。色んな墓石が並んでいるけど、
広照さんのはスラッとしてて石の劣化もあまりなく、一番きれいな気がしました。

スゴ腕だった瞬間


墓石ごとに誰のものか書かれた板が立っているので、分かりやすくてよいです。

皆川歴代城主の中で一番名君だったと言われているのがこの広照さん。
信長の野望だと浪人登場で扱いイマイチ悪かったりする場合もあるんだけど、
先見の明があり、乱世を生き抜く嗅覚が冴えてる人だったようです。

広照さんは天正9年(1581)、信長に馬を贈って礼状をもらっていて、
家康もそれを喜んだという記録があるのだとか。武田がようやく滅ぶかって頃に
栃木にいる広照さんが信長に誼を通じておこうとしたって結構すごい。

残念ながら信長は翌年、本能寺の変で死んでしまい、広照さんはその後、
時節の流れで北条方として小田原攻めに参陣するけれど、開城前に城を抜け出し
家康を通じて投降、皆川は安堵されたんだから、はしっこいことこの上ないです。

信長がもし本能寺で斃れていなかったら、広照さんの運命も変わったかもしれないね。

厳かすぎた瞬間


広照さんの墓の並びには初祖や初代など始め、皆川の中でもビッグネームがずらり。
戦国の頃から一代も欠けることない歴代墓所ってのも改めて考えるとすごいことよね。

男気っぽかった瞬間


北条高時に背いて一時断絶していた皆川氏だけど、室町期になって奥州に逃れていた
長沼秀宗さんが下野に戻ったことから皆川氏は復活。第2次皆川氏の初祖というわけです。
ちなみに長沼というのは皆川を名乗る前の名前。皆川庄に居を構えたから皆川を称したのね。

こだわりだった瞬間


で、こちらが初祖広宗さんの子、氏秀さんのお墓。皆川城を築き改めて皆川を称したのは
この氏秀さん。ということで初代となっております。ややこしいけどそういうことですw

思いに寄り添う瞬間


最後の城主広照さんのお墓から見る皆川城。小田原攻めで降伏し家康預かりとなった
広照さんは上杉、浅野の軍勢により落城した皆川城を捨て、栃木城を築いて移ります。

そして江戸期には家康の子、忠輝の付家老として7万石で信州飯山に入るものの、
忠輝の不行跡を幕府に訴えたことで勘気を蒙り領地没収。大阪の陣の後に許されて
常陸府1万石の藩主となりますが、三代後の成郷に嗣子がなかったことから、
正保2年(1645)皆川氏は断絶しています。

信長が生きていたら・・訴えなんかしなければ・・広照さんは悔いに思ったりしたかしら。


さーて次は越相同盟の舞台となった大中寺で謙信を軽くストーキングΣ(゚Д゚)! 
広照さんの孫娘、おとら様のお墓参りもしちゃうわよ。


大中寺にて謙信を思いながらのおとら様の墓参り〜に続く。




*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング


2014.05.06 Tuesday 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 20:18 | - | - | - |