<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 篠原古戦場に出陣! | main | 彦根城に登城!その2〜三重櫓と玄宮園 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2020.02.14 Friday  | - | - | - | 

彦根城に登城!その1〜天秤櫓と天守

[日本百名城] ブログ村キーワード

2014年の夏の陣は、休みも短かったので畿内再攻略で行くことにしました。
再登城ついでに行きたいお寺や見たい銅像もぼちぼち残っていたからね。

覚醒の瞬間


夜討ち朝駆けにて彦根に到着! 仮眠を取っても眠いわ〜だるいわ〜と思いながらも、
高速を降りて目の前に彦根城が見えると、再登城とはいえ、がぜん鼻息が荒くなりますw

うっとりな瞬間


彦根城が開くのは8時半。なのでまずはおにぎりかじりながら彦根駅で井伊直政像を拝見!
徳川四天王の赤備。気性が粗くてかなり乱暴だったとかも言われるけど、ここはイメージ重視でw
早朝は逆光気味なのがイタイけどね・・でも今日もかぶりつきで全方向から写真撮影したわw

萎え気味な瞬間


まだ早いので駐車場に向かいがてら、中堀から重要文化財の佐和口多聞櫓を見ときます。
はるか遠く小山の上に天守が見えます。攻め手だったらこのあたりですでに意気消沈だわ。

盛り上がってくる瞬間


左に建っているのが佐和口多聞櫓。右側の建物は昭和35年に建てられた開国記念館。
佐和口多聞櫓の向こう側が彦根城表門に一番近い駐車場なので、枡形を通って向かいます。

なじみすぎだった瞬間


昭和になって建てられた開国記念館はそれなりに神経使って建てられたんでしょうね。
本物の多聞櫓と並んでいることもあり、堀越しの風景はパッと見あんまり違和感ないです。

地味すぎた瞬間


ひとまず駐車場を通り過ぎ、先に大手門跡も見ておきます。ここからも登城出来るんだけど
ひっそりしてて大手っぽさも薄いので、やっぱり入城は駐車場も近い表門からにしておきます。

横着すぎた瞬間


家老の西郷さん屋敷の長屋門を横目で。解体修理されて移築されたものだそうですが、
内堀と中堀の間は上級藩士の屋敷があったようなので、スケールのデカさは味わえます。

気合いが違った瞬間


表門前の佐和口駐車場にイン! 1日400円でお安い! すぐ満車になるから早めがベスト。
今回は彦根城への一番乗りを目論んでいるワタクシ。開城前ですがいそいそと車を出ますw

すばしっこかった瞬間


暑いけどとにかく我慢! 涼しい車の中で待機とかしてたら絶対に出遅れちゃう。
表門橋を渡って石垣を眺めて券売所前に並び、開いた→買った→入った→ダッシュ!!

息切れしていた瞬間


入ってすぐの坂道はきついけど猛ダッシュでかけあがり、後続を引き離して天秤櫓に到着!
堀切から見上げる石垣の高いこと。牛蒡積みという築城当初の積み方なんだそうです。

時代劇を思いうかべる瞬間


橋を挟んで反対側の石垣は幕末(嘉永年間)の大修理で積み替えた切石の「落し積み」。
築城数年後には建てられ、修理を繰り返しながら今日に至る天秤櫓。重要文化財です。

のんびりしかけた瞬間


天秤のように見えるから「天秤櫓」。左右対称じゃないんだけど納得しちゃうわね。
前に登城した時はゴールデンウィークで人だらけだったから、ゆっくり見れて嬉しい限り。

なりふりかまわなかった瞬間


のんびりしてるとすぐ後続が追い付いてきますw 今回は一番槍の大手柄を狙ってるので、
細かなところは後から二度見で。もうすでに汗だくだけど鼻息荒く天秤櫓を突破します。

