<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 土津神社にて保科正之のお墓参り | main | 福聚寺にて田村氏三代のお墓参り >>

三春城に登城!

土津神社から少し走って田村郡三春町に移動してきました。
三春城や田村氏墓所の他もちょいちょい見るところがあるので忙しいよ!

三春城に行く前にまずは三春小学校へ立ち寄っておきます。

何だかかわいい佇まいだった瞬間


18世紀後半に7代藩主秋田倩季によって設けられた藩講所の表門を移築した校門。
倩季の筆による明徳堂の扁額を掲げていることから「明徳門」と呼ばれています。

とにかく体力をケチる瞬間


明徳門をくぐって夏休みで誰もいない校庭へ。ここは当時藩主の屋敷だったって。
校舎の後ろに見えてる「こんもり」が三春城跡。車でチャッと登っちゃおう!

ぐいぐい行く瞬間


三春小学校のすぐ先に登城口があって、車で駐車場のある二の門跡まで登れます。
三春城って近世に改修された部分もかなりあって縄張り図が分かりづらい!
ワタクシは山頂にある中世の遺構が見れればいいので、車で登城が正解ですw

あやうくスルーするとこだった瞬間


駐車場の脇には「愛姫 生誕の地」の碑。愛姫三春城主田村清顕の1人娘。
政略結婚で12歳で伊達政宗に嫁いで以来、57年も寄り添った才色兼備の人。
五郎八姫や2代忠宗を産んでいます。メゴちゃんは超かわいかったんだって。

速攻で萎えかけてた瞬間


さて。本丸に向けて登っていきます。光って見づらいけどつづら折りになってて。
著しく体力がないワタクシには暑い中、登りが続くのが一番きついけど頑張る・・

勝手に予想する瞬間


ハァハァしながら揚土門跡。詳しい説明がないから詳細はわからないけど
数ある門の中でも大事な所だったんだろうなと思いながら息切れしていますw

さらに登る瞬間


門があった所・・名前からして中世の頃は土を盛った門だったのかな?
暑くてきついけど、ヤブ蚊とか変な虫がいないのがホントに救い。

やたら時間がかかる瞬間


少し登って次は三之門跡。分かりづらい図を見るにもう少しで本丸のはず!!
とか言いながら、ワタクシはもう死にそうで木陰で休憩しましたけどもw

とにかくもう登らなくてよさそうだった瞬間


やっと大門跡に着いた! 本丸のように思うけど実はまだ本丸ではなくて、
縄張り図見ると本丸下段とか二の丸とか・・何かちょっとわかりづらいの。

ロックオンの瞬間


少し先に目をやるとこんもりした場所があって、案内板と城址碑が見えます。
下段に対して上段と言うのかわからないけど、とにかくあの部分が本丸です!!

ややこしかった瞬間


さっさと木陰の本丸に行かなきゃ焦げるのに、脇見したら見えたので来てみた。
下段じゃなくて二の丸跡って書いてあるね・・・まぁこの際どっちでもいいかw

木陰がありがたい瞬間


フーフー言いながら本丸前にきました。案内板と城址碑が建っています。
案内は三春城跡ですが、城址碑には「舞鶴城跡」の別名が彫られています。

無理だわコレと思った瞬間


城址碑を進んでいくと本丸虎口・・から見える奥の方は草ボーボー!!

三春城は永世元年(1504)築城と伝えられ、坂上田村麻呂の子孫と言われる
田村氏が居城として勢力を広げました。戦国期になって葦名氏や佐竹氏と争うと
1人娘を伊達政宗に嫁がせて同盟を結び、田村家の存続を図ります。
しかし秀吉の小田原攻めに政宗の命で参陣しなかった事から改易されると、
会津に入った蒲生氏や加藤氏の支配を経て、江戸時代に松下氏が入封。
三春藩となり城も改修されました。正保2年(1645)秋田俊季が入ると
以降、三春藩5万石として11代続いて幕末を迎えました。

ジャングルだった瞬間
石垣もあるけど見えない

ボーボーの中に本丸の標柱・・石垣も残ってるのにまるで見えない(*°∀°)=3
ありがたい砂利が敷かれた通路も虎口からここまで。草を踏みしめて進むよ・・

秋田色だった瞬間


本丸にある天守台的なのは秋田氏を祀ろうとした基壇なんだって。
秋田氏の慰霊碑があったらしいんだけどヤブ過ぎて探せなかった。

春秋がおすすめだった瞬間


大広間跡。ベンチとか置いてあるんだけど草に埋もれてたどり着けないし、
山城だからホントは三春の町が見渡せるはずなんだけど見晴らしも全然ダメ。
なのでもう降りますw 近世に造られた二の丸は公園風だし別にいいかなって。


ワタクシ的には田村氏の方が印象強いんだけど改易されたから影薄い(*°∀°)=3

一人娘を嫁に出して伊達と同盟したはずが、気づけば服属したみたいになり、
行くなと言われて守ったら、言った本人はちゃっかり小田原参陣してたっていう。
結果、はめられたみたいになって改易された田村さん・・役者が違ったんだな・・('A`)

愛姫(陽徳院)もこんな断絶の仕方だから心を痛めていたんだろうね。
夫の政宗や子の忠宗に度々再興を懇願したそうで、後に忠宗の三男宗良が
岩沼3万石を与えられ田村家を継ぎ、子孫は一関藩として維新を迎えました。


さて。ダッシュで山を下りたらまずは田村氏三代のお墓参りに行くよ!


福聚寺にて田村氏三代のお墓参り〜に続く




writen by あも Love城!Go名所旧跡!


*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  

2017.02.18 Saturday 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | 東北(福島県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 17:08 | - | - | - |