<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 恵林寺にて武田信玄のお墓参り | main | 大善寺にて武田勝頼主従を追慕! >>

武田ゆかりの雲峰寺を探訪!

恵林寺の後は、武田関連の史跡をグイグイ廻るよ〜ってことで雲峰寺へ。

恵林寺からだと行きたいところの多い甲府方面とは逆なんだけど、
今回を逃したらわざわざ目指すのは難しいと思って行ってみた次第。

雲峰寺には宝物殿があって武田関連のお宝が拝観できるのです!

覚悟を決めた瞬間


駐車場の前に坂で登れる道もあったけど、珍しく階段で行く気にw
とはいえ見上げてみると、なかなか上の方にあらっしゃる(*°∀°)=3

ハァハァしている瞬間


頑張って登ってきたけど、仁王門が見えてきたところで息切れ休憩。
杉の木立と苔の効果で体に良さそうな気があふれてて気持ちがいい!

膝がほほえみ出していた瞬間


仁王門に到着! 周りの雰囲気も相まって古刹の趣が感じられます。
正面からじゃ全然分からないけど、八脚門入母屋造りの茅葺です。

落ち着きまくりな佇まいだった瞬間


本殿は檜皮葺でどっしり重厚な佇まい。説明によると仁王門も本殿も
永禄元年(1558)頃の建立だといわれ、重要文化財なんですって!!

雲峰寺は天平17年(745)に名僧行基が開いたという臨済宗の古刹。

甲斐源氏による武運長久の祈願寺として深く崇敬されてきたお寺で、
武田信虎が印判状を与えたり、信玄が願文を納めたりもしたのだとか。

天正10年(1582)、武田勝頼が天目山の戦いに敗れて自刃した時には、
家臣が再興を期して武田家の宝物をひそかに運び込んだと言われていて、
その貴重なお宝が宝物殿に保管されてる⇒拝観可能!というわけなのです。

ロックオンの瞬間


本殿の右手には同じく重文指定されている庫裡と、そして宝物殿が!!
・・・ん? ちょと待って。宝物殿なんか開いてない感じじゃない??

すっ倒れそうになる瞬間


ちょっとー!! あの張り紙なにーー?? やめてーー!!

予感的中の瞬間



ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!


休館中って・・・休館中って・・・・・・(白目)
ちゃんとホームページに書いておいてください!!!

日の丸の御旗、孫子の旗、諏訪神号旗とかが見たくでわざわざ来たのにな・・

残念な思いしかなかった瞬間


駐車場前の緩い登り口がコレ。心折れてよろめきながら降りてきたわww


ワタクシが帰る時、登山ルックの熟年カップルがお寺の方へ登って行った。

雲峰寺はアクセスが悪くて車じゃないとかなり不便なところにあるから、
大菩薩峠とかへの登山途中に通りかかりで寄っただけだといいなと思った。
だって宝物殿を目指してここまで歩いて来てるとしたら気の毒すぎるもん。


・・まぁ今回は縁がなかったってことで、気を取り直して次行こ!!


さて。甲府の方へ向かう前に、通りがかりの勝沼へ立ち寄ります。
天目山の戦い前に武田勝頼一行が泊まった大善寺へお参りするのです。


大善寺にて武田勝頼主従を追慕!〜に続く



Writen by あも Love城! Go!名所旧跡


*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  



2017.06.30 Friday 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将ゆかりの寺社仏閣 | 

スポンサーサイト

2017.09.17 Sunday 21:07 | - | - | - |