<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 三春城に登城! | main | 高乾院にて秋田家廟所に参拝! >>

福聚寺にて田村氏三代のお墓参り

三春城を降りて三春町の中にある福聚寺へ。田村氏のお墓参りをします。
三春って町そのものの佇まいが何だかかわいくて、ちょっとほっこりするw

狭まめだった瞬間


三春城から車ならほどなく。お寺は通りから入った狭い生活道路の先にあるみたい。
こんな短い距離で2台すれ違ったけど、2台ともデカイ車だったのでぎりぎりw

危うく満車だった瞬間


山門の手前と向こう側に駐車場があって多く停められるのに結構こみこみ。
お墓参りの人が多かったので、邪魔にならないようダッシュで行ってきます。

モダーン風だった瞬間


福聚寺は臨済宗のお寺で、暦応2年(1339) 田村輝定の開基により安積郡福原に建立され、
永正元年(1504) 田村義顕が三春城に移る時、現在地に移転してきたんだとか。
住職は芥川賞作家の玄侑宗久。本堂から法要の声が聞こえてたけど中にいたのかな。

ホッとする瞬間


田村家の墓所はお寺の奥。本堂の左手の方に案内が出ていました。
念入りにチェックしてから来てるけど案内があるとホント安心する。

場違い過ぎた瞬間


案内のところから伸びる通路を通ってお堂の方に登っていきます。
一般のお墓ゾーンなのであちこちからお線香の香りが漂ってきます。

分かりやすかった瞬間


つきあたりまで登ると、一段高くなった所に田村氏三代の墓がありました。
田村三代というのは三春に移って戦国期を生きた義顕・隆顕・清顕のこと。

お手入れが行き届いていた瞬間


左が守山から三春城に居を移して戦国大名田村氏の名乗りを上げた義顕。
中が伊達稙宗の娘を娶って葦名や佐竹との戦いに明け暮れた隆顕。
右が1人娘の愛姫を嫁がせて伊達と同盟を強化し勢力を広げた清顕のお墓。

新しかった瞬間


三代の戒名と没年が彫られた碑。義顕 永禄4年(1561)、隆顕 天正2年(1574)、
そして清顕が天正14年(1586)没。戒名は長雲寺殿前光録大夫空山松公大居士。

無常感な瞬間


清顕さん人型だけに哀愁やら苦悩やら?色んなものが漂ってる気がする(*°∀°)=3

男子がなかった清顕さんは政宗と愛姫の間に男子が生まれたら田村を継がせるよう
遺言するんだけど、それまでどうするかって清顕の妻の実家の相馬氏と、
愛姫を娶って同盟を結ぶ伊達氏で主導権争いが起きて家中が二分される騒ぎに。

結局、政宗が三春に乗り込んで清顕の甥、宗顕を跡継ぎとして落ち着くんだけど、
宗顕は伊達の血も引いていることから、気付けば伊達家所属のようになってしまい、
挙句、小田原に参陣するなと命令を聞いたばかりに改易される後の祭り・・つらっ!

智勇を絞って歴代最大勢力にまでしたのにね・・まぁドンマイ!と思って合掌!


次は幕末まで続いた三春藩5万石、秋田家歴代のお墓参りに向かいます。


高乾院にて秋田家廟所に参拝〜に続く




writen by あも Love城!Go名所旧跡!


*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  
2017.02.26 Sunday 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 11:23 | - | - | - |