ある意味 命がけだった瞬間


進めや進め〜! 彦根城は天守までずっと地味に登りなので暑いわ疲れるわ・・
体力のないワタクシはヨロヨロしながら本丸へ最後の関門となる太鼓門櫓を目指します。

後ろが気になる瞬間


重要文化財の太鼓門櫓に到着〜これを突破するといよいよ本丸インです。
築城時に他の城から移築されたもので、合図の太鼓が置かれていたとかいないとか。

前のめりすぎた瞬間


太鼓門櫓をくぐって折れると本丸(天守広場)の入口。くぐったところで振り返り、
造りの珍しい門の裏側を見ておきます。一番乗り間近でソワソワしてるので写真を忘れますw

感無量の瞬間


ついに目標どおり一番乗りで天守に到着! 一瞬の国宝貸切状態にニンマリw
元は大津城にあった四重五階の天守を三重三階に縮小移築されたと言われているそうな。
通し柱のない望楼型で小ぶりな天守は、日本に4つしかない貴重な国宝です。

威風堂々すぎた瞬間


破風が美しいのも特徴。元は西に備えて徳川重臣の井伊家が入り築城されたお城だけど、
華麗な天守の装飾を見ると風格アピールして優雅に威嚇って作戦もありかなと思いますw

再び鼻息があらい瞬間


独り占めを大喜びで堪能していたら後続がワラワラ到着しだしたので次は一番で天守内へ。
時間的には開いたところなんだけど、係員の人がまだ入口の掃除をしていました。

人工密度低かった瞬間


前に登城した時はワタクシが混雑した天守から出てきたら、入口に並ぶ行列が1時間待ち
とかになっててびっくりしましたけどね。今日は掃除のオジサンたちしかまだいませんw

ガクブルな瞬間


現存天守でお約束の急でせまーい階段。手すりがあっても上り下りは容易じゃありません。
高所恐怖症のワタクシなんて降りる時がホント怖くて・・でも犬山よりはまだゆるいかな。

でも登りづらかった瞬間


階段の足をかける部分はどこもスチール?今風の建材に替えられています。
毎日たくさんの人が出入りし続ける現存天守。造りの頑丈さに感心するばかり。

ぞうきんが置き去りだった瞬間


朝っぱらからカンカン照りで蒸し暑い夏の日。汗だくで天守内をうろつき階段を登って
まだ人のいない三階最上階に到着すると、風が吹き抜けてとても気持ちいい!! 

視界はイマイチだった瞬間


窓には金網が貼ってあるので少々見づらいけど、琵琶湖の方を眺めています。
小高い山の上にある天守の上の見通しはバツグン! 隣りの佐和山城跡も見えました。

汗だくだった瞬間


天守を出たら本丸石垣を見おろしながら回り込み、西の丸へ三重櫓を見に行くの。
一番乗りの目標は果たしたので、人の集中しないここから先は焦らず行けますw

しかし・・毎年懲りないけどホント真夏の登城は山じゃなくてもきっつい!!


彦根城に登城!その2〜三重櫓と玄宮園〜に続く



2014.08.30 Saturday 15:55 | comments(2) | trackbacks(0) | 近畿(滋賀県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 15:55 | - | - | - | 
あも (2014/08/31 3:43 PM)
あきおうさん こんにちわ!
いつもありがとうございます(^_^)

やっぱり一番乗りですね〜城跡に慣れると
建物あるところは人がいて当たり前と思いつつ、
気合いれれば何とかなりますねw

姫路城の一番乗りもすごいなぁ…脇目もふらず
天守までダッシュですねw

松本城は券売から大場所すぐだから後続が迫りやすい
かもしれませんね。。すばしっこくですねw
貸し切り黒天守の写真、楽しみにしています!
あきおう (2014/08/31 3:04 AM)
あもさん
関西に来られてたんですね! はるか武蔵国から夜討ち朝駆けおつかれさまです。
誰もいない彦根城内、ステキです。ひこにゃんも居ない(笑)。

やはり現存12天守は朝一入城に限りますね。私も先日 姫路城に並んでダッシュ→城内独り占めを堪能してきました。次は松本城で朝一突入したいと思ってます。いつ行っても人だらけの天守正面の広場からそびえ立つ黒天守だけを写真に収めたい!

その2も楽しみにしてまーす。ではでは。