<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< えさし藤原の郷を探訪! | main | 盛岡城に登城! >>

花巻城に登城!

えさし藤原の郷から車でちょいっと。花巻城に到着!

機嫌がよかった瞬間


ナビに言われるまま来たら、城跡なのに珍しく薬研堀跡の駐車場に到着w
車を置いて東御門跡から本丸へ。正面の表示は硝煙御櫓跡は右という案内。

盛り上っていた瞬間


ほどなく二の丸跡に建つ武道場、武徳殿が見えてきます。
印刷した資料がもらえるらしいけど、試合?でバタバタしてたので、
見るところは決まってるし下調べもしてるので、そのまま進みます。

単なるグランドだった瞬間


二の丸跡の大部分は花巻小学校の敷地。綺麗で広い校庭の部分には
当時、南御蔵の他、馬場や御厩に稽古場なんかもあったようです。

軽く驚く瞬間


二の丸跡から堀を渡って本丸へ。左側が二の丸、右が本丸です。
何もない校庭から来ると、堀が残ってることにも規模にも少々驚くw

想像しづらかった瞬間


堀を超えると御台所前御門跡。本丸南側の搦手門からインすることにw
当時の絵図では枡形門で、周囲は白壁と土塁が廻っていたようです。

城跡は保たれていた瞬間


本丸跡は児童公園になってるけど遊具とかはないのでとても良いですw

花巻城は元は鳥谷ヶ崎城といい、稗貫地方を治めた稗貫氏の居城でしたが、
天正18年(1590)小田原攻めに参陣しなかったため秀吉に所領を没収されます。
その後、南部氏の領有となり北秀愛が城代として入城。花巻城と改められました。
城代が置かれて幕末まで存続しますが維新後、払い下げの後、破却されました。

見晴らしがよかった瞬間


すぐ下の鳥谷ヶ崎公園はとりあえず無視して、本丸から北側を見下ろし眺めるw
本丸から二の丸、三の丸のある城域は高台。周囲の川も生かした要害でした。

見逃さなかった瞬間


本丸東端の菱櫓跡。今でも高い建物がないのでかなり遠くまで見渡せます。
こちら側は他に曲輪もないし、ワイドビューで警戒してたんでしょうね。

気持ちの問題だった瞬間


埋まった本丸井戸跡だけど、標柱立てて残しておこうって姿勢は大事だよ!
児童公園と言いつつ、本丸はちゃんと城跡として残されてる感じあります。

少し目が輝く瞬間


さっき見た堀に面した本丸南側には土塁がしっかり残ってました。
こちら側は武具蔵跡もあったみたい。土塁は右に廻っていきます。

取ってつけたようだった瞬間


その土塁が続いて西御門へ。藩主の使用する本丸への正門で、
平成6年、花巻開町400年を記念して復元されました。

実はイケイケだった瞬間


南部氏の城代が置かれた花巻城は一国一城令の例外。天守こそなかったものの、
本丸には二階櫓なんかもあったようで、西御門も重層でごつかったみたい。

分かりやすかった瞬間


車を停めた薬研堀から復元された西御門までの案内図がちょうどあったわw
本丸から二の丸にかけては一通り、標柱だけってのも含めて一応、見終わった!

信号待ちのチャンスを生かした瞬間


ちなみにこちらは帰りの車道から見た本丸の様子。緑地帯みたいなところは
川が流れてちょっとした堀のように。そこを超えて登っての小高い本丸。
花巻城って二の丸も三の丸も含め、このくらいの高台の上にあるんです。

ココに限らず払い下げ買って保管していた人を讃えたいと思う瞬間


こちらは車を停めた薬研堀からほど近い、鳥谷崎神社にある円城寺門。
南部政直が飛勢城の追手門を移築し、花巻城三の丸搦手の円城寺坂に建てたもの。

維新後の取り壊しで門は払い下げられ、最終は神社境内に移設され、
昭和36年に花巻市の助成金を受けて今の位置に復旧されたそうな。
花巻城唯一の遺構として昭和35年に市指定有形文化財に指定されてます。

通りもガン見で分かったような気になる瞬間


神社から一本道で行けるので、花巻市役所前の大手門跡も見てきました。
一角に碑があるだけだけど、前の道路には枡形の名残りがあった気が。
しかしその肝心な写真は撮り忘れるブロガーの風上に置けないワタクシw

案内板を読んだら見る目が変わる瞬間


大手門跡碑の横には時鐘が。盛岡城で鋳造したけど鐘声が小さいからと、
花巻城に移されたそうです。当時は二の丸・・花巻小学校校庭のあたりで
鳴らされていたのだとか。移されてるけど地味に1600年代からある現存!

これで花巻城コンプリート! 花巻は城より宮沢賢治押しなので
記念館やら墓のある寺なんかもあるんだけど一ミリも興味なしw

一ミリも興味なかった瞬間


でも旅館のチェックインまで時間が少しあったのでイギリス海岸に来てみたw

賢治が「イギリスあたりの白亜の海岸を歩いているような気がする」って
名づけたんだけど、今見るに「おい、単なる川だろ!」と思ってしまう。
けど賢治の頃には川床が見えて白い石が浮き出ることがあったらしいので、
地質に詳しい方ならではの表現ってことで・・まぁどうでもいいんだけどw

久々の清水ジャンプだった瞬間


いつも出陣は寝るだけ重視でビジネスホテルで済ませることが多いケド、
仕事も頑張ってるし、年イチくらい贅沢もいいかなと「志だて」を予約。

呑兵衛には向いてなかった瞬間


早い時間から夜通し走るので前夜は飲めず、一日ビールを欲しているワタクシ。
着いて1杯、風呂上りに1杯。食事で何杯も・・飲み物代の追加料金ハンパなかったw


温泉つかってたらふく飲んで英気を養ったところで、
岩手二日目は花巻から盛岡に移動します!


盛岡城に登城!〜に続く




*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング
2016.02.25 Thursday 00:09 | comments(2) | trackbacks(0) | 東北(岩手県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 00:09 | - | - | - | 
あも (2016/02/29 10:14 AM)
あきおうさん

ご無沙汰です!

花巻城は私もあんまり期待してなくて瞬殺かな〜
と思ってたんだけど、何気に時間かけましたよw
ワタクシはマメじゃないので、写真撮っても
ブログ載せるのだいぶ端折っちゃいますから、
あきおうさん登城の際は細かいところも是非
お願いします!! 見てまた思いだしますw

抜け抜けで登城してるのでワタクシも東北はまた行きたいなぁ。
とりあえず秋田・・久保田とか横手行きたいですね!


あきおう (2016/02/28 11:16 PM)
ご無沙汰しています。
花巻は個人的に2年前の東北城めぐりの際に(前の城で粘りすぎて)泣く泣くスルーした場所なので、興味深く読ませてもらいました。
街中なので遺構は城門と鐘楼だけかと思いきや、立派な土塁や巨大な水堀まで残ってるんですねえ!これは行きたい。
九戸 白石 久保田 そして 花巻。続・奥州仕置の候補地が決まってきました。
それにしても城の後のビールは最高!私は電車派なので遠征時は毎日飲みまくりですよ(笑)

では次回の盛岡以降も期待してまーす。