<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 白石城に登城! | main | 瑞巌寺にて伊達政宗正室愛姫のお墓参り >>

当信寺にて阿梅さんのお墓参り

白石城からほど近い、当信寺にやってきました。
ここで白石に来て何かと耳にする阿梅さんのお墓参りをするのです。

数少ない遺構建造物だった瞬間


こちらは白石城の二の丸大手二の門だったもの。明治7年(1874)白石城解体の際、
専念寺に売却され、その後、当信寺山門として移築されたものなのだそうです。
2階に「眼象窓」を設けたり、開口を無くするなどの工夫がしてあります。

こじんまりとしていた瞬間


当信寺は法然上人によって開かれた浄土宗の寺院で、白石が蒲生氏から片倉氏に移った時、
現在の場所に移りました。片倉家二代重長公の後妻、真田幸村の娘阿梅の方の菩提寺です。

本堂には無料のカラーパンフレットが置いてあるので遠慮なくいただきます。
それによると・・本堂や庫裡は東日本大震災の後、修復されたのだそうです。

お手入れ万端だった瞬間


阿梅さんのお墓は本堂の右手裏の方にあります。案内が出てるので分かりやすい!
住職の奥さんかな? お庭の手入れをしていた女性が柔らかく挨拶してくれました。

丁重に供養されていた瞬間


阿梅さんと大八さんのお墓。裏庭のような場所に入るとすぐ見えて分かりやすい。

元和元年(1615)の大坂夏の陣の際、討死の覚悟を決めた真田幸村は敵将ながら
智勇を見込んだ片倉重長に阿梅、阿菖蒲、おかね、大八の4児を託しました。

遺児たちは白石城二の丸でひそかに養育され、後に阿梅は重長の後妻となり、
阿菖蒲は田村定廣に嫁ぎ、大八は片倉守信と名乗って伊達家に仕えました。
おかねさんは詳しく分からないのですがどうも早逝したようですね・・・

幸村を思う瞬間


人の形をしたのが阿梅さんのお墓。西国生まれの阿梅さんは西国人が多く通る
街道近くに埋葬されたいと願い、奥州街道沿いにあった当信寺に葬られました。

享年78歳。法号は泰陽院殿松源寿清大姉。大八さんは58歳で亡くなっています。

阿梅さんは両親の位牌もこの当信寺に安置したそうだから、こうして静かに
眠りについた今も、亡き父母のことを思っているのかもしれませんね。

罰あたりすぎだった瞬間


阿梅さんの墓石は如意輪観音像で、頬杖をついて瞑想している姿が
歯痛のため頬を押さえているように見えることから、墓石を削って飲むと
虫歯に効くとの迷信が生まれたらしく・・相当削られてると見ました(泣)

ミステリアスすぎた瞬間


で、こちらが白石老人のお墓。阿梅さんのお墓の近くにあるけど・・ん〜誰? 
と思って説明を見たら、名前も生国も分からず年齢不詳ながら文武百芸で
多くの人からとにかく崇敬されていたという仙人のようなジイ様のことらしい。
107歳で亡くなったとか何とか・・年齢不詳なのに何で分かるの?と思ったりw



よーし!これで白石で見たかったところはコンプリート!
次は車をぶっとばして大至急松島に向かい、伊達家ゆかりの寺を訪ねます。


瑞巌寺にて伊達政宗正室愛姫のお墓参り〜に続く



*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング


2015.02.15 Sunday 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将ゆかりの寺社仏閣 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 13:24 | - | - | - |