<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 彦根城に登城!その1〜天秤櫓と天守 | main | 宗安寺にて木村重成の首塚にお参り >>

彦根城に登城!その2〜三重櫓と玄宮園

天守を一瞬ひとりじめして満足した後は三重櫓を見に行きます。

違う顔だった瞬間


西の丸に向かう側から見る天守は正面からとまた違った表情。附櫓と多聞櫓が接続された複合式。
維新後は廃城令で取り壊される予定でしたが、明治11年10月、北陸巡幸の帰りに彦根城を通った
明治天皇が廃城を惜しんで保存するよう命を出したことから、今こうして見られるわけです。

拝みそうになった瞬間


附櫓の裏あたりで石垣の解体修理をしていました。番付して石垣と裏込を解体。
それから積み直しをするんだけど、積み方で表情が変わるので熟練の技が必要なんだそう。
積み直しの時に既存石じゃないものを使った場合は、見えない所に墨で年を書きいれて
後世に分かるようにもしてるのだとか。致死量に達する暑さの中、本当にご苦労様です。

徹していた瞬間


西の丸に到着!重要文化財の三重櫓は・・西の丸の中から見ると三重感はわからないの。
でもこれは西からの敵に備えた守りの要。余計な飾りは一切ないのがやる気のあかしw

まっしぐらだった瞬間


三重櫓の内部がこちら。中は特にコレを見るってものがあるわけじゃないんだけど、
三重櫓の中から外を見るため、わざわざ靴を脱いで暑い建物内に潜入した次第。

かぶりつきだった瞬間


西の丸の反対・・三重櫓が睨みを利かせている側には堀切があり、高石垣の上に建っている
三重櫓からの目線の高さと言ったらそりゃ〜すごいのよ! 徹底的な防御ぶりに見惚れます。

長らくの脳内復元中だった瞬間


三重櫓を出て、こちらがその堀切にかかる落とし橋からの風景。敵が来たら橋を落とし、
向こう側でモタモタしてるところを高石垣上の三重櫓から狙い撃ち・・しびれますね。

備えあれば憂いなしだった瞬間


で、今度は橋を渡って攻撃側から見るとこんな! 三重櫓から続櫓から集中砲火浴びちゃう。
飾りはないけど白漆喰塗りの綺麗な顔して恐ろしいわw でもこれがお城の魅力なんだよね。

うっとりしすぎていた瞬間


攻め手の気持ちで出曲輪の山道からも三重櫓を見ようとして周りの石垣に気を取られる人w
説明板にあった穴太衆が積んだというのが恐らくコレよ。ワイルド石垣に囲まれ至福の時。

イラっとしていた瞬間


主郭部が小高い所にある彦根城。少し下に降りて内堀沿いを黒門方面に向かいます。
木陰なんで涼しいかと思いきや湿度ハンパないので汗ダク。蚊にもたかられ厳しい行軍w

人は少なかった瞬間


前も見たけど大名庭園「玄宮園」も寄っておくかと黒門を出ました。ここからも入場可。
今は黒門跡ですが、残っている石垣を見るに当時は立派な櫓門があったんでしょうね。
彦根城には内堀にかかる橋が大手、表門、黒門のところと3ヶ所あるけど、ここだけ土橋。

やっぱり威風堂々だった瞬間


ずっと続く内堀。内堀の中だけであんだけの広さってこと考えると当時の規模はハンパない。
天下普請で西への備えとして建てられた彦根城。迫力の圧倒的な存在感だったんだろうね。

心安らぐ瞬間


何度見ても庭園越しに石垣と天守が見える風景は素晴らしい! 戦闘仕様を見るのが萌えるけど、
ただ眺める日本の城がある風景も美しくて好き。願わくばワタクシはお城の見えるところに住みたい。

ひこにゃんはどうでもよかった瞬間


最後は彦根城博物館へ。企画で「彦根藩士の甲冑−赤備えの家臣団」をやっていたから。
ちなみにひこにゃんの登場は10時天守前だったようで実物には会っておりませんw

へばりついてガン見する瞬間


撮影がダメなものもあったけど、フラッシュ焚かなきゃオッケーってのもあったので少しだけ。
こちらは井伊家2代当主 直考所有と言われる具足。兜の立て物は脇立になってるんです。

若干めんどくさかった瞬間


赤備え・・朱色の甲冑、兜の立て物は金色の半月を「正面」でってのが井伊家スタイル。
初代直政や直考が脇立てだったことの遠慮から正面ルールになったみたいですよΣ(゚Д゚)!
朱色の甲冑がずらっと並んだところは圧巻。自由がきいた兜の形には個性がありました。

井伊家コンフォートだった瞬間


博物館の奥には表御殿が復元され、当主が休息した部屋とかひと通り見ることが出来ます。
こちらは奥向きに面した庭園。発掘調査で発見されたものを再現しているんだそうですよ。

腹ペコすぎた瞬間


彦根城をたっぷり堪能した後は京橋口の枡形を抜け、キャッスルロードに向かいます。
ワタクシあまり城下はうろつかないけど、今回は行きたいお寺と近江牛を目指してねw


宗安寺にて木村重成の首塚にお参り〜に続く



*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング
2014.09.05 Friday 21:35 | comments(2) | trackbacks(0) | 近畿(滋賀県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 21:35 | - | - | - | 
あも (2014/09/22 10:10 PM)
kenken−hiroさん はじめまして!
あたたかいコメントありがとうございます!

散歩で登城だなんて、素敵ですね〜
ワタクシもいまに好きなお城の側に住めたらいいな。羨ましいです!

城内も庭園も紅葉の時期よさそうですね。
次回は晩秋を狙いますね!
kenken-hiro (2014/09/21 8:25 PM)
はじめまして。
彦根城にようこそおいで頂きました。

早朝の散歩で、よく彦根城に登城しております。実は早朝に行くと入場できるんですよ。
彦根市民のみの内緒の話です。

紅葉、桜の時期の是非早朝においでください。