<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 静岡県〜今井浜温泉「桐のかほり咲楽」2 | main | 小浜城下にて畠山義継の首さらし場を探訪! >>

称念寺にて畠山義継のお墓参り

粟の巣古戦場から二本松城近くにある畠山主従の眠る称念寺にきました。
二本松城も久々に行きたかったけど、まだ色々予定があるので今回はスルーして。

混みっ混みの瞬間


お盆中だったのでお墓参りの方がたくさん。駐車場ギリ停められた。
畠山主従の墓所は左に進めばいいのだけどまず本堂を見ておきます。

わりとモダーン系だった瞬間


称念寺は文治元年(1185)法相宗の尊道和尚により開山された時宗のお寺で、
応永20年(1413)奥州探題として下向した畠山満泰が代々の菩提寺としました。

下調べが功を奏す瞬間


畠山主従の墓所は裏山?のようなところにあるので境内を出まして、
入口の門横から参道を登ります。調べてなかったら分からなかったな。

さらに安心の瞬間


綺麗な標柱もあり、よしよし!とニンマリしながら登って行きます。
ほぼ木陰で登りも緩やかなので、ワタクシでもハアハアせず歩けますw

あっという間の瞬間


ほどなく案内板が見えてきました。楽にお参り出来てホントに助かる!
一般の墓所と離れているので静かだし、人もいないのでネットリ見れるわ。

名門だった瞬間


そもそも畠山氏って元をたどるとワタクシの大好きな畠山重忠さんの死後、
その名跡を継いだものなんだそう。そう聞くとちょっと思い入れるじゃないかw

風格があった瞬間


案内板を読んで振り返るとすぐ目の前に立派な墓所が見えます。
日が当たってるせいか厳か感は少ないけど、なんだか妙に落ち着く。

勝手に偲ぶ瞬間


墓域の両側には義継に従って討死した23名の家臣の墓が並んでいました。

お礼に行っておきながら輝宗に刀を突きつけて拉致して逃げたって聞けば
一見、畠山義継が一方的に悪く、おまけに愚かな人にすら見えてしまうけど、
そもそも輝宗が義継を暗殺しようとしてるという噂を耳にしたから、
安全に逃げるためにやむを得ず、拉致に及んだって話もあるみたいだし・・

でも畠山側はその時いた主従もろとも討ち取られているから死人に口なし。
義継さんはもちろん、最期まで従った家臣もまぁ無念だろうなと思ったり。

合掌の瞬間


正面が12代義継まで畠山累代の墓碑。奥州探題畠山家墓と刻まれてます。
この後、義継の首がさらされた場所に行くから念入りにお参りしました。


銃殺された義継の首は怒り狂った政宗によりひどい感じで晒されました。
これから行く小浜城の近くにあるようなのでまずはそっち行ってみるよ。


小浜城下にて畠山義継の首さらし場を探訪〜に続く



Writen by あも Love城! Go!名所旧跡


*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  
2017.04.07 Friday 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 12:34 | - | - | - |