<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 福蔵寺にて織田信孝のお墓参り | main | 常在寺と道三塚にて斉藤道三のお墓参り >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2020.02.14 Friday  | - | - | - | 

岐阜城に登城!〜凝りもせず3度目

津市から移動して、夏の陣3日目は第三次岐阜攻略! 
相性悪目なのに凝りもせずまた行ってしまいましたw

首をかしげた瞬間


岐阜城登城前に岐阜駅によってゴールデン信長サマ銅像を拝んでおきます。
なぜ黄金色にしたんだろうか?むやみに高い位置にあるのも何だかな・・です。

人影もまばらだった瞬間


この日はお盆休み中には珍しく朝から雨が降っていて若干ブルーな気持ちでの到着。
人がいないのはいいんだけど、雨の中の行軍ってのは本当に心から萎えます。

15分間隔の運行だった瞬間


岐阜発チャレンジでのロープウェイ90分待ちがトラウマなので今回も朝イチでの登城。
ロープウェイは始発にギリ間に合わず、2本目のに乗って金華山山頂を目指します。

嫌な予感がした瞬間


待ってる間、山頂を眺めるとこんな感じ・・・おお、まさか山の上は霧だらけ?
ロープウェイは往復で結構いいお値段なんだけど、もう完全に期待薄な覚悟を決めます。

意気消沈だった瞬間


ガラガラのロープウェイに乗っていざ金華山山頂へ!・・やっぱガスりまくりです。
雨も強くなってきました。岐阜周辺なんて城はたくさんあるんだから、こんな状態なら
予定を変えて歩いて回れる他の城にしてもよかったな・・という後悔に苛まれます。

コンディション最悪だった瞬間


予想通り山頂はこんな状態。ワタクシは車を降りた時からあきらめて傘持参でしたが、
先を歩いてる同じロープウェイにいたカップルは傘なし。彼女がぶーぶー文句を言ってた。
自発的に登城してる傘ありのワタクシですらかなり萎えてるので若干気持ちは分かりますw

うすらぼんやり過ぎた瞬間


天守が丸見えるはずの大場所でさえこの調子・・往復1080円も払ってこれだもの。
模造でもわざわざ登ってきて「城のある風景」が見れないと何気にがっかりですね。

岐阜城はかつて稲葉山城と呼ばれた斎藤道三の居城でした。永禄10年(1567)織田信長は
稲葉山城を攻略して小牧山から本拠を移し、井口から岐阜と改め天下統一の拠点としました。

今ある天守は昭和31年に建てられたもの。せっかくなんで中もまた入りましたが、
以前来た時と展示も変わらず、展望もこの天気では何も見えず涙がこぼれそうでした。

目をこすりそうになった瞬間


建て物がダメなので土塁空堀なんかもチェックして歩いたんだけどいい写真が撮れない。
これは本丸井戸だけど、レンズがすぐ曇るし霧が濃すぎて何見てもぼんやりなんです。

何しに行ったか分からなかった瞬間


山頂にいてもどうしょうもないのでロープウェイ代の元も取らぬままさっさと下山。
信長の居館跡に立ち寄ります。今でこそ山頂の天守はロープウェイでも行けますが、
歩いて行く場合は馬の背と呼ばれる難儀な山道を1時間以上登らなければなりません。
なので普段住まうのは山麓。信長の居館も発掘され、跡を見学することが出来ます。

想像に難くなかった瞬間


当時は4階建ての居館や複数の庭園があり、招待された宣教師のフロイスは
素晴らしい宮殿で今まで見たことがない、と「日本史」の中に書いているそうな。

やる気を出してほしかった瞬間


発掘調査は昭和59年から始まって、未だ続いています。何年か前に登城した時と
そんなに変わらないような気がするんだけど、かなりのんびりやってるんでしょうか?

情報が古かった瞬間


駐車場の端っこの方に「若き日の信長像」がありました。岐阜公園の中にあるとばかり
思ってキョロキョロしていたら移動されたそうで、車に戻った時こちらで無事発見。

ガン見はしなかった瞬間


芸術的かもしれないけど、武将銅像としてワタクシは好きなタイプじゃないです。

顔の感じや表情がどうもどっかで見たことある雰囲気だと思って色々調べてみたら
長崎平和記念像を作った北村西望さんという彫刻家の作品なんだそうです。
くっきり晴れていれば背後に金華山山頂の天守も見えるんだけどね・・残念でした。


第三次岐阜攻略もどうもイマイチ・・ワタクシは岐阜城と相性悪いのかもしれない。
でも信長サマだって美濃攻略はあきらめず何度もチャレンジしてましたからね。
気長に「スッキリ青空&人も少ない時」の機会を狙ってリベンジしたいと思います。


次は雨も強くなってきて心が折れそうだけど常在寺に斉藤道三の供養塔を見に行きます。


常在寺と道三塚にて斎藤道三のお墓参り〜に続く



*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング

2014.11.21 Friday 21:25 | comments(8) | trackbacks(0) | 中部(岐阜県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 21:25 | - | - | - | 
あも (2014/12/24 8:48 PM)
ながたけさん

こんばんわ!
お返事遅くなってごめんなさい。

年末でバタバタしていて、まだゆっくり読めてないのですが、
ブックマークしたので正月休みに見せていただきますね。
ワタクシのノーマークなところもたくさん
載っているようなのでたのしみ!
ながたけ (2014/12/20 5:41 AM)
おはようございます

岐阜城は地元なので、

数え切れないほど、

登城させてもらってます。

わたしは地元東海地方を中心に

城めぐりをして

ブログに書いてます。

是非お越しいただき、

感想をお聞かせ願います。
あも (2014/11/22 10:11 PM)
あきおうさん 本丸井戸の上の石垣の件を失念してました。
上の方に石垣ありました。それのことかしら?
視界悪すぎ、レンズくもる、雨かなりで写真はおろか、
じっくりも、みれなかったけれど。。
あも (2014/11/22 4:57 PM)
大川原英智さん

コメントありがとうございます!
岐阜城・・馬の背を歩いて登られたんですね、すごい!
今回は近くも遠望も何も見えない登城でしたが、
またリベンジして信長サマの眺めた風景を堪能したいと思います。


サムライ銅像研究会さん

こんにちわ!雨中行軍はほんと萎えますけど、それでも行ってよかったと思うし、
ちがった意味で印象深い登城にもなりますね。
晴れた日の、雨の日の表情、四季の風景・・リベンジするのは
見忘れたとか見たりないだけじゃないものね!

信長銅像ちがうのがぜひ見たいですね〜本当に。。


piglet01さん

こんにちわ!

霧まみれのシルエット岐阜城もたしかに狙って見られるものじゃないから、
そういってもらえると得した気分になってきましたww

銅像ね・・岐阜城がシルエットだったので逃すものか!と鼻息荒く探しちゃいましたよw


あきおうさん

こんにちわ!今年は雨遭遇率が高くて参りますけど、
遠征は前もって計画してのことなので仕方ないですね。
雨だからって出陣やめたり変えてたら勝てないわww

カメラの件ありがとうございます!そういうことなのね。
ワタクシは機械音痴系なので勉強になりました。
これからはバッグに入れずタオルがけで行きますw

私も先日、仙台、多賀城方面行ったんです。
あきおうさんのブログを見て思い出に浸っていますw
電車であの行程・・・頭が下がる思いです!




あきおう (2014/11/22 12:28 PM)
あもさん 濃霧の中 岐阜城登城おつかれさまです.
俺が行った時も大雨大霧で同じような状況でした… 天気ばかりは仕方ないですね、信長公といえば有名な桶狭間や大嶽砦の戦いなど暴風雨にゆかりが多いので、これも運命なのかも(笑)

ところで本丸下の井戸の写真がありましたが、その上あたりに発掘調査で信長時代の石垣遺構などが出てきたという話を聞いてます。現地にそういう感じの展示や表示などはなかったですか?

ちなみにカメラが曇るのは、カメラ内部と外気温の温度差が原因です。つまり寒い日(雨など)にカメラの中が温まってると、外に出したら温かいカメラ内部の空気が急激に冷やされて水蒸気に→レンズにはりついて曇る、というわけです。雨の日は特に移動時にカメラをカバンや上着のポケットに入れがちですが、そうすると温まってしまって出したら曇る…ということになりかねないので、曇るのを防ぐには、濡れないように気をつけながら手に持って移動されることをオススメします。<(. .)>

またきまーす。お互いBlog頑張りましょう。
piglet01 (2014/11/22 8:14 AM)
おはようございます。

霧(雲?)の中の岐阜城は初めて見ました!
初回でしたら残念だったでしょうが、これもまた良かった
のではないのでしょうか。

最後の像をいつも撮り忘れて帰っています><
サムライ銅像研究会 (2014/11/22 3:51 AM)
雨中行軍お疲れ様です。私も文化の日辺りに大阪・堺攻めでは雨で、帰ってから体調まで崩しましたが、今ではいい思い出です。リベンジの動機にもなりますし。
北村西望さんの信長像、移動したんですね。私は公園で見かけました。信長像はまだ決定版が清洲のものしかありませんが、先々出来る楽しみもありますね。いつになるやら、ですが。
大川原英智 (2014/11/21 10:34 PM)
こんばんは。

初めまして。

とてもいい写真をありがとうございます。


僕も何度か岐阜城に行きました。

去年の夏にも汗をかきながら登りました。


抜群の眺めですね。

道三や信長もこのすばらしい景色を眺めていたのでしょうね。

ロマンを感じます。