<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 小松城に登城! | main | 篠原古戦場に出陣! >>

鳥越城に登城!

[城跡] ブログ村キーワード

小松城から山の方に向かい、国史跡「鳥越城」にやってきました!

ホッとした瞬間


鳥越城は国史跡なので車での道も山の入口にも案内がそこそこ出てるんだけど、
入ってしまえばなんたって登りの1本道。こういうの見るとちょっと安心します。

あなどれなかった瞬間


安心した勢いでブイブイ登っていくと、ほどなく鳥越城の登城口に到着!!
すぐ前が駐車場なのがいいです。地味な城なのに案外人がいることに勝手に驚きます。

痛まし気だった瞬間


鳥越城は一向一揆の拠点で最後の砦だったところ。織田信長の一向一揆討伐によって
佐久間盛政らに攻められ激戦となり、数度の攻防が繰り返された後に落城しました。
門徒らは磔にされ一帯の村は廃村同然に・・で記念碑には「一揆破れて山河あり」と。

先走っていた瞬間


登城口から上がってくると右手に後三の丸、本丸やら何やらは左手の方になるのですが、
少し登城路を登って振り返る方が全体を見やすいので・・まず左側の後三の丸へ行きます。

斜面がすごかった瞬間


鳥越城の北端に位置する後三の丸は空堀で囲まれて、本丸から独立した感じになってます。
一番面積が広い郭なので、あちこちの方向を警戒する門徒がたむろしてたかもしれないね。

想像力が大切だった瞬間


で、下りてきたら今度は後二の丸へ。空堀はもっと深かったんじゃないかと思います。
今はひとまたぎって感じだけど、当時なら越えて後二の丸へ攻め上がるのは激ムズかと。

門徒パワー炸裂の瞬間


後二の丸に向かう途中、本丸を見上げます・・・こりゃ意地でもよじ登らせない気ですw

鳥越城は天文年間から一揆の拠点となっていたところ、天正期に織田勢侵攻の備えとして
一揆集団山内衆を率いた鈴木出羽守が城主となり築城、拡充されたと言われるお城。

織田がなんぼのもんじゃー来るなら来いやー!!という門徒の気合いを感じずにいられません。

背後を守っていた瞬間


後二の丸は半円形のような形をしているのですが、見下ろさないと分からないわね。
掘立柱建物跡が展示されています。空堀が間にあって奥の1段高いところが本丸です。

静かすぎた瞬間


後二の丸から見下ろすのは、当時と変わらなそうな山の合間に田畑が広がるのどかな風景。
織田軍の旗がひしめき、一向一揆最大の激戦が繰り広げられたことが想像しづらいほどに。

やる気ゴリゴリすぎた瞬間


右は後二の丸からでてきて、左は登城口から上がってきて、本丸前で合流する感じ。
このあたりは本丸西側という風になっていました。ここにも建物跡が残っています。
後二の丸、本丸西側、そして本丸とバンバン建物立てて手ごわいイメージを演出です。

ワイルドに萌えな瞬間


本丸西側を回り込むように進むといよいよ本丸。枡形門が見えると盛り上がりますねw
本丸南面にある枡形門は復元されたものだけど雰囲気があります。よっ、さすが国史跡!

興奮しかける瞬間


布目積みの石垣で鏡石を置いて魔除けとし、角部は算木積み技法を取り入れる〜と説明が。
奥に見えるのは本丸門にはない石垣。城内で唯一三方を固められている場所なんだそうです。

超キルゾーンだった瞬間


門をくぐって枡形に踏み入れた瞬間見える本丸門はこんな感じ。石垣はないけど櫓門ね。
それしてもこの枡形は囲まれ感や閉塞感がすごいわ〜攻め手だったらヤバすぎる空間。

コンパクトが大事だった瞬間


攻め手の気分で本丸門までたどり着いた瞬間「狭っ!」と思い、門の低さを確認します。
こちらは石垣がないかわり高い土塁と柵列で本丸入口をガッチリ守っています。

アメージングすぎた瞬間


守り手側の気分も味わうため、ヨロりながら本丸門横の土塁によじ登りましたw
素晴らしい枡形よ!傾斜と高さの違いやコンパクトさで、より囲まれ感が増すのね。

高所恐怖症だった瞬間


土塁の上から尾根のはじっこに面する方の堀切を何気なく見てワタクシ驚愕Σ(゚Д゚)!
マジよじ登ってくるとか絶対無理だし、守るのだって足を踏み外したら激ヤバやん!

気合いすぎた瞬間


こわいのでさっさと本丸の中に入りますw 中から見る本丸門の土塁と掘立柱建物跡。
食器やら武器(鉄砲玉・小刀)の他、米や粟が炭化したものなんかも出土したそうです。

極楽を勝手にいぶかしむ瞬間


説明はなかったけど井戸跡もありました。囲いだけで実際は埋まってるけど山の上なのに
井戸まであって、門徒はどこまでも徹底抗戦の構えだったんですね・・信心てすごいわ。

戦国の城感に酔いしれる瞬間


懲りずに再び土塁の上によじのぼり、中の丸と中の丸門の方をねめまわしておきますw
さっき驚愕した堀切は見ないようにして・・怖いけど期待以上の素晴らしさで夢中になります。

そんな体力はなかった瞬間


こちらが中の丸門。城外に向かって急な斜面になっているので中が見えない作りです。
ワタクシはもちろん斜面を下りたりしませんw ここは搦手みたいな感じなんでしょうね。

どこもかしこも念入りすぎた瞬間


門の前から本丸の外側を取り巻いているのが中の丸で、外から門を入った右手には
二の丸が配置されている縄張りです。他の曲輪に比べると比較的狭い空間だけど、
土塁に囲まれた二の丸には建物の他に、隅櫓が2基もあったそうだからなんとも厳重。

自分のチョイスにも酔いしれる瞬間


最後に二の丸側から、中の丸とその向こうの本丸をもう1度眺めます・・いい!!
正直、そんなに期待はしていなかったんだけど、確実に来てよかったお城でしたw

次は最後、源平の頃へ飛んで篠原古戦場に急ぎます!


篠原古戦場に出陣!〜に続く




*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング

2014.08.09 Saturday 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 中部(石川県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 21:09 | - | - | - |