<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 慈照寺にて諸角豊後守のお墓参り | main | 浅利与一のお墓参りと銅像拝見! >>

古長禅寺にて大井夫人のお墓参り

諸角さんの次は、信玄ママン大井夫人のお墓参りにやってきました!

静かな佇まいだった瞬間


勝手に大きいお寺と思い込んでたけど、静かな通りにひっそりとある感じで。
アピールも右の塀にただ「大井夫人墓所」って書いてあるだけの控えめさ。

古刹の風格だった瞬間


門をくぐるとこじんまりした品のある庭園があって、池に沿ってまわると本堂。
古長禅寺は正和5年(1316)に夢窓国師が創建した臨済宗のお寺です。

英才教育だった瞬間


本堂はモダンで味気ないけど、少しの間、しみじみと庭を眺めてみたりした。

このお寺は子供の頃の信玄が母の大井夫人に連れられて、岐秀禅師に学びに
来てたってこともあり、夫人のお墓参り以外にもどうしても来たかったところ。

濃ゆい 晴信少年(信玄)もお勉強の合間に夢想国師の庭を眺めたかな。

岐秀禅師は尾張の瑞泉寺から、大井夫人がわざわざ招いたほどの人。
学問や兵法を教わった信玄は39歳で出家した時も岐秀を導師としています。
信玄にとってはすごい影響を受けた偉大な師。ママン大井夫人やるぅ!!

即ロックオンだった瞬間


さて大井夫人のお墓へ・・・案内とかは出てないけど今回はすぐ気づいたw
キョロった瞬間、すき間からそれらしきのが見えたからね。本堂右進みます!

前のめる瞬間


くぐるとすぐ目の前。大井夫人のお寺について書かれた説明板も建っています。

大井夫人は明応6年(1497)、甲斐西郡の国人大井信達の長女として生まれ、
永正12年(1515)、政略結婚によって国主武田信虎の元に嫁ぎました。
晴信信繁信廉の生母となり、躑躅ヶ崎館の北曲輪に暮らしていましたが、
天文21年(1552)5月7日、55歳で亡くなると、岐秀禅師によって葬られました。

母子の情愛を感じる瞬間


大井夫人は信玄に追放されて駿河に退隠する夫の信虎にはついていかず、
剃髪して躑躅ヶ崎館に暮らしたんだって。間違いなく息子を取ったかとw

賢母に合掌の瞬間


信玄は後に、夫人が深く帰依した岐秀禅師を開山として甲府に長禅寺を建立。
母の菩提寺としたため、こちらは以降、古長禅寺と改称されたのだとか。

息子にいい教育を受けさせるため甲府から連れて通って(ここ南アルプス市)、
生涯、息子のそばに寄り添ったママンよ。信玄もママン思いな印象あるものね。

母は偉大だった瞬間


大井夫人の辞世の句も刻まれていました。

"春は花 秋はもみじの色いろも 日かずつもりてちらばそのまま"

信玄の弟、逍遥軒(信廉)も「武田信虎夫人像」と母を描いた絵をを残しているし、
息子たちを思う慈愛に満ちた優しく賢いお母さんだったでしょうね。

やじうま根性だった瞬間


こちらは古長禅寺の前にある国指定天然記念物のビャクシン。樹齢700年(*°∀°)=3
開山当時、夢想国師が手植えしたとか・・すごいなって思ってとりあえず見といたw



さて次は甲府市内に戻る通りがかりに、浅利与一の墓と銅像を見に行きます。


浅利与一のお墓参りと銅像拝見!〜に続く




*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  
2018.01.19 Friday 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将ゆかりの寺社仏閣 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 16:30 | - | - | - |