<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 光禅寺にて最上義光のお墓参り | main | 専称寺にて駒姫のお墓参り >>

常念寺にて最上義康のお墓参り

光禅寺で最上義光のお墓参りをした後は、嫡男義康の眠る常念寺へ!

丸見えだった瞬間


前の通りから門を入ってすぐにお墓があるちょっぴり珍しいタイプ。
下調べで分かっていたので、ホントに何の心配もいらない気楽な巡礼です。

まっしぐらだった瞬間


右手の方が駐車できるスペースになっていたので目の前ですごい助かるw
こちらは浄土宗で本堂もモダーンでつまらないし、さっとお参りだけしましょう。

ピッカピカだった瞬間


このお墓というか供養塔は平成14年に義康四百年忌を期して建立されたのもの。
常念寺は義光が義康の菩提寺にしたお寺だけど、そういえば元の墓はどうしたんだろ?

終わりの始まりだった瞬間


義康は最上義光の嫡男。文武に優れた人で義光の助けになっていましたが、
関ヶ原後、跡継ぎ問題から互いの家臣の仲が悪くなると、父子の関係も悪化。

結果、次男で家康の小姓をしていた家規が跡継ぎに決まって義康は廃嫡され、
高野山で出家するよう命じられます。義康はわずかな共を連れて山形を出ますが、
途中で銃撃を受けて、全員討ち取られてしまいました・・・享年28歳。

義康を襲ったのは義光の家臣だったことから、義光の意図や指示だったんじゃ?
みたいな説もあるようだけど・・・さすがにそれはないでしょって思っちゃう。

思えば色々残念だった瞬間


義康の日記には「親子仲が悪いから和解したい」って書かれていたそうな。
義康の死を悲しんだ義光は寺領百石を寄進して、常念寺を菩提寺としました。
義康の死後、義光はだんだんと病がちになっていったと言われています。


にしても・・・筋目を曲げてまで跡継ぎにした家規は早く亡くなってしまい、
若くして跡を継いだ義俊も残念だったから結局、最上家57万石は取り潰し。
家康に忖度せず、義康を跡継ぎにしてたら幕府に睨まれてもマシだったんじゃ・・


気の毒だったらありゃしない義康さんの供養塔に念入りに合掌した後は、
義光さんもう1つの悲しみ・・娘の駒姫のお墓参りに向かいます。



専称寺にて駒姫のお墓参り〜に続く




Writen by あも Love城! Go!名所旧跡



*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  


2017.09.26 Tuesday 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 14:05 | - | - | - |