<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 岐阜城に登城!〜凝りもせず3度目 | main | 崇福寺にて織田信長父子のお墓参り >>

常在寺と道三塚にて斉藤道三のお墓参り

霧に包まれた岐阜城を後にして、近くの常在寺にやってきました。

ずぶ濡れでたどり着いた瞬間


常在寺は日蓮宗のお寺で、斎藤道三以後三代の菩提寺となっています。
こちらには供養塔があるとのことで立ち寄ったんだけど、
国重文の斉藤道三・義龍父子の肖像画も所有しているんだそうです。

ひっそりしすぎだった瞬間


住職さんがいらっしゃると拝観料を払って肖像を見られると聞いたのですが、
お盆の最中でしたからね・・人がいる気配がなく今回は供養塔だけ探すことに。

蚊柱がたっていた瞬間


本堂の右手の方に道三の供養塔を見つけました。ヤブ蚊がめっちゃすごいです!

斎藤道三は僧侶から還俗して油売りとなり、寺院のつてを頼って守護大名の土岐氏の重臣
長井長弘の家臣となり主君筋を次々と倒して美濃一国の大名にのし上がったと言われます。
美濃のマムシ、戦国の梟雄と呼ばれ、下剋上の代名詞みたいに言われる御仁です。

最近は実は油売りじゃなかったという説もあるようですが、どっちにしても
成りあがったのは間違いないので、ワタクシ的にはその辺はどうでもいい的なw

ひっそり過ぎた瞬間


道三は濃姫を信長に嫁がせた後、息子義龍に家督を譲るのですが義龍や家臣に
隠居させられ、やがて追放されてしまいます。道三が信長贔屓であったことや、
裏切りや謀略で手段を選ばずのし上がった事実に家臣の支持を失ったためとも、
また道三が弟を溺愛したため義龍自身の危機感が加わったことも原因と言われます。

父子は長良川の戦いで対峙しますが、追放された道三に味方する家臣は少なく、
道三は美濃一国譲り状を織田家に届けさせた後、義龍に討ち取られました。享年62歳。

常在寺は斉藤道三以降三代の菩提寺とのことですが、こちらにあるのは供養塔。
菩提寺なのになぜ墓じゃないのか分からないけど、ヤブ蚊がすごいのでサッと合掌w


常在寺を後にして、次は道三塚に向かいました。


何とかたどり着いた瞬間


道三塚は住宅街の中にあり、色々調べても「岐阜市道三町」という住所だけなので、
ナビで近くに行き、グーグルマップをうろうろ見ながら何とかたどり着きました。
菩提寺の常在寺になかったお墓が、こちらの道三塚ということになっているんです。

ちゃんと整備されてた瞬間


案内板には「義龍が弟2人を惨殺し道三を隠居に追い込んだ上、戦いを仕掛けたと
言うことになっているが、実際は有力な家臣によって強制的に引退させられ、
家臣の支持を失った道三は最終的に武力対決に至った」と書かれています。

とにかく大事にされていた瞬間


敷地の中央にでーんと生えている大きな木の後ろに道三さんの墓碑はありました。

道三の遺体は崇福寺の西南に埋葬されましたが、長良川の洪水でたびたび流され、
天保8年(1837)常在寺第27世、日椿上人がこの地に塚を移し現在の石碑を建てました。
「道三無念の最期」という伝承が住民の間に残り、この塚には畏敬の念が払われ、
周囲の開発が進む現在においても「道三塚」は守り続けられているんだそうです。

崇福寺というのは近くにある信長父子の菩提所になっているお寺。この後行きます。

鬼殺しがはまっていた瞬間


信長公記の記述によれば、義龍と対峙した長良川の戦いで道三は城田寺に逃げ込もうと
したところを討ち取られ、脛をなで斬りにされ鼻を削がれたと伝えられているそうな・・
信長は道三の危機を知りすぐ美濃に駆けつけるも間に合わず、無念の撤退をしています。

道三のお墓はお花が活けられ、「清州城信長鬼殺し」も供えられていました。

今は泉下でひっそりだった瞬間


同じく戦国の梟雄と言われた松永久秀もだけど、ワタクシはこの手の人嫌いじゃない。
食うか食われるかの時だもの。自分ならどこまで悪役になれるか別として、
こういう生き方も理解はできる。信長サマだって・・ねぇw

道三さんの墓碑に手を合わせたら、次は崇福寺に織田父子の廟所を見に行きます。


崇福寺にて織田信長父子のお墓参り〜に続く



*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング

2014.11.24 Monday 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 20:04 | - | - | - |