<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 新府城に登城! | main | 願成寺にて武田信義のお墓参り >>

武田八幡宮へ参拝!

涙の森新府城と史実の逆回り風で回ってしまってるワタクシですw
次は勝頼夫人が新府城落城前に願文を納めた武田八幡宮にやってきました。

韮崎プライドだった瞬間


武田八幡宮入口の交差点。この先が武田八幡宮で後ろの山はきっと白山城。
韮崎市はちょっとした史跡でも超分かりやすくて、武田愛が感じられます。

早くも重みを出してくる瞬間


ほどなく二の鳥居が見えてきます。これは江戸時代に再興されてるらしいけど、
承久2年(1220)の頃には修復された記録があるというから何だかすごいw

鳥居の横に駐車場があるけど、つきあたりの八幡宮まで歩くのいやー!
ワタクシは鳥居をひとしきり眺めたら、車で前まで行っちゃうのよ。

結界感がハンパない瞬間


車はすぐ横の駐車場に停められる。まずは入口に立って全体を眺めてみる。
中に入ったら、最強武器や何とかの力的なやつを授けてもらえそうなw

ワクワクする瞬間


まずは石造明神鳥居。手前の付正面石垣と合わせて県指定有形文化財。
ここから総門、舞殿、拝殿、そして国重要文化財の本殿へと続きます。

武田八幡宮は勝頼夫人が戦勝と繁栄の願文を納めたというだけじゃなく、
武田発祥の地と言われてる場所。信玄ラブじゃないけどちょいと興奮w

すでに重みを感じてる瞬間


武田八幡宮は弘仁13年 (822)、嵯峨天皇の勅命により、地神である
武田武大神の祠廟に九州の宇佐八幡を迎え、併祀して創建されました。

清和天皇の頃に京都石清水八幡を併祀し甲斐源氏の崇敬を集めると、
武田の荘に居を構えた新羅三郎義光の曾孫信義が八幡宮社前で元服して
武田氏を名乗り氏神としました。

武田を想う瞬間


天文10年(1541)、甲斐守護となった武田晴信(信玄)が現本殿が再建、
天正10年(1582)には勝頼夫人が戦勝と武田家の繁栄を祈願した願文を奉納。
武田八幡宮は発祥以降、ずっと深く武田と関わってきたんだよね・・すごっ!

あっさりスルーする瞬間


階段上って舞殿。シンプルってか質素め。でも文化財指定じゃないので
武田の頃どうだったか分からないけど、神楽の妄想は別にいいので先へw

武田菱がまぶしすぎた瞬間


階段上ると拝殿。真田丸とかの絡みで人がいるかと思ったけど全然いない!
普通に天気だったけど木々が鬱蒼としてて人いないので静寂で神秘的なの。

あまりにも残念な人だった瞬間


拝殿の奥にチラッと見えるのが重要文化財の本殿。で、拝殿の横に勝頼夫人が
納めた願文を刻んだ石碑があったから、ワタクシしげしげとそれ眺めまして。

新府城とか涙の森のこととか、自害した景徳院のこととかまで思い出して
夫人の気持ちを妄想してたら、きっと自己完結しちゃったんだろうね。

じゃ本殿も見るかな〜って、でも正面からじゃ見えないことに気づき、
横に回った写真を撮ったら、すっかりその場を離れてしまったよΣ(゚Д゚)!

・・で、肝心な石碑の写真なし。上の写真だと中央の黒い物体がそれw

勝頼夫人によって願文が納められたのは天正10年(1582)2月19日のこと。
木曽義昌に裏切りをきっかけに織田・徳川連合軍の武田領侵攻が開始され、
親族衆や家臣が離反していく中、勝頼の戦勝と武田繁栄を願ったものでした。

八幡大菩薩様 勝頼を勝たせてください。勝頼には悪い心はありません。
こんなことになって勝頼も私も悲しみ、涙も枯れるほどです。
武田の命運を開いて子孫繁栄させてください。願いが叶えば社殿も回廊も
美しく建て直しますから・・・ざっくり言ったらこんな感じのお願い。

でも願い届かず、それからひと月も経たぬ間に逃避行の果ての自害・・。
幻庵長老の教えを守って? 武田の嫁として生きた戦国の女性でした。

オーラ出まくりだった瞬間


本殿をじっくり見るには横に回ります。正面も裏もよいポジがないので横。
信玄が再建したいという本殿は国の重要文化財。そう思うと重みハンパないw

前のめり感が大事だった瞬間


石柵がじゃまなので顔をグイッと近づけ、カメラも突っ込むのがマストw
難しいことはわからないけど檜皮葺で全体も重厚で凝った造りみたいよ。
超イケイケだった当時の武田パワーみたいのが乗ってるのかもしれないね。

甘く見ていた瞬間


本殿脇には白山城跡の看板が。鎌倉時代初期、武田信義が要害城として
築いたのが始まりで、烽火台や堀跡が残っているらしい。25分くらいなら・・

安全第一だった瞬間


と思ったけど、これ行ったらダメなやつだ。冬眠明けの熊とかマジやばい!
慣れた地元の山菜取りでも襲われたりしてるニュース聞いたりするもんね。
縄張り図はともかく、音が出るものとか何も装備がない時はやめときましょう。



それにしても大事なブツの写真を撮り忘れるだなんて・・悲しすぎ!
涙の森新府城からの願文納めた八幡宮まで逆順まわりも終わったので、
次はその他、韮崎にある武田関係の史跡をバンバンめぐっていきます!


願成寺にて武田信義のお墓参り!〜に続く




*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング


2016.07.21 Thursday 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将ゆかりの寺社仏閣 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 13:55 | - | - | - |