<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 岩尾城に登城! | main | 龍岡城に登城! >>

伴野城に登城!

岩尾城に続き、またまた依田信蕃さんがらみの城跡を訪れました。
ふふふ・・なんたって今回の小諸佐久攻略の目的は「信蕃ざんまい」なのでw

よくは知らなかった瞬間


岩尾城から目と鼻の先。元は甲斐源氏の小笠原氏が地頭として伴野に居を構えて
伴野氏となり、伴野城から後に野沢城と呼ばれるようになったお城・・跡ですw
現在は大伴神社が建ち、城跡公園として整備され市民憩いの場になっているみたい。
この辺りには櫓台があったと言われるそうですが、その名残が見えてるんでしょうか。

よく整備されていた瞬間


伴野城は説明板によると東西74メートル、南北110メートルの方形居館で周囲に
堀を巡らした鎌倉時代っぽく。発掘調査に基づいて復元された土橋がまず目につきます。
こちらも岩尾城と同じく県指定史跡。この違いはなんなの〜とひそかに思っています。

綺麗すぎた瞬間


土橋を渡ると主郭部がドーンと広がってます。綺麗なトイレもあって完全に公園ですw

鎌倉時代に伴野氏によって築城され、後に本拠は近くの前山城に移ったのだとか。
同じ小笠原の出の大井氏と争って降し、戦国期には佐久で一番に武田配下になったそうな。

憩う人はいなかった瞬間


写真だと分かりづらいけど主郭部の周囲は土塁がよく残っているんです。
この伴野城も佐久郡制圧にいそしむ依田信蕃さんにメッタメタにされましたw

単なる館じゃなかった瞬間


主郭の西側の方が存在感ある土塁が残ってます。同じ鎌倉期に作られた館でも
足利氏館より土塁のこんもりがある分、戦国期も存在した城跡ぽさは感じられます。

癒しのスポットだった瞬間


公園として整備されてるけど四方を囲む水堀は残っていて・・西側が一番雰囲気あるかな。

とにかく感動の瞬間


石は後から積まれたものだと思うけど、西側には虎口も残ってて何か感動しますね。
伴野氏はよく知らないし、鎌倉、室町、戦国の改修による移り変わりも分からないけど
立派な天守があったわけでもない城跡が、こうして残っていることが何だかすごいと思う。

車の通りが激しかった瞬間


東側もこんな感じで水堀が廻っています。土止めの石積みがイケてないけど、
主郭内から見ると土塁感はモロなのでいいのかw 依田信蕃さんにやられますが、
江戸期には陣屋がおかれ、明治には神社になったので運よく残されたようです。

鼻がもげそうになる瞬間


最初に入った土橋の右手・・城跡東側の水堀のたまり場・・激くっさーー!!
お父さんと散歩に来たらしい魚をのぞきこもうとした子供が鼻をつまんでおりました(´Д`)
せっかくきれいな公園なんだから、浄水関係もしっかりやってこ!ホント臭かったわ。


ちなみに伴野城跡は公園として整備されてるけど残念ながら駐車場はありません。
道が狭くて路駐する場所も限られているし、それじゃ落ち着いて見られないので
近くの大通り沿いにある商店街の駐車場などを利用するのがよいかと思います。

信蕃さんポイントまたひとつクリアww

次は「日本に2つ」が売り文句の龍岡城(龍岡五稜郭)に向かい、
いよいよ依田信蕃さんのお墓参りもしちゃいます!!


龍岡城に登城!〜に続く



*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング



2014.12.24 Wednesday 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 中部(長野県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 19:56 | - | - | - |