<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 願成寺にて武田信義のお墓参り | main | 谷戸城に登城! >>

大輪寺にて甘利昌忠のお墓参り

甲斐武田氏の始祖、武田信義ざんまいの後は武田家臣のお墓参り。

武田八幡宮願成寺と並んで、こちらも韮崎武田めぐりのマストと思われます。

急いで正面に回る瞬間


山門とかなくて田んぼ道から寺域に入ってしまったのでいきなり本堂w
こちらは大輪寺というお寺。武田家臣甘利昌忠の墓所があるのです。

気配も見どころもなかった瞬間


昌忠さんのお墓は本堂左手奥を入った正面。案内はないけど見つけやすい。
大輪寺境内は甘利氏の居館跡らしいけど、ワタクシに気配は感じられませんw

フェイントすぎた瞬間


センターのデカいのが昌忠さんのと思いきや、よく見たら左のだった!!
デカいのは慶受院日国聖人の墓碑。この人、昌忠さんの三男で父を開基とし、
大輪寺を創建した人なんですって。ちゃんと読める状態でマジよかったわw

究極の選択だった瞬間


昌忠さんは上田原合戦で板垣信方とともに討死した甘利虎泰の嫡男。
13才で虎泰の跡を継いで武田信玄に仕え、譜代家老衆として活躍しました。

父の虎泰も猛将タイプだったと言われるけど昌忠さんもなかなかのツワモノ。
その豪傑ぶりを今に伝える逸話がなんと「馬糞汁」・・・っていやすぎるw

武蔵松山城攻めの際、腹を撃たれて深手を負った家臣に鉄砲傷に効くと
いわれる芦毛馬の糞をとかした汁を飲ませようとした昌忠さん。

家臣に「そんなの飲むなら死んだ方がまし!」と拒否られると
「生き延びて主君に仕えるのが家臣の務めじゃないか!」と叱り飛ばして
汁を二口飲んでみせ「うまし!」。それを見た家臣がしぶしぶ汁を飲むと
痛みが引いて命を取り留めたそうな・・・ちょw 感動だけどマジ無理w

何はともあれ合掌する瞬間


部下からも信玄からの信頼も厚かったという武田有力家臣だけど没年不詳。
若いうちに落馬により不慮の死を遂げたと言われてるけど・・なんか違和感。

甘利左衛門尉昌忠。法名「大輪寺院殿日作大居士」。

戦国に思いをはせる瞬間


大輪寺の目の前は田んぼ。今ながめてもなんだかよくわからないけど、
近隣には北門・的場なんて地名も残っていたり、天目茶碗なんかも
発掘されているというから、やっぱり甘利氏の館跡なんでしょうねぇ。


武田巡り、韮崎市はこれで終了。続いて北杜市に移動します!


谷戸城に登城!〜に続く。



*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング
2016.08.19 Friday 19:49 | comments(2) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 19:49 | - | - | - | 
あも (2016/08/21 8:28 PM)
南行さん

こんばんわ!
甘利虎泰の墓、同じ戦で討ち死にした板垣さんはあるのにホント不思議ですね。
子の昌忠さんも墓はあるものの死因とかはっきりせずというので、重臣の家なのにそんな?って首をかしげました。
南行 (2016/08/21 12:00 AM)
かなりマニアなところ攻めてますね。
甘利虎泰の墓はどこにあるのかなと気になっているのですが、どうもこれはよく分からない様です。

板垣信方の墓は上田にありますが、甘利虎泰ほどの武将の墓が分からないってのは不思議なものです。