<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 四天王寺にて高虎夫人と信長生母のお墓参り | main | 福蔵寺にて織田信孝のお墓参り >>

寒松院にて藤堂高虎のお墓参り

津城近くの四天王寺で高虎夫人のお墓参りをした後は寒松院の藤堂家墓地へ。

ある意味わかりづらかった瞬間


高虎さんの法号「寒松院」がついているのでデカいお寺を想像したんだけど、
地点登録してナビを頼りに車で走っても通りからは寺らしきものが見えず、
この辺なのにおかしいな〜と思いつつ、信号で止まった横に墓所みっけw

でも大通り沿いなので車が停められず、付近を2週もウロウロした挙句、
やっと裏の入り口を見つけて車を停め、わざわざ表に戻ってきた次第。

ゆったりだった瞬間


墓域はちょっとした公園のような広さで、五輪塔がゆったりと並んでいます。
一族の墓とかってギッシリなことが多いのでちょっと驚き。市指定文化財です。

大集合だった瞬間


寒松院は藤堂家の菩提寺で、こちらの墓所には津藩と支藩の久居藩の藩主の墓が
並んでいます。津藩は初代高虎から10代までの藩主、久居藩は津藩の藩主になった者を
のぞいた藩主、そしてそれぞれの家族も一緒に眠っているそうです。(案内板より)

華の下にてだった瞬間


手前高虎さんと夫人の五輪塔が並んで入り口正面にドーンと鎮座しています。
桜の木がたくさん植わっているので春はピンクの中に眠る感じになりそうですw

財力を思う瞬間


こちらが初代高虎さんの五輪塔。2代高次が建立した昌泉院というお寺に高虎を祀り、
法号をとって寒松院と改められ、以降、藩主の菩提寺として藩費で維持されたそう。
写真だと分かりづらいかもしれないけど、結構大きくてなかなか迫力あるのよ。

微妙な思いがした瞬間


で、高虎さんの隣が松寿院の五輪塔。高虎夫人って書いてあるけど松寿院は側室。
正室は四天王寺でお墓参りした久芳院さんの方。高虎より先に亡くなっているから
まだこちらの墓所はなく、当時、津城が見えた四天王寺に葬られたんでしょうね。
松寿院は2代高次を生んだ生母ってのもあるんでしょうけど何か切ないようなw

驚愕の瞬間


墓域の裏にひっそりあるのが寒松院の本堂!?というかただのお堂ね・・建物はこれだけ。
しかもこのお堂自体、あちこち支えられて何とか建ってるような状態・・いいのか津市?
空襲で全ての建物が焼失し、戦後規模も縮小されてこんな感じになっちゃってるそうな。

残念すぎる瞬間


とってつけたようなw 藤堂家が藩費で維持してきたお寺だから立派だったろうに
再建されないどころか寺域も縮小って・・墓所が残されてるだけでもマシなのか。

頼りなげすぎた瞬間


伊予松という碑と小さな松の木が植わっていました。高虎が津に入る前の今治から
移したという松・・もちろん何代目かの後植えだろうけどコレも取ってつけたよう(´Д`)


後から知ったのでワタクシは見逃したんだけど、七代高朗公(たかあき)の墓碑には
空襲で受けた爆撃の跡が残っているそうな・・近代史ってリアルすぎて怖いわ。。


高虎三昧はこれで終了! 最終日は岐阜なので移動しがてら高速に乗る前に
通りがけの駄賃(?)で、亀山市の福蔵寺で織田信考のお墓参りをしていきます。


福蔵寺にて織田信考のお墓参り〜に続く。



*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング

2014.11.06 Thursday 20:18 | comments(2) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 20:18 | - | - | - | 
あも (2014/11/06 9:34 PM)
サムライ銅像研究会さま

こんばんわ!
上野公園はもろ動物園の中で象の近くらしいですね。
動物園どうでもいいので、んん・・入場すんの〜?
と思うとかなり迷いますw

しかも柵の外からしか見えないんですよね(-_-;)

これまでとんでもないとこにある墓参りたくさん
してるけど、上野は違う意味で難易度高し!です。。
サムライ銅像研究会 (2014/11/06 8:35 PM)
こんばんわ 高虎公や一族の墓って上野公園の、一般人立ち入り禁止エリアにもありましたよね。以前、ブラタモリででていましたね。
寒松院の本堂が侘しいですね。世が世なら…次回も楽しみです