<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 摺上原古戦場に出陣! | main | 土津神社にて保科正之のお墓参り >>

猪苗代城に登城!

摺上原古戦場に一寸、立ち寄ってから猪苗代城にやってきました。

貸切な予感だった瞬間


公園側から廻った登城口前が駐車場なんだけど車1台もない!
真夏の昼下がり。ハアハアしてても誰にも見られず登城できますw

もれなくロックオンの瞬間


駐車場スペースの片隅には今は公園に内包された城域の案内図やら、
説明なんかの案内板がバンバンあるので見逃さないようにする!

見応えに期待の瞬間


現在は亀ヶ城公園として整備されていて、本丸を中心に遺構が残っています。
というわけで嬉しい大手口からの登城。思ってた以上な感じでテンションアップw

ウットリする瞬間


大手多聞櫓跡の石垣。この辺りは蒲生氏郷時代に積まれたものだそうです。
下調べで初めて立派な石垣が残ってるってことを知って楽しみだったんだ。

アドレナリンとか色々なものが出始めてる瞬間


大手枡形門跡を過ぎて登ってく。真夏の昼下がりで超〜激暑なんだけど、
見応えある遺構に囲まれながらだと思ったより頑張れるから不思議w

取ってつけたようだった瞬間


階段登ると三本杉井戸が出現。当時はきっと石積みとかだったろうね。
猪苗代城には2つの井戸があったそうな・・・んー先を急ごうw

古っ!色んな歴史があった瞬間


石段を登ります。全然コンパクトなんだけど廻されるので広く感じます。

猪苗代城は源頼朝の東北遠征で功のあった佐原経連が築いたといわれ、
戦国期にはその子孫が猪苗代氏を名乗って居城としました。別名、亀ヶ城。
猪苗代氏は会津地方に勢力を誇った葦名氏の分家でもありましたが、
摺上原の戦いでは当主猪苗代盛国が葦名氏を裏切って伊達政宗に内応。
猪苗代城は伊達氏の会津攻略の重要拠点となり、衰退していた葦名氏は滅び、
猪苗代氏はこの功績により伊達準一門に列せられ、幕末まで仕えました。

その後、会津には蒲生氏郷、上杉氏、加藤氏の時代を経て保科氏が入りますが、
鶴ヶ城(会津若松城)の出城である亀ヶ城(猪苗代城)は会津の重要拠点とされ、
一国一城令の例外として存続し明治に至ります。しかし戊辰戦争で城代だった
高橋権太夫が官軍の接近を見て城を自焼して退却したため、建て物は焼失。
そのまま廃城となりました。明治38年、有志が城跡を保存し、昭和33年になって
都市計画により整備が進められ、昭和44年亀ヶ城公園になりました。

高橋・・近づいて来ただけでビビッて城を焼くんじゃない!

炎天下でもウットリの瞬間


フーフー言いながら登ってくると帯曲輪法面石垣。古びて味がある。
大震災で被害があったと聞いた気がするので修復されてるのでしょうか。

見るだけにする瞬間


法面石垣からのひろびろ帯曲輪。猪苗代城って帯郭がすごい印象に残る。
左は二の丸。これを行くとモロ公園みたいな方に出てしまうので廻れ右!

暑いけど案外体力ケチらなかった瞬間


法面石垣から更に石段を登っていくと本丸にあたって左右に分かれる。
右に進むとダイレクト本丸でつまらないから左の門跡からネットリ行くw

目を見開く瞬間


左に行くと二の郭櫓門跡がドーン!重厚な門構えだったろうなって思う。
誰時代にどう手を入れたとか詳しく分からないけどなかなかなお城だよね。

ぎらぎら照りつけてる瞬間


二の郭櫓門西側の石垣。猪苗代城は主要な遺構には名称が表示されてる。
でもどうせなら誰の時代のとか案内板なんかも置いてあるといいのにね。

気になる瞬間


こちらは二の郭櫓門南側の石垣。同じ櫓門石垣でも積み方違うもんね。
後からちょっと調べてみたけど詳しい説明とかが見つからなくて。

気になるのは首の方だった瞬間


二の郭にイン!ここ自体はすごい広ーいって感じではないのかな。
周りは申し訳程度に残ってる感じの低い土塁で囲まれてました。

勝手に思い入れる瞬間


首の人は世界のドクター野口。猪苗代町で生まれ育った野口英世はこの城でも
遊んだりしたって。この人ホントすごいよね。てか母シカさんもすごいんだよ。

のぞいては見た瞬間


二の郭にある井戸門跡。軽く崖みたいになってて向こう側に降りられなかった。
縄張を見るに降りていくと大手口の南の方に繋がっているみたいな。

吸い寄せられる瞬間


四脚門跡と本丸隅櫓台石垣。建物ないけどごつかった感じが分かりやすい。
暑くて残りの体力も少ないんだけど本丸を後にして下に降りちゃいますw

美しかった瞬間


四脚門と本丸櫓台が鎮座した様を見上げる想像しながらの帯郭も見とく。
猪苗代城やっぱ帯郭がかっこいい。そこへの土塁に石垣・・よすぎw

大勢は居座れなそうだった瞬間


帯郭から公園の方を見下ろしたところ・・って低っ!本丸はもう少し上だけど、
にしてもちょっとした丘の上みたいなとこにあるコンパクトなお城なんだね。

ざわつく瞬間


さっきの門跡に戻っていよいよ本丸へ。本丸へは黒門跡からインします。
ここまで貸切だったけど本丸に来たら家族連れとカップルがやってきました。

モヤモヤしていた瞬間


土塁のところに「雁木」の表示があったけど・・説明ちょうだい!
土塁の内側を段状にした的なやつのことを指すのでしょうか??

美しい城と美しい山に満足する瞬間


本丸内部は結構広い!周りを2mないくらいの土塁が廻っています。
せっかく磐梯山が望める所なのに写真が見切れてしまっているのが残念!


猪苗代城はコンパクトながら見ごたえのある美しくてかっこいいお城でした。
近くにある町役場情報館に行くと縄張図とか資料もらえるらしいのだけど、
お盆で休みだったから残念。それがあったらモヤモヤも少なかったのかもw


次は会津藩主保科正之のお墓参りに、すぐ近くにある土津神社に向かいます。


土津神社にて保科正之のお墓参り〜に続く



Writen by あも Love城! Go!名所旧跡


*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  


2017.01.27 Friday 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 東北(福島県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 17:48 | - | - | - |