<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 大輪寺にて甘利昌忠のお墓参り | main | 龍岸寺にて真田信尹のお墓参り >>

谷戸城に登城!

甘利昌忠の墓がある韮崎市の大輪寺から、お隣の北杜市に移動してきました。

韮崎が甲斐武田発祥の地なら、これから行くのは甲斐源氏誕生の地!
地味だけど、その場に立ってる感に興奮出来そうな谷戸城に登城するのです。

落ち着きのない人だった瞬間


建物の写真を撮り忘れたけど、谷戸城の入り口は北杜市考古資料館の目の前。
資料館には城の模型や発掘品展示があるんだけど時間ないので省略します。

甲斐源氏誕生だった瞬間


親子連れがパラパラ戻ってくるのが気になるけど、とにかく登城開始!

谷戸城は平安末期、常陸から配流された源義清・清光父子が逸見の地に土着し、
居城として築いたのが始まりと言われます。この清光の次男が武田氏初代、武田信義
源義清ってのはあの「新羅三郎義光」の子。この辺りは甲斐源氏のルーツ。
韮崎武田巡りからずっーと思ってるけど知るほどに武田の名門ぶりすごすぎw

ちなみに清光の嫡男光長は逸見氏を名乗ってこの地を治めたらしいけど、
信玄の頃には武田の方に吸収されたような?感じになっていたみたい。

説明付きで安心の瞬間


城の案内板の脇にあった横堀。南へ傾斜する尾根と山を分断してたんだって。
正直その感じ分かりづらいので、説明が色々書いてあるのはありがたかった。

回したりひねったりしていた瞬間


持ってた縄張り図が実際と逆だったから地味にこんがらがってたw
左右逆でも何かわかりづらいし、さかさまに見るのも読みづらいし。

念入りだった瞬間


縄張り図をこねくり回しながら、四の郭からの帯郭前に来ました。
先の土塁奥が二の郭。簡単には進ませない感が分かりやすいです。

帯郭に仁王立ちの瞬間


右の土塁が二の郭。帯郭の左手にあるちょい土塁とそれ境いに左が四の郭。
二の郭への防御の他、四の郭と五の郭をつなぐ通路の役目もしてたんだって。

使い勝手が想像できない瞬間


二の郭の中に入ってみたところ。土塁の中に空堀あるのが変わってる!

谷戸城は天正10(1582)年、武田家滅亡後に甲斐国をめぐって徳川と北条が争った
天正壬午の戦いで北条が制圧した一つで、その時に改修したと推測されるんだって。

北条さんが掘ったのか? 意図とか何がしたかったのか残してほしかったよね。

ピンと来てなかった瞬間


二の郭を進んで一の郭の虎口・・っと写真の角度が残念だったかしら?
見やすくてわかりやすいけど、ワタクシあまりイメージがわかないがw

ピクニック場になっていた瞬間


一の郭は広くないし、こうして見ると囲む土塁もそんなに高いわけじゃない。
ホントは少し引いて撮りたかったけど親子連れがど真ん中でランチ中につき・・

結局よくわかってなかった瞬間


谷戸城は喰い違い虎口が多い中、一の郭は平虎口。門があったようです。
一の郭、あんまり最後の砦って感じしないけども、どうだったのでしょうか。

行き届いていた瞬間


さすが国史跡だけあってよく整備されて、案内板も各見どころに完備!
土塁、虎口、空堀、帯郭・・ってのがわかりやすいのも気張らず見れていいw
この整備なら夏に来ても草ボーボーってことはなさそうだなって思った!

残念な人だった瞬間


いったん登場したとこまで戻って今度は横っちょの道を進んでみます。
下調べが出来てなかったので絡め手側に降りず、元に戻ってくる人w

雰囲気が大事だった瞬間


左が今降りてきた一の郭があった側、右は居館があったという六の郭跡。
道が通って畑や宅地が出来て、ずいぶん変わってるんでしょうけど。

感心していた瞬間


谷戸城側を見上げると、二の郭手前で見てた以上に帯郭の存在が
ぐるっとあるのがわかって、当たり前だけど縄張り図どおりだわとw

もう十分だった瞬間


多分この畑の中を進んでいくと六の郭の土塁とかあると思うんだけど、
民家もあることだし、そうまでして見なくてもいいでしょってことで終了!

谷戸城は復元土塁もあるけど、全体的に遺構がちゃんと残ってるし、
整備は行き届いて案内板も充実しているのでおすすめ! 
天正壬午の戦いで徳川と北条が鎬を削った地の空気感も味わえたしね。

まったくの偶然だった瞬間


谷戸城を後にして次なる目的地に向かう途中、ナビの通りに走っていたら
何やら立派な史跡の前を通りかかりました・・ナニソレ、全然知らないけどw

首をかしげた瞬間


縄文時代の集落跡や祭祀施設と中世の城館跡が複合した遺跡なんだって。

・・・へぇ、竪穴じゃないのもあったんだ(*°∀°)=3

とか思っちゃうワタクシの古代レベル、多分相当やばいww

お金かけて整備してるし国の史跡らしいけど、全然有名じゃなくない??
谷戸城すぐ近くだから、もっとセットでアピールすればいいのにね!

なーんて無責任に思ったところで、次なる龍岸寺へ改めて出発!
近くに来たので、真田信尹さんのお墓参りをします。


龍岸寺にて真田信尹のお墓参り〜に続く





*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村  人気ブログランキングへ人気ブログランキング城  歴史ブログランキング


2016.09.02 Friday 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 中部(山梨県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 21:15 | - | - | - |