<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 山形城に再登城! | main | 丸岡城に登城! >>

長谷堂合戦場跡に出陣!

最上さんのいる山形城から距離感をかみしめつつ、長谷堂合戦古戦場にやってきました。

実はワタクシこの頃、左膝を負傷して注射打ってるくらいの時で山登りはムリ!
長谷堂城跡には登れなくなったけど、古戦場の雰囲気は味わっておこうと来た次第。

行き届いていた瞬間


とりあえず長谷堂城跡公園に到着! 長谷堂城跡めぐりの拠点になってて
広い駐車場や綺麗なトイレも完備。ストックだって用意されています。

激痛を思い出す瞬間


公園の前が八幡崎口。長谷堂城跡の標高は229mでハイキングな距離。
ストック借りて少しだけ行ってみようかとも思ったけど旅先で無理厳禁w

あきらめが悪い瞬間


登った気分になろうと案内板をガン見。帯郭や土塁空堀が残ってるんだね。

長谷堂城の築年は定かではなく、記録に出てくるのが永正11年(1514)の頃で、
最上氏の支配下となって山形城の支城として機能します。文禄3年(1594)に
義光の重臣志村光安が城主になると、慶長出羽合戦の攻防が繰り広げられました。

心配りが素晴らしかった瞬間


パンフレットも置いてあります。散策マップとか見どころが詳しく載ってた!
大河ドラマ「天地人」のブーム後もきちんと整備が行き届いてるって素敵だね!

芸が細かい瞬間


長谷堂城の周りに巡らされていたという水堀も復元されて雰囲気が出ますw

慶長出羽合戦は関ヶ原に伴い、反徳川の上杉と徳川方の最上の間で起きた戦い。
家康を迎え撃つつもりだった上杉軍は家康が西上すると、最上領侵攻を開始。
慶長5年(1600)9月14日 直江兼続が2万の大軍を率いて長谷堂城に攻め込みます。

見かけによらない瞬間


こうしてみると小城だけど準備万端。かなりの堅城だったんですって。

城を守る智将志村光安と鮭延秀綱は2000の手勢で全力の攻防を繰り広げ、
15日後、関ヶ原での西軍敗走を知った直江軍が撤退するまで死守しました。

目と鼻の先だった瞬間


せっかくなんで直江兼続が本陣を置いたという澤泉寺(菅沢山)に来てみました。
山門らしきも見当たらず、本堂の他は墓地があるだけの小さなお寺のようです。

おばあちゃんになる瞬間


本堂の裏手の小山が本陣跡ということで、数十mならさすがに大丈夫でしょ・・
ということで、膝に負担がかからないよう超ゆっくり登って行きます。

残念すぎる瞬間


登った先には「天地人」の時に盛り上げたと思われるブツが放置されていました。
大河フィーバーの後ってこういうのが多くて残念。元のとおり片しましょうよ・・

過信は禁物かもだった瞬間


フィーバーの残骸に背を向け、長谷堂城の方を直江さんのつもりで眺めます。
・・・やっぱ小さっ! でも結果、2万で15日攻めても落とせてないんだもんね。
戦も得意で知恵も愛もある♪って自信満々の直江さんも簡単に考えてたのかも。

マップの準備が甘かった瞬間


城跡周辺一帯が長谷堂古戦場跡でちょっとした史跡が点在してるんだけど、
今回は最上三昧なのに最上家臣加藤清次の墓標「掃部の碑」は見つけられず。

直江方の武将上泉主水泰綱が討死した場所にある主水塚しか見あたらなかったw
長谷堂城から近くで最上軍の必死の抵抗を受けての壮絶な討死だったそうな。

腹が減っては戦は出来ぬ瞬間


この後、ランチに米沢牛ステーキ丼(コロッケもプラス)をがっついたら、
山を越えて初訪の地、庄内地方に移動します。またおいしいもの食べられるw


丸岡城に登城!〜に続く



Writen by あも Love城! Go!名所旧跡



*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  
2017.10.20 Friday 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 古戦場に出陣 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 17:16 | - | - | - |