<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 中村公園にて清正と秀吉出生地を探訪! | main | 長久手古戦場に出陣! >>

名古屋城に登城!

中村公園から開城の9時に合わせて名古屋城にやってきました!

駐車場に車をぶち込んだら、まずは忘れないうち能楽堂へゴー!

素敵すぎた瞬間


さっき中村公園の妙行寺でねめ回してきたばっかりだけど、
鼻息荒く名古屋城能楽堂前の清正銅像も見に来てしまいましたw

時間を間違えた瞬間


午前中早い時間だと逆光になっちゃうみたいなんだよね・・失敗した。
でも何度見てもどこで見てもかっこよすぎて本当にかぶりついちゃうんだ。

開城と同時インの瞬間


清正愛はほどほどに9時ちょい前に券売場に並びと開城と同時にイン!
正門も撮りたかったけれどGWで人が多すぎて写真が撮れなかったわ。

再登城の余裕だった瞬間


とりあえず西南隅櫓を見ながらルート通り天守方面に向かいますが、
ワタクシは取り急ぎこの時、限定公開だった御深井丸の西北隅櫓へ。
天守石垣は清正さんが積んだのよね〜とうっとりしながら進みますw

貸切だった瞬間


限定公開の重要文化財の西北隅櫓。古名は戌亥櫓と呼ばれ清州城天守を
移築したものと伝えられています。実際は清州城の古材を転用したものらしいけど。
三層三階で、全国でも最大規模の隅櫓だと説明が書いてありました。
本丸へ向かうルートから外れるせいか、こちらはガラガラでゆっくり見れそうw

改めて感心する瞬間


靴を脱いで中に入ると壁の仕組みの展示があったりするので人がいないのを幸い、
しげしげと見てしまいます。知恵と職人芸の結集で美しく強い壁が出来るんですね。

妄想へはばたきかける瞬間


これは3階だったかな。名古屋城では最古の建造物になる重要文化財。
清州城の古材転用ということも相まってちょっと興奮しますね。

あまりに近代過ぎた瞬間


最上階からの眺望。堀の向こうは現代空間。地方の山の中の城と違って、
さすがに当時の風景というわけにいかないけど勝手に満足しておきますw

気楽に通行する瞬間


ルートに戻って本丸の方へ向かいます。どんと控えるのは不明門。
剣塀で忍び返しみたいのがついてて当時は開かずの厳重な門だったそうです。

気持ち悪い癖にガン見の瞬間


不明門へ続く土橋横の空堀が何やら気持ち悪いことに・・・
工事中らしいんだけどSFに出てくるシーンみたいでゾミゾミしてしまった。

落ち着きがなかった瞬間


不明門に行こうしてマップを眺めて礎石を見逃したことに気付いてリターン。
昭和20年の空襲で焼失した旧国宝だった巨大天守を支えていた礎石。
天守再建する時に堀外の御深井丸側に移され敷設状況を再現しています。

天下普請パワーだった瞬間


天守礎石のある場所の先には御深井丸側の堀が見えました。
尾張名古屋は城でもつ・・一部だけ見ても城の規模を思い知ります。

エレベーターが邪魔だった瞬間


空襲で焼けて、昭和34年10月に再建された天守。金鯱が輝いてますw
五層五階の天守は今は鉄筋コンクリート造だけど、空襲前まであったことから
写真や資料は多数残っていて、外観は当時に近いものになっているようですね。

入らなくてもよかった瞬間


再登城でしたがお約束で何となくまた中に入ってしまいました・・・
が、人・人・人でロクに見れず、階段上り下りで疲れましたわw

プライオリティを間違えた瞬間


前回の登城時はまだ資材が積まれた工事開始状態だった本丸御殿が建って、
ものすっごい人が中に入るために並んでいました。ワタクシも見たかったけど、
結構待つようだったので時間の都合もあって断念。天守やめときゃよかった。

まだまだ絶賛工事中だった瞬間


本丸御殿はもっと混むとこんなとこまで並ぶことになるのでしょうか・・・
前に来た時は御殿をこれから建てようかって時で天守を遠目に撮れたけど、
今回は人があんまり入らず、天守全景が綺麗に入るポイントがなかったわ。

登城しといてよかった瞬間


前回登城時の写真がこちら。小天守と大天守バッチリ見通しよかったね〜

伝説上等だった瞬間


旧二の丸東二の門近くにある清正石。清正が運んできた石と言われていますが、
この辺は黒田長政が担当したところらしく事実じゃないような・・
でも名古屋城築城は清正がものすごい頑張ったんだからいいんだよ。うん。

移築されても鉄!だった瞬間


清正石の近くにある旧二の丸東二の門。帯鉄が打ち付けられた頑丈な作り。
二の丸の東門だったのを昭和38年に解体、昭和47年ここに移設されたそうな。

威圧が大事だった瞬間


旧二の丸東二の門入った枡形。ココから見ると天守は清正石のずっと奥方向。
どこを見ても有事に備えて一歩も引かないみたいな気構えが感じられます。

お土産はしっかりゲットしていた瞬間


東南隅櫓は辰巳櫓とも呼ばれ多聞櫓が続いていたそうです。落狭間の破風が
やる気あっていい感じw 鯱は明治になって江戸城のを付けたものなんだそう。

なるほどなと思いすぎていた瞬間


西の丸から見る本丸に続く表二の門。広く深い空堀挟んでのこの門構え。
くぐったら目の前が本丸御殿だもんね。ディフェンス重視で重々しいです。

さらに食いつきすぎていた瞬間


西南隅櫓〜表二の門〜東南隅櫓・・ワタクシは天守よりこの眺めが好きです。
両櫓とも現存。これだけでも焼け残ってよかった。鬼畜米兵め。城は焼くなって!


いいわ〜いいわ〜と見える位置へと夢中で見ながら移動していたら
大変満足してワタクシそのまま登城を終えてしまいましたΣ(゚Д゚)!
車に乗ってから「あ、二の丸行くの忘れた・・」と思いだすも後の祭り・・・。

武将銅像ハンターぶってるくせに二の丸方面ある清正石曳の像を見忘れるわ、
旧那古屋城跡もメモってたくせに見逃すわ・・・数年後また再登城するわw

それにしても石曳の銅像見逃すとは・・・バカバカバカ!!

立ち直りが早かった瞬間


くよくよしても始まらないからね。名古屋コーチン特上親子丼を食べて、
気持ちを新たに長久手古戦場に向かいます! 古戦場はそういや久々w


長久手古戦場に出陣!〜に続く





*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング

2015.08.09 Sunday 01:02 | comments(2) | trackbacks(0) | 中部(愛知県) | 

スポンサーサイト

2018.11.16 Friday 01:02 | - | - | - | 
あも (2015/08/14 9:11 AM)
大川原英智さん

おはようございます! 遠足で名古屋城なんて羨ましいですね!
ワタクシは遠足で城跡公園に行った記憶がありますが、その頃は
建物ない城跡なんて全くピンとこないので走り回って遊んでました・・

中村公園はやっと行けました。雰囲気はまったく違っていても、
秀吉や清正の生まれ故郷という感慨に勝手に浸ってこれましたw 
大川原英智 (2015/08/10 7:39 PM)
こんばんは。

名古屋城は、僕が小学校のときに遠足やフィールド

ワークで何度も行ったので、とても懐かしい写真で

す。中村公園は高校生のときに単独で行ったことがあ

ります。もちろん、秀吉と清正に興味をもったからで

す。貴ブログからの新たな発見や情報で、学びなおす

ことができました。どうもありがとうございました。