<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 西山本門寺にて信長サマの首塚にお参り | main | 名古屋城に登城! >>

中村公園にて清正と秀吉出生地を探訪!

何年ぶりかの名古屋出陣。今回は中村公園からスタートです。

昼過ぎとかにすると市内の道が混んだ場合は時間を大幅ロスするので、
名古屋城が開く前の時間を使って突撃! 日の出早い時期はサイコー!

中村公園は駐車場少ないので、早朝なのにギリギリ停めれた感じだったわ。
市民憩いの場らしく、散歩やランニングに太極拳?まで、人かなりいます。

立ち止まりはしなかった瞬間


ワタクシは何しろ妙行寺に行きたいんですが、公園内の「日吉丸となかまたち」
とりあえず見ておきましたw 立ってるのが日吉丸(秀吉の幼名)らしい。
この辺りが秀吉の出身地だということで豊国神社が建てられ公園が整備されたそう。

一心不乱に到着の瞬間


加藤清正公の誕生地にある妙行寺。清正が慶長10年(1610)の名古屋城築城の時、
余った余材を寄進して再建したというお寺です。もちろん清正の信仰した日蓮宗。

すでに興奮気味な瞬間


中に入るとすぐ目が行ってしまう素敵すぎる清正公の銅像に虎退治の顔出しパネル!
清正生誕地の碑にキヨマサハシ。熊本城に次ぐ清正ファンの聖地のひとつだわ!!

吸い寄せられていた瞬間


清正公のこの銅像は本当にかっこいいんだよね〜お参り前にかぶりついてます。
この角度から見ると迫力あっていいんだよね〜目が合ってる感じもグッとくるしw

朝からうっとりしすぎな瞬間


いやーーかっこよすぎる!! 清正公の銅像ってのは相当イメージに近い上、
銅像そのもののクオリティも高いので、ずっと見ていたい見飽きない魅力があります。

粘着質すぎた瞬間


うっとり〜♪ 名古屋の清正公は熊本の銅像と違って前立て有りバージョンの兜です。
ワタクシ男の子がいたら五月人形は絶対、虎退治加藤清正のやつにすると思うわ。

人気者だった瞬間


ちゃんとお参りもしないとね。ワタクシが銅像に見とれている間にも朝の散歩中の
おじさんやおばさんが入れ替わり入ってきてお参りをしていきます。清正パワー!

英文まで完備だった瞬間


幼名を虎之助といい、この地に生まれて秀吉に仕えて武功を立て肥後54万石の領主となった
的なことが書いてあります。英語の説明がw 奥に進んで清正公堂にお参りします。

ガツガツしていた瞬間


お堂の奥にはちょいとしたお庭があります。何ってことはないかもしれないけど、
もし妙行寺に来ることがあったら、銅像だけ見てお参りして満足して帰ったらだめ!

センスを疑う瞬間


小さな橋は「キヨマサハシ」っていうらしい・・ってなんでカタカナなんだ!? 
違和感ありすぎてピンと来なく、一瞬、ワタクシ文字が読めなかったしww

妄想はばたく瞬間


お庭の奥には「清正公生誕之地」の碑が。当時どんな風景だったかわからないけど
清正さん鼻水垂らして棒切れ振り回して元気に駆け回っていたんでしょうねw

顔がほころぶ瞬間


朝から暑いわ〜と思いながら下を向いてトボトボ歩いていると
歩道に清正さんの蛇目長烏帽子形兜が描かれたタイルを発見!

清正ほどテンションなかった瞬間


秀吉ゆかりの常泉寺に到着。大した距離じゃないのに汗ダクです。
尾張中村・・この辺りが秀吉の生誕地だと伝わっているんだそうです。

なかなか広かった瞬間


常泉寺は日蓮宗のお寺で、清正の一族円住院日誦上人によって慶長年間に
創建されたのだとか。見てないけど秀吉の采配とか硯を所持してるそうですよ。

疑惑のまなざしだった瞬間


秀吉お手植えの柊。秀吉が11歳(1547)の時に植えたと伝えられてるそうな。
・・ほ、ほんと!? 幹が衰えても下枝が育って現在に至るんですって。

目立ちすぎた瞬間


お立ち台に立つ太閤スタイルの秀吉さん。出生地に錦を飾った態になってますw 
隣にあるのが産湯の井戸。綺麗な水が湧いていたから寺号が常泉寺となったのだとか。

似合わないと思う瞬間


ワタクシは太閤さん秀吉より、信長の下でサルと呼ばれながら知恵を絞って
せっせと働いていた頃の秀吉が好き。銅像のほっぺについたゴミか虫が気になるw

疑惑のまなざしパート2の瞬間


産湯の井戸の後ろに積んであるのは千成瓢箪にちなんだ萬成石。
昭和に入って一時枯れ、今また復活して水が湧いているようです。

名古屋城開城に間に合わなくなるので車に戻りつつ豊国神社に行きます。

いきなりの到着だった瞬間


中村公園の中にある豊国神社。地元の秀吉を慕う人たちの尽力で明治18年に
創建されたものです。ワタクシは妙行寺や常泉寺を廻っていきなり来たけど、
中村公園前の道路から立派な鳥居が見えてましたっけ。参道無視してしまった。

図々しいにもほどがあった瞬間


拝殿には秀吉の肖像画がかかっています。へえーと思って見ているそばから、
参拝する方がちょいちょいやってきて、念入りにお参りしていきます。
秀吉を祀る豊国神社は出世、開運、茶道、建設にご利益があると言いますからね。
ワタクシも出世出世開運開運(茶道はいいから頼む)とお願いしましたわw

花より城だった瞬間


ゴールデンウィーク中だったので中村公園はツツジの他、藤も綺麗でした。
が、もう時間も押しているのでのんびり自然を楽しむ間もなく名古屋城へ!

名古屋城ハンパない混むからね〜駐車場待ちとかでロスしないよう急ぎます。


名古屋城に再登城!〜に続く




*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング

2015.08.01 Saturday 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2018.11.16 Friday 15:30 | - | - | - |