<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 常念寺にて最上義康のお墓参り | main | 山形城に再登城! >>

専称寺にて駒姫のお墓参り

常念寺で最上義康のお墓参りをした後は、妹駒姫のお墓を訪ねます。

顔がほころぶ瞬間


ナビに連れられてきたんだけど狭い道で不安になりかけたら着いた!
お寺さんが幼稚園をやってて看板がかわいいw 駐車場に入ります。

雰囲気を大事にする瞬間


お寺っぽい門だけどこちらは幼稚園側の入り口。右手の駐車場に車を停めて、
いったん通りに戻ってから、半周歩いて反対側のお寺の入り口に向かいます。

幼稚園ぽさがはみでてた瞬間


案内板だけじゃなく園児募集の看板も出てるけど、こちらがお寺の正面入り口。
入ったところにおじさんがいたので挨拶したら、どちらから?と声をかけられた。

早起きは三文の得だった瞬間


埼玉から駒姫のお参りに来ました〜言ったら、歩きながらお寺の説明してくれて。
元は高擶(天童市)にあったものを駒姫の菩提を弔うため義光公がこの地に移したそう。

しげしげと眺める瞬間


山門を入って左にある鐘楼と梵鐘は1606年に作られたもので県指定文化財。
秀吉が天下一の名工と呼んだ西村道仁って鋳物師が作った一品なのだとか。
奥の桜は義光が駒姫の墓参りに来る度に馬をつないだという「駒つなぎの桜」。

デカすぎだった瞬間


本堂は元禄16年(1703)に建てられたもので、これは山形市の指定文化財。
遠目で見てもデカイけど、近くで見るとなおのこと重厚感がハンパない!
傷んだ部分の修理の最中とかで、向こう一面はまるっと足場に覆われてました。

眠り猫とは違った瞬間


本堂の四隅にある「夜鳴き力士像」も左甚五郎作と言われて有名なんだって。
屋根が重いと泣く声が聞こえたという逸話があるそうな・・あのデカさだもんね。

親切すぎた瞬間


さて、駒姫のお墓参りに向かいます。本堂右手にある墓域入り口に案内が。
思っていたより奥の奥にあるので、所々に立ってる案内がとてもありがたい。

さみしい感じだった瞬間


案内をたどってワーワー込み合ったコンクリートの墓域を抜けると、
奥の奥にある木立に囲まれたスペースに駒姫のお墓だけポツーン・・・

落ち着かなかった瞬間


石柵に囲まれるとかでもなく広いスペースに墓石だけって寂しくない?
綺麗な生花が活けられ、きれいに掃き清められているのが救いだわ。

駒姫は最上義光の二女。東国一の美しさといわれる美貌の持ち主で、
その噂を聞きつけた関白・豊臣秀次に側室にしたいと望まれます。

義光は何度も断ったそうですが、時の権力者、豊臣秀吉の甥である秀次の
執拗な求めに抗いきれず、15歳になった駒姫をしぶしぶ上洛させました。

泣けちゃう瞬間


上洛した駒姫は最上屋敷に入るのですが、ほどなく秀次は謀反の疑いを受け、
秀吉の命により高野山で切腹させられ、妻子までも連座で処刑を命じられます。

義光は娘の助命嘆願に奔走。正式な側室になる前ということで家康を始め、
諸大名からも同情と嘆願が上がりますが、駒姫は処刑されてしまいました。

駒ちゃん、かわいそうに・・(泣)ジジイになった秀吉ホント嫌いだわ。

諸大名からの嘆願を無視できなくなった秀吉が駒姫の助命を命じたけど、
ギリ連絡が間に合わず処刑されたって説もあるけど、そんなの・・ねぇ。

控えめすぎた瞬間


立派な墓石の後ろにある小さな丸い石が、元々のお墓らしいよ・・・・

妻子や乳母も含めて女子供30数人も引きずりだされた中、正式な側室でもないのに
11番目に処刑されたという駒姫の最期は、従容としたものだったと伝わっています。

罪をきる 阿弥陀の剣にかかる身の なにか五つの 障りあるべき

駒姫の辞世の句。きるは「切る」と「着る」がかかってるんだよね。

駒姫の遺体は他と一緒に穴に放り込まれ、引き渡しも許されなかったというから、
秀吉の助命連絡が間に合わなくて処刑されちゃったなんて話は信じられない。

その後、娘の死を悲しんだ駒姫の母、大崎夫人も後を追うように亡くなると、
義光は専称寺を駒姫の菩提寺とし、母娘の肖像画を描かせて納めました。

それから5年後・・関ヶ原の合戦の時には東軍についた義光さん。
駒姫だけが理由じゃないだろうけど、まぁそりゃそうだよねっていう・・

大胆すぎる瞬間


戻る時に幼稚園側に廻ったら、なんと本堂にちびっ子用時計が(*°∀°)=3
元禄時代に建てられた市の文化財なのに!? かわいくて笑っちゃうけどw



さて。次は予定になかったけど少し時間が出来たし天気もいいから、
駒姫パパ、義光さんの雄姿を拝みに山形城に寄って行きます!


山形城に再登城!〜に続く



Writen by あも Love城! Go!名所旧跡


*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  



2017.10.02 Monday 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将ゆかりの寺社仏閣 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 15:50 | - | - | - |