<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 龍雲寺にて武田信玄のお墓参り | main | 愛宕山片倉家廟所に参拝! >>

傑山寺にて片倉小十郎のお墓参り

2014年の晩秋。久しぶりの東北・・宮城攻めのエントリーを今さらΣ(゚Д゚)!
まずは白石市。白石城の近くにある片倉小十郎景綱のお墓参りからスタートです。

紅葉の「こ」の字もなかった瞬間


片倉小十郎のお墓がある傑山寺は白石城から車で5分ちょいくらい。
慶長13年(1608)に片倉小十郎が妙心寺第十一世天心智寛大和尚を開山として
建立された臨済宗のお寺で、代々の城主と家族が弔われています。

白石城が開く前に来たので紅葉してないけど11月初旬の朝はちょと寒め。

どセンターだった瞬間


短い参道を抜けて本堂前に来ると入り口に鎮座する片倉景綱さんのお姿が。
あちこちで色々武将銅像を見てるけど、こういうパターンは珍しいのではないかと。

片倉景綱は伊達輝宗(政宗の父)の小姓として仕え、19歳の時に当時9歳の
梵天丸(政宗)の近侍になりました。文武に優れていた景綱は姉の喜多
政宗の乳母だったこともあり、信頼のおける家臣として重用されました。

喜多さんは景綱と腹違いの20歳も年の離れた姉上。文武に通じた女傑と言われ、
早くに両親を亡くした景綱はこの喜多さんに養育され影響を受けたそうな。
喜多さんタイプの女性ワタクシ大好きなのでこの後、彼女のお墓参りもします。

ピカピカだった瞬間


伊達家中では「武の伊達成実」と並び「智の片倉景綱」と言われた景綱さんは
秀吉から5万石で召し抱えたいという話が来るほど高い評価をされていたようです。
戦では常に先陣を務めたというから、景綱さんは智勇に優れた武将だったんですね。
政宗も景綱さんの言うことは素直に聞き入れることがほとんどだったような。

景綱さんの銅像は平成24年に完成したもの。銅像出来てから来てよかったわw
御影石も手入れしてんでしょうね。銅像も綺麗なら、台座もピッカピカです。

穏やかな表情だった瞬間


何しろ政宗が「第一」とにかく「大好き」で人生を政宗に捧げた景綱さん。
病を患って飛び出た政宗の目をえぐりだしたとか、敵を深追いして窮地に陥った
政宗
を助けるため「我こそ政宗」と乗り込んで大暴れして救い出したとか・・

また政宗より先に子が生まれたことを恐縮&憚るあまり実子を殺そうとして、
政宗に説得されてようやく思いとどまった、なんてエピソードも有名です。

景綱さんって冷静ながら政宗に関しては熱血みたいなイメージなんだけど、
こちらの銅像は何がベースなんだろう? 穏やかに白石市内を見つめる表情。
ちなみに危うく殺されそうになった小十郎ジュニアは大変な美少年だったそう。
となると景綱さんもそこそこイケメンとか・・銅像から想像はできませんがw

背筋が伸びる瞬間


景綱さんの銅像を過ぎて本堂を眺めながら左手の方に進んでお墓に向かいましょう。
臨済宗のお寺なので手入れされたお庭も美しく、朝早いし清々しい気持ちです。

こだわりの瞬間


一般のお墓もある墓所内には分かりやすい案内板もちゃんと出てるので安心! 
歴代墓所は後回しにして、景綱さんのお墓のある一本杉を目指します。
景綱さんの名前にいちいち「初代」とつくのは、鬼小十郎の異名をとった
片倉小十郎重長さん2代目と区別をするためよね。大事なことですよ。うん。

ふと足をとめた瞬間


一本杉へ向かう途中には佐藤考郷のお墓がありました。幕末の片倉家家老だった人で、
戊辰戦争後、農民となるか、士族として北海道へ入植かの選択を迫られた家中をまとめ、
海を渡った一団の士気を鼓舞して現在の札幌市白石区の地を開拓。明治7年に初代、
札幌区長に登用され、亡き後、故郷であるここ白石の地に眠っているんだそうです。
北海道への入植を取りまとめた時には若干19歳! 初めて知ったけど何か感動する!

分かりやすかった瞬間


佐藤さんのお墓を過ぎて少し進むと、ほどなく一本杉への入り口が。
ちょいちょい青い目立つ案内が出てるので迷わなくて済むのがありがたいw

勝手に思い込む瞬間


樹齢は分かりませんが高くて上まで映りません。俺の墓標は一本杉・・って別に
景綱さんが決めた墓標じゃないけど、自分の生涯をかけた政宗ラブな生き様が
一本ピーンと通ってるように感じて、景綱さんのお墓らしいのかなと思います。

静かな最期だった瞬間


元和元年(1615)10月14日、景綱は59歳でその生涯を閉じました。
悲しんだ政宗は自らの愛馬を下賜、棺を引かせて景綱を見送ったそうです。

遺骸はこの傑山寺に埋葬され、敵にあばかれないようにあえて墓石は建てず、
一本杉を墓標にしたといわれています。「傑山寺殿俊翁常英大居士」。

合掌の瞬間


盆やお彼岸じゃないけど生花が供えられてるから大事にされてますね。

晩年には肥満し、糖尿病を患っていたのではないかと言われる景綱さん。
悲しんだのは政宗ばかりでなく、慕った家臣が6名も殉死したのだとか。

子供が先に生まれたからって殺そうとするくらい政宗ラブすぎだから、
景綱さんより政宗の方が先に亡くなっていたら・・くわばらくわばら。

この後、分骨された愛宕山の廟所にもお墓参りをするので、
景綱さん妄想はひとまずこの辺にしておきましょうw

適当だった瞬間


最後に片倉家歴代墓所。誰がどれって案内板はないので分かりませんが、
この後行く愛宕山の廟所は10代まで、こちらは11代目以降のお墓だそうです。

腰が引けていた瞬間


朝の輝く日差しの中だというのに杉木立の中は薄暗くて少し怖い雰囲気。
墓石が仏様で、顔が風化してるのがちょっとね。。

いまいち興味はなかった瞬間


で、こちらが松前家墓所。松前安広とその子安国の墓所だそうです。

松前城主慶広の五男安広は江戸に向かう途中に立ち寄った白石が気に入り、
景綱さんの推挙で伊達家に士官して、二代目片倉重長の娘を娶ったんだって。
安広の子、安国は伊達騒動を題材にした歌舞伎「仙台萩」の松前鉄之助。

墓石がちょと変わってるけど、ワタクシ的にはどうでもいいのでこの辺でw

もりだくさんすぎる瞬間


白石城が開く前の早朝すぎて観れなかったけど、本堂には景綱公や喜多さん他、
真田幸村とその娘の阿梅さん、2代目重長さんの位牌などもあるそうです。
阿梅さんは重長さんの後妻になった人。市内にお墓があるので後で行くわよ!


まだ白石城が開くまで少し時間があるので、ここ傑山寺からも遠くない
愛宕山にある片倉家廟所と喜多さんのお墓参りにちょいと行ってみます。


愛宕山片倉家廟所に参拝!〜に続く



*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング

2015.01.23 Friday 21:01 | comments(4) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 21:01 | - | - | - | 
あも (2015/01/30 10:04 PM)
サムライ銅像研究会様

こんばんわ! 

・・まぁ!片倉銅像は震災で遅れて24年完成だったのですか。
松島の円通寺に行った時、震災の被害に遭われた方とお話しする機会があり、
気の利いたことひとつ言えない情けなさを体感したことを思いだしましたよ・・





サムライ銅像研究会 (2015/01/30 8:32 PM)
こんばんわ。銅像の作者の中村晋也先生の美術館が鹿児島県にあるので、2010年秋に行きました。その時、学芸員の方から「来年、片倉小十郎の銅像が出来ます」と聞いていたのですが、東日本大震災で遅れた…という裏話があります
あも (2015/01/25 8:03 PM)
あきおうさん こんばんわ!

あの秀吉像と同じ方の作品なんですね!
言われて見てみると雰囲気に通じるものが。
秀頼像は、まだ見てないので大坂の陣ツアーする時は
思い出してチェックします!

誤字直しました。ありがとうございます!
全然気が付かなかったわ(-_-;)
あきおう (2015/01/25 12:41 AM)
あもさん
傑山寺!出来立てピッカピカの銅像を訪問するあたり、さすがは銅像LOVEのあもさんですねー(笑)
ちなみにこの像を作られた中村晋也氏は、大阪にある秀吉(@豊国神社)・秀頼(@玉造神社) 親子像の作者なんですよー。
白石城、去年の東北ツアーでは時間の都合で行けなかったので、次回は必ず行って、この銅像も見てきたいと思いまーす。
P.S. 最初の写真の次の行、傑山寺が傑作寺になっちゃってますよ&#12316